【完結編】シザーの固定率は低い

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。あと「ネットストーカーラマシーザリガニ」さんはいい歳したおじいちゃんなんですからネットストーキングを辞めてください!(参考ページ

あれからシザーについていろいろ調べました。おそらくこれが結論だというところまで到達できたと思っています。しかし文章がかなり長くなりすごてしまいましたので記事を5つに分割することにしました。全5回となります。既に記事は完成していますので一日1個づつ公開していく予定です。

  1. 【完結編】シザーの固定率は低い ←今回の記事
  2. 【完結編】純血シザーの交配でいろんな色の子供が産まれる
  3. 【完結編】シザーは環境に左右されず黒化する
  4. 【完結編】メイキングさんのシザーの発色が悪かった理由
  5. 【完結編】シザーは交雑種で遺伝子異常が発生している

メイキングさんから購入した純血シザーの子供です↑

前回のボツ記事の決定的に間違っている点

まず最初に、前回のボツ記事には決定的に間違っている点があると補足しておきましたがその間違っている点の説明から行います。前回の記事に書いた内容は下のとおりですが、元親それぞれが近親交配でかなり血が濃くなっているところまではあり得る話ですが、その元親はそれぞれ別産地です。したがって別産地の元親を掛け合わせた時点でアウトブリーディングになっておりシザーF1の近親交配は解消されます。したがって近親交配が進んでいるため繁殖成功率が低いというのは間違いです。

次に考えられるのはシザーの元親が近親交配によりかなり血が濃くなってしまっている可能性です。シザーの元親は屋外採取されていますので普通に考えますと採取された時点で近親交配で血が濃くなってしまっている可能性はありえないと思います。しかし生息していた環境が人口の池などのようなかなり限定された環境でなおかつ自然界の偶然の産物により何代にも渡って近親交配が行われかなり血が濃くなっていることはかなり低い確率ですがありえなくはない話だと思います。その場合にも近交劣勢により繁殖の成功率はかなり低下するはずですので繁殖が難しい理由の説明がつきます。

間違ってしまった理由

このように方向性を間違えてしまったのには理由があります。それは、clawさんから伺った「シザーの固定率は高い」という話を前提に仮説を立てたからです。しかしそれでは矛盾が生じました。つまりclawさんが言っていたシザーの固定率は高いというのは間違いです。その後いろいろ調べていく過程で実際に純血シザー同士を掛けあわせて繁殖に成功した方から話を伺っていますのでこれは間違いないです。この話は後述していきます。

そもそも固定率とは

一連の記事の中で何回も固定率という言葉を使っています。しかし固定率とはそもそもいったい何の固定を指しているのか曖昧になっていましたのでまずそれを先に説明しておきます。

まず、シザーの固定率について最初に考えたきっかけはメイキングさんから伺った話がきっかけです。

このメイキングさんが言う意味での固定とは、騒動になった経緯と文章の内容からシザーからジェットブラックウルティマブルーなどのクオリティが高い個体が産まれる意味での固定だと思います。当方もこの意味で固定という言葉を使用しています。

品種の固定なんてありえない

品種の完全な固定なんてありえない、という意見の方もいると思います。当然当方もそう考えています。そもそも別産地のWILDザリガニを交配してそこから1回や2回累代した程度で品種が固定できているとはとうてい思えません。しかし、シザー関係者がシザーの品質は固定できているという前提でメイキングさんが出品した色薄個体をヘテロなどと叩いていたことに矛盾を感じいろいろ調べそして記事に書いています。

『【完結編】シザーの固定率は低い』へのコメント

  1. 名前:trex 投稿日:2017/12/14(木) 13:18:01 ID:2cd1d1ca3 返信

    固定率の定義も難しいですね。

    爪の形や色のグラデーション、体型

    現在流通している固定種でもばらつきがあります…

    clawさんのシザーは、最上級の仕上がりで美しいですね。

  2. 名前:bredinjptyo 投稿日:2017/12/15(金) 16:54:17 ID:18919dae0 返信

    そうなんですよね。一般的には安定して形質が遺伝されることを意味すると思いますが、固定と言うとほぼ100%同じように育つという意味なのかなと捉えられがちでそれはクローンですし、さらにザリガニに関してはクローンであっても飼育環境で発育具合や発色が大きく変わってしまうと思いますし、深く考えるとなかなか難しいですよね。累代で固定率を高める作業などは見極めが相当大変なんだろうなぁと思います。

  3. 名前:シザー偽物疑惑の真相 | ザリガニブログ 投稿日:2018/02/03(土) 13:15:37 ID:6321e3613 返信

    […] シザーの固定率に関してはこちらの記事で書きましたがかなり低いです。産地の異なるWILD採取個体を数回累代しただけですので固定率が低いのは当たり前です。しかしシザーは現状あたかも固定品種であるかのようにclawさんが偽って販売していますのでそれを鵜呑みにしてしまってこの固定率が低いという事実を理解できていない方がかなり多いようです。 […]