タイゴーストとスーパーレッドの交配

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

いつもの備忘記録です。

タイゴーストスーパーレッド系♀ × ホワイトクリア♂

こちらのタイゴーストメスは以前出品していたスーパーレッド系タイゴースト稚ザリの母親です。スーパーレッド系のわりに色合いがあまり濃くないのは水草を一切与えていないためです。グレードはちょうどよいと思います。ゴーストのグレードは単純に累代により上がっていきますがそれに連れてどうしても血が濃くなってしまいます。血が濃くなると大きく成長しない、繁殖成功率の低下、繁殖数の低下等の弊害が出てきてしまいます。それに対してこのメスはかなり大きなサイズで前回400くらい稚ザリを産んでくれましたので近親交配の問題がなく、元気な稚ザリを産んでくれます。したがって繁殖用としてかなり優良なメスだと思います。本来であれば同じスーパーレッド系オスとかけたいところでしたがスーパーレッド系オスの手持ちがなかったのでホワイト系クリアのオスを選んでみました。

このオスの見た目は一見白ザリのようですがクリアとなります。ゴーストと白ザリをクロスするとF1は茶系となりますがこのオスは白ザリではなくホワイト系クリアなのでF1はいろんな色がカラフルに産まれてきます。個人的にカラフルに稚ザリが産まれるのは好きなんですがあまり需要はないようですね。しっかりとしたスーパーレッド系のオスを入手するべきたったと後悔してます。

スーパーレッド♀ × スーパーレッド♂

スーパーレッドペアです。このオスはかなり濃い赤をしています。有名なベテランブリーダーさんから購入させていただいた個体になります。その方が自宅の屋外の池で飼育した個体で水草もふんだんに食べて育っているはずでかなり濃い赤をしています。反面、メスは当方が繁殖させた個体で屋内飼育、水草を一切与えず育てた個体です。赤の発色はいまいちですが遺伝的要因だけでここまで赤くなっている個体ですのでそこまで悪くはないと思います。ただし兄弟の中には同じように飼育していてもかなり赤く育っている個体がいますので発色に関してはやはりそれほど良くはない個体だと思います。

なお、本当に選別累代で濃い赤の個体を作りたい場合には、オスメス両方とも遺伝的要因の赤の濃さを見極める必要があるため水草を一切与えず飼育してその中で一番濃く育った個体をペアにして繁殖させるべきでこだわって繁殖する方はそのようにされるはずです。当方はそこまでこだわりがないため単純に綺麗なオスを入手して交配に用いています。

スポンサーリンク