生物を単為生殖する姿へ変えるバクテリアがいる

 

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。もともと知ってたヅラもしないでください。

ネットサーフィンしていて面白い記事を見つけましたのでご紹介。

南京での調査で単為生殖するアメザリが4つ見つかったというものです。

しかし、これは昆虫に多くみられるボルバキア (Wolbachia pipientis) によるものとのことです。

ボルバキア (Wolbachia pipientis)
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%90%E3%82%AD%E3%82%A2

このボルバキアというバクテリアは大変恐ろしく、かれらの都合のよいように、昆虫含む節足動物の遺伝子を変化させてしまい、単為生殖する姿へ変えてしまいます。

その前段階として感染した雄だけを殺して卵を産む雌は生き残るパターンと、感染した雄を性転換させてしまい外見上雌化することで繁殖能力を奪うパターン。そして雌だけで子孫を残す単為生殖をするようになる。

サービス終了のお知らせ

記事の内容はさておきミスクレがなぜ単為生殖することとなったのかはずっと謎だったと思うのですが、どう考えてもこのバクテリアのせいでは、、、?

でもだとすると、ミスクレの卵子はこのバクテリアに感染しているはずなので調べればすぐに分かるはず。それでもいまだに謎になっているということは、さすがにミスクレを専門に研究している大学教授がいるくらいなのでこのバクテリアのせいではないんでしょうね。