失敗から得た知識が重要

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

ここには書いていませんが、ザリガニの飼育は結構失敗が多いです。泣きたくなるような失敗を何度もしましたし、いまだにちょくちょく失敗することがあります。

ザリガニの飼育はバケツに水張ってザリガニ入れて餌与えればOKレベルに基本的に超簡単ですが、省スペースでたくさんキープしだしたり、繁殖に挑戦したりといろいろと突き詰めていくと結構大変です。

ザリガニを青くするコツはありますか?」とか、「飼育のコツはなんですか?」とかヤフオク出品を通じていろいろな質問を受けることがありますが、ある程度はお答えできますが自分自身まだまだ試行錯誤しながらやっているに過ぎないのでそのものズバリの回答をすることができず、またいろいろ考えてしまって回答に困ることがよくあります。

それは、失敗をすることで見えてくる世界があると思うからです。誰かから答えを簡単に教えてもらってもそれが固定概念になってしまって結局遠回りになることもあると思います。したがって本気でやりたいならまずは失敗を恐れずいろいろ試行錯誤してみるのがおすすめです。

ここ最近北朝鮮が何回もミサイル発射をしては失敗をしていますが、失敗したことにより得られるデータというものがかなりあるようです。だいたい「○回失敗するとどの国でも核兵器が完成する」と言われているようです。

ザリガニ飼育に限らず自然科学の世界はどの世界も同じなんだなと思いました。

スポンサーリンク