ザリガニは多頭飼育できる

 

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。もともと知ってたヅラもしないでください。

ザリガニは一般的に単独飼育が原則と言われています。ただし例外がバスキューザラマシーで、この2種に関しては非常に温厚なので一般的に混泳できるとされています。

しかし、その他いろいろなザリガニを飼育してみた実感として、この2種以外のザリガニでも基本的に多頭飼育できます。ただし多頭飼育にはコツがあります。したがって多頭飼育できると書いてあったから多頭飼育させたら共食いした、どうしてくれるのか!というクレームはおやめください。あくまで上手に飼育した場合にはできるという話になります。それでもたまに失敗してハサミが欠けてしまったりなんてことはよくあります。

多頭飼育に向いているザリガニの種類

基本的に中型のザリガニは多頭飼育できると思います。上で挙げたバスキューザラマシー以外で中型のザリガニにはいろいろありますがキュベンシスミスクレエノプロあたりは多頭飼育できると思います。その他の中型ザリガニは飼育したことがないため不明ですがおそらく大丈夫だと思います。当方はアメリカザリガニも多頭飼育しています。

img_3163

上の写真はキュベンシスです。キュベンシスは荒いとされていますが当方では多頭飼育で何度も繁殖までさせています。