メタルラックを使うと限られたスペースでたくさんの水槽を置ける

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

ザリガニにはいろんな種類があります。さらにアメリカザリガニだけをとってもカラーバリエーションがかなり豊富です。したがっていろんなザリガニ、いろんな色のザリガニををコレクションしたくなるのが人の性というものでザリガニコレクションは結構中毒性が高いと思います。

そしてさらにザリガニの繁殖にはまりだすと稚ザリの育成水槽も必要になりその中から選別した良個体の育成水槽も必要になりと、こうなると水槽2個や3個では全くお話にならなくなります。結果として置き場所が許す限りどんどん水槽が増えてしまうことになります。

ちなみに2016年12月現在、当方は水槽を50個超管理しています。

メタルラックがおすすめ!

限られたスペースでたくさん水槽を設置するにはメタルラックが最強だと思います。しかしメタルラックに水槽を設置することには耐荷重量等不安もあると思います。

しかし次の点を守ればメタルラックを使って水槽を複数設置することが可能です。

  • 耐荷重量を守る(多少のオーバーは問題ない)
  • 棚板に板を敷いたほうがよい(水槽の床面を保護すると同時に摩擦による地震対策)
  • 木造住宅等の場合にはメタルラックを設置する部分にコンパネを敷いて重量を分散する
  • 枠なし水槽は構造が弱いため置かないほうが無難
  • 60センチ水槽はもしものことを考えるとおかないほうが無難

 おすすめのメタルラック

ちなみに当方が使用しているメタルラックは ドウシシヤのメタルラック EC25-90185 です。

ドウシシャはメタルラックのNo.1ブランドで、最新モデルはルミナスとして展開してます。一概にめメタルラックとは言っても防錆効果のあるもの、耐荷重量がかなりある業務用のものなろいろんなバージョンがあります。

それに対して当方が使用しているEC25-90185旧型となります。したがって値段的にかなりお値打ちです。ホームセンターだと1台3000円台で売ってると思います。

しかも水槽をかなり並べていますが耐荷重量的には全く問題ありません。

40センチ水槽を12個以上置ける

EC25-90185 には棚板一枚につき40センチ水槽4個置けます。それを3段縦に並べることができるため1台のメタルラックにつき12個の40センチ水槽を設置可能です。

耐荷重量は棚板一枚につき80キロ

EC25-90185 の棚板ごとの耐荷重量は80キロあります。それに対して40センチ水槽は水20リットル入るため水槽1個の重量は20キロとなりそれを4個並べるため棚板にかかる重量は80キロとなります。

40センチ水槽は20リットルのため水を入れた状態の水槽4個の重量は80キロとなりますが EC25-90185耐荷重量は棚板一枚につき80キロあります。したがって通常水槽に水を満タンには入れないことを考えると棚板一枚に4個の水槽を安全に置くことができます。

また棚板は5枚(5段)ありますが、水槽の高さ的に現実的に使える棚板は3枚ないし4枚だと思います。3枚しか使わない場合でもそれぞれに4個づつこの40センチ水槽が置けますので合計12個の水槽を置くことができます。

ちなみに、こちらの45センチ水槽の場合にはぴったり3個、こちらの30センチ水槽の場合にはぴったり5個置くことができます。オール30センチ水槽の場合には水槽の高さを考慮しても現実的に4枚の棚板を使用することができるため最大20個の水槽を置くことができます。このように ドウシシヤのメタルラック EC25-90185 は水槽設置用としてデザインされたのではないかと思うほどアクアリウムと相性が良いです。

スポンサーリンク