ブラックメスをペアリング

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。あと「ネットストーカーラマシーザリガニ」さんはいい歳したおじいちゃんなんですからネットストーキングを辞めてください!(参考ページ

真っ黒なアメリカザリガニはほとんど出回っていませんが、アメリカザリガニは黒の色素を持っています。黒の色素が欠乏しているのがオレンジザリガニ。したがって真っ黒なアメリカザリガニも理論的には存在していてもおかしくないです。

大型魚の餌として売られているアメリカザリガニの中にはたまに色が黒い個体もいたりします。数ヶ月前にそんな色が黒いブラック個体を発見したため購入して飼育しています。同様に入手した色の黒いオスもいます。

このブラックメスがやっと繁殖可能サイズまで成長しセメ腺が出てきたためサンセットオスをかけてみました。

F1は全て色が黒めのノーマル表現かスノースパインになるはずですが、F2以降はこのペアの特徴がうまく混ざりあった稚ザリがとれるはずです。汚くなるか奇抜な表現になるかは分かりません。F1もスノースパインはちょっと変った感じになるかもしれません。

大失敗になるか大成功になるかどっちかだと思いますが、普通ばかりではつまらないのでちょっと冒険してみました。

img_4107

ブラックオスもいるのでブラックオスをかけてブラックペアで稚ザリをとったほうがハズレはなかったかもしれません。その場合両親から黒を引き継ぐため稚ザリはより黒みが強く育つはずです。こちらのほうが面白かったかもしれませんね。次回はこちらにします。