ブラックザリガニの作出(2系統の比較)

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。あと「ネットストーカーラマシーザリガニ」さんはいい歳したおじいちゃんなんですからネットストーキングを辞めてください!(参考ページ

最近ブラック系ザリガニが人気みたいですね!ちょうどいい機会があったので飼育しているブラック系ザリガニを撮ってみました。両方♂で異なる系統です。♀もいますが別の機会に。ちなみにブラックキング(シザー)ではありません。

IMG_7100

パット見同じですがよく見ると違います。右が元餌ザリで左がワイルド色変です。↓の写真のほうが見やすいと思います。

IMG_7096

あくまで見た感じですが、上の元餌ザリは多分ただのノーマルザリガニだと思います。ただし若干色が黒くなる遺伝を持っているように思います。

それに対してワイルド色変の黒はボディの突起が黒であることからノーマル表現とは明らかに違っておりおそらくフェイドだと思います。こちらのワイルド色変のほうは黒くなる遺伝子ではなく青くなる遺伝子でその青が濃くなりすぎて黒くなっているだけだと思われます。

ブラックザリガニの作出

上記を踏まえ、将来ブラック系のザリガニをブリードしたいのであればどちらの系統で累代していくべきだと思いますか?みなさんどう思いますか?おそらくワイルド色変を使ってブリードしたい方が大半だと思いますが。

当方は元餌ザリのノーマルザリガニのほうを使ったほうが面白い気がします。同じような系統の黒系のメスと掛け合わせると産まれてくる稚ザリは大半がノーマル表現になると思いますがその中から黒い個体を選別して数代累代していくとかなり黒い個体が作れるのではないかと思います。

それに対してワイルド色変のほうを使ってブリードするとF1から面白い稚ザリがとれると思いますがこちらのほうはおそらく黒い遺伝子は持っていないため同じようなメスを掛け合わせて累代していっても黒い個体は作れないと思います。