フェイドについての検証

 

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。もともと知ってたヅラもしないでください。

現在何種類か稚ザリをヤフオク出品しています。

  1. 北代ゴースト♂ × ジャパンゴースト♀
  2. ハイグレードタイゴースト♂ × WF1スノースパイン♀
  3. ハイグレードタイゴースト♂ × 愛知県産WILD♀

それぞれ稚ザリが育って特徴が出てきましたので簡単にご報告しておきます。写真を撮影したほうがよかったですが1.と2.につきましてはそろそろ販売終了となるため文章のみとします。

ちなみに1.と2.は10匹1000円というかなりの激安で出品しています。在庫が多すぎて早く捌かないとパンクするため格安出品していますがそれぞれ血統はかなり良いのでおすすめです。

1.の稚ザリ

本題に戻ります。まず、1.については予想どおりほぼ100%ゴーストになっており特筆すべきことはないです。ちなみにゴースト×ゴーストでも純度が低いと(産地が違った場合も同様)100%ゴーストにはならないのでこのペアの純度は高いといえます。

2.の稚ザリ

2.はちょっと面白い結果になっています。稚ザリは大半がゴースト(フェイド)表現になっています。予想ではもうちょっと多めにスノースパインが出るかなと思っていました。ちなみに、ゴースト×純粋なスノースパインのかけ合わせですと本来であれば稚ザリは1匹もゴーストにはならず大半がスノースパインになるはずです。しかし実際はゴーストが大半になっています。したがってここから次のことが分かります。

WF1スノースパイン♀(↓の写真)はフェイドの遺伝子を持っている。

見た目でフェイド系スノースパインであることは既に分かっていましたが今回の検証で下のような個体はフェイド+スノースパインのコンボであると結論づけられました。

3.の稚ザリ

最後に3.はさらに面白いことになっています。稚ザリは大半がゴースト(フェイド)表現になっています。したがってここから次のことが分かります。

WILD色変♀(↓の写真)はWILDブルーではなくWILDフェイドである。

理由はゴースト×青ザリの組み合わせだと100%ゴーストヘテロになりゴースト表現は産まれないためです。

ホワイト系ミスクレ

ホワイト系ミスクレも出品していましたが全て完売しました。10匹ほど種親として残しておきたかったですが最終的には最初にキープしておいた1匹しか残らなかったのは少し残念でした。最後の発送分は数が足らない可能性があってかなり冷や冷やしました。3匹500円、送料込で664円だったのでかなり激安だと思います。ショップではまず流通しないでしょうし流通したとしてもこの価格ではありえないと思います。

ご報告

シザーの記事の続報を待っている方がいるかと思いますが諸事情ありなかなかやる気が出なかったのと、知人(当方よりザリガニに詳しい方)に現在内容をチェックしていただいている最中ですので公開はその後になります。

ちなみに前回と前々回の記事も共にその詳しい方にチェックしていただいています。したがって当方の独りよがりの文章ではないということで、、、

『フェイドについての検証』へのコメント

  1. 名前:素人ザリガニキーパー 投稿日:2017/12/06(水) 15:48:43 ID:3c79ad1c6 返信

    ゴーストというのはどういう個体のことをゴーストというのですか?
    白色の個体のことをゴーストと呼ぶのだと思っていたのですが、タイゴーストを見ているとそうでない個体もタイゴーストとなっているので、、、

    • 名前:bredinjptyo 投稿日:2017/12/06(水) 16:30:06 ID:1500ca3f7 返信

      白色の個体とそうではない個体とは具体的にどんな個体のことをおっしゃってますか?写真のURLをお願い致します。

  2. 名前:素人ザリガニキーパー 投稿日:2017/12/06(水) 17:02:00 ID:3c79ad1c6 返信

    例えば
    https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h293925599

    https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d259824696

    このような個体もタイゴーストとして出ているので、ゴーストの定義がわかなくて、、、

    • 名前:bredinjptyo 投稿日:2017/12/06(水) 21:04:01 ID:1500ca3f7 返信

      一枚目はゴーストではないですが二枚目はゴーストで問題ないと思います。
      一枚目は出品時に間違えたかタイから輸入しているという意味じゃないでしょうか?
      二枚目は変な色合いですが白化もみられますしゴーストだと思います。

      ゴーストの定義にこだわりのある方に言わせれば◯◯が混ざってるものは「純粋なゴースト」ではない云々あるのかもしれませんが、そもそもゴーストは白ヒゲとフェイドなどの掛け合わせにより誕生していますのでそもそも純粋ではないことから「純粋なゴースト」ではない云々は個人的にちょっと的外れだと思います。

  3. 名前:trex 投稿日:2017/12/07(木) 16:43:22 ID:cb2e8bf33 返信

    いつも勉強させて頂いています。

    ザリガニの遺伝で、光修復酵素の現象はあると思いますか?

    体色やパールアイ等いろいろな突然変異がありますが…

    日々研究しています〜☆

    • 名前:bredinjptyo 投稿日:2017/12/07(木) 16:59:54 ID:69c1d4133 返信

      光修復酵素についてはよくわかりません。

      キメラ(ハーフカラー、パールアイ等)についてはちょうど注目していろいろ調べているところでした。戻し交配でF4へ累代して血が濃くなった以降とゴーストなどと交雑した時点でキメラの発生率がかなり高くなっているように思います。

      trexさん遺伝に詳しそうですが、シザーに遺伝子異常が発生していると仮定した場合に原因としてなにが考えられると思いますか?

      • 名前:trex 投稿日:2017/12/07(木) 20:12:00 ID:7804991f0 返信

        キメラ個体、ゴーストもすべてモザイク遺伝だと考えています。実際のキメラ個体は、存在しないと思いますので ハーフカラーは、性的モザイクみたいな現象だと思います。

        シザーは、ハイブリッドからの要因と考えています。

        • 名前:bredinjptyo 投稿日:2017/12/07(木) 21:09:41 ID:69c1d4133 返信

          大変勉強になりました!たしかにキメラではなくモザイクですね。ゴーストなどの遺伝的変異がコンボしているものもモザイクですね。

          やはりクラーキーとクラーキー以外の別の何かとのハイブリッドと考えるのが自然ですよね。