【完結編】純血シザーの交配でいろんな色の子供が産まれる

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

シザーについての考察の完結編です。全5回のシリーズになります。今回はその2です。

  1. 【完結編】シザーの固定率は低い
  2. 【完結編】純血シザーの交配でいろんな色の子供が産まれる ←今回の記事
  3. 【完結編】シザーは環境に左右されず黒化する
  4. 【完結編】メイキングさんのシザーの発色が悪かった理由
  5. 【完結編】シザーは交雑種で遺伝子異常が発生している

事実その1 純血シザーの交配でいろんな色の子供が産まれる

実際に純血シザー(純血シザーと呼ばれているものという意味です。以下同)を購入した方から伺った話です。新たに二つの事実が分かりました。どちらもシザー関係者ではない中立の方の意見ですのでかなり信憑性が高いです。今までこういった方の発言が公になったことはなかったと思うためかなり貴重な情報だと思います。今回紹介するのはそのうちの一つです。

まず、今回の情報を教えていただいた方の名前はえび船長さんです。かなり有名な方ですのでご存知の方も多いはずです。当方はアクアリウムを初めた当初、えび船長さんにかなり憬れていました。お名前を出すことに同意していただけましたためお名前を出させていただいていますが、同意いただけたということはつまり、デマではないということです。

ちなみに繁殖に成功したのはえび船長さんのお知り合いの方です。下がえび船長さんとのメールのやりとりの一部です。モザイク部分は当方の名前です。

直系シザーであっても同一ラインでの交配別ラインでの交配かによってまた話は違う可能性が考えられるのと、サンプル数としてはまだまだ少ないためこのえび船長さんから教えていただいた情報が100%真実ではないと思いますがかなり信憑性は高いと思います。といいますか、これが真実だと思っています。別産地のWILD個体を掛け合わせて2、3回累代した程度で品種が固定されるなんてそもそもありえません。ちなみに今回の稚ザリはF4の子供だそうです。

黒、青、茶、半透明の4種類が産まれる

あとぐぐったら面白い情報がでてきました。2ちゃんねるです。デマが多いですがこの情報については信憑性が高そうです。

えび船長さんのお話と共通しています。黒、青、茶、半透明の4種類が産まれるというのはメンデルの法則を考えた上で非常に面白いです。おそらく意味があるはずです。

気になる点は自分で調べるべき

今回、当方はシザーについていろいろ調べています。繰り返しになりますがそれは引っかかる点があったためです。

みなさんもシザーに関わらずなにか気になる点があった時は自分でどんどん調べて実際に検証してみるべきです。一般的に言われてることやネットに書かれている情報には間違いが多いです。少なくともザリガニの飼育に関して言えば飼育環境は人それぞれであるため一般的に言われていることは全くあてにならないと思うくらいでよいと思います。

一般的に言われてることやネットの情報に惑わされず、気になった点はどんどん自分で調べていく姿勢はとても大切だと思います。こういう方でないとレアなザリガニの繁殖には成功しないとおもいます。ザリガニ飼育歴2年にも満たない当方がいうべきことではないと思いますが、、、

今回のシザーについての記事に関連してですが、「公平に◯◯についても調べるべきだ」とメッセージ等される方がいますが、気になるのであれば自分で調べれば良いのです。当方はその必要性がないと思うため記事にしていないのです。

スポンサーリンク

『【完結編】純血シザーの交配でいろんな色の子供が産まれる』へのコメント

  1. 名前:素人ザリガニキーパー 投稿日:2017/12/11(月) 18:49:01 ID:a681108ad 返信

    この最後の記事は私に言っているのか???直接言えばいいのにこのようなところで公で言いますかね。。。。

  2. 名前:bredinjptyo 投稿日:2017/12/12(火) 00:08:57 ID:87342f08e 返信

    素人ザリガニキーパーさんだけに言っているわけではないです。すごく大事なことなことだったのでいい機会だったので記事に書いただけです。言いたいことはそこじゃないです。

  3. 名前:素人ザリガニキーパー 投稿日:2017/12/12(火) 15:08:15 ID:8e3e35b49 返信

    私もザリガニ歴は短いですが、海水魚の飼育は5年以上しており、アクア歴はそれほど短くはないので飼育経験が飼育の技術に何よりも大切であることはわかっており、記事にしていないだけでザリガニに関しても様々な情報を集め、それを持って飼育し、そこからそれが本当かどうかということをしております。私だけにということではないということですが、以下の文章は前回の私のコメントを引用したものだと私は解釈しました。

    ———————————————————————————–

    今回のシザーについての記事に関連してですが、「公平に◯◯についても調べるべきだ」とメッセージ等される方がいますが、気になるのであれば自分で調べれば良いのです。当方はその必要性がないと思うため記事にしていないのです。

    ————————————————————————————

    私も当方とけんかをしたいわけではなく、単純に事実が知りたいと思っているだけです。

    ですので、今まで2回メイキングさんがClawさんからシザーを買った履歴などを見せてもらったのかという質問をしたはずです。それは2回ともスルーされているのは単に事実が知りたかったからという理由には取れないと感じました。またツイッターでもClawさんはメイキングさんとの取引はないと明言されております。

    貴殿もClawさんとやり取りし、「良い方です。」と書かれておられるではありませんか。

    そこをはっきりすれば事実はわかるのではないのでしょうか??

    ただ、貴殿のブログはかなり参考なりこれらの記事を否定しているのではないということはおわかりください。

    • 名前:bredinjptyo 投稿日:2017/12/13(水) 01:40:15 ID:2acacf356 返信

      もともと海水メインの方だったんですね。経験年数も長く大変失礼いたしました。

      メイキングさんがシザーを入手された経緯は人づてに聞いているため一応は把握しています。しかし裏をとっていないので記事にはしていません。そこにこだわる理由がよく理解できないので今後も記事にすることはございません。

      シザーに関しては自分で納得できるところまで調べ尽くして記事も完成していますので新たに記事を書くことはなくこれからは検証作業になると思います。

      ここが気になるようでしたらメイキングさんと取引をされて直接質問されるのがよいと思います。

  4. 名前:trex 投稿日:2017/12/14(木) 16:51:00 ID:ac20c5d9b 返信

    人気の品種は、流通量もだんだん増えて…

    飼育やブリードしてみようと思う人は、私もそうですが
    初期導入の個体には神経質になりますね。

    その探究心がザリガニのクオリティUPになるんですね。

    • 名前:bredinjptyo 投稿日:2017/12/15(金) 17:26:06 ID:18919dae0 返信

      単純に自分でしっかり調べない方はだめだと思います。ちょっと前から結構話題になってますが、素人がろくに調べもせずイベントでかなり飼育が難しいとされているヘビを購入して一晩で落としてしまいそれをショップが悪いととれるような発言をしたため大炎上したりしてます。かわいいとかきれいとかレア種を飼育して目立ちたいとかそういう理由で生きものを飼うのはあまりいいことだとは思いませんね、、、

      最初のとっかかりはみんなそういうもんだとは思いますが自分でいろいろ調べたりする探究心は絶対必要だと思います。特に生きものは言葉を喋れないので