2017年のザリガニ界『混沌』

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

いろいろな方が言ってたと思いますが、2017年のザリガニ界は混沌としてましたね。真っ黒だったと思います。でも個人的にはいろいろ考察できたり自分が書いた記事をたくさんの方に読んでいただけたりとかなり面白かったです。来年はちょっと忙しくなるのでザリガニ飼育は縮小しますがblogはこれからも続けていきたいと思います。

タイゴーストとシザーというブランド

タイゴーストというブランドが日本に登場したのは正確には2016年ですが、これをきっかけに2017年にザリガニ飼育者がかなり増えたのはすごくよかったですね!「ザリガニ飼育が趣味」と公に発現できるようになったのは多くのザリガニキーパーにとって朗報だったと思います。

あとはシザー(BLACK KING)というザリガニキーパーの長年の夢だった黒い?ザリガニが登場したのもいろいろと面白かったですね!ただどうしてもお金が絡むため黒い噂が絶えなかったのは残念でしたしもう少し違う感じで登場して欲しかったですね。(下の写真はclawさんからお譲りいただいたシザーです。)

シザー

しかしシザー(以下BLACK KINGを含む)ですが、今後どうなるんでしょうね。2018年で一気に人気が下がるか評価が上がるかどちらかだと思います。

メイキングさんはかなり叩かれましたが、現在ヤフオクでシザーを出品されている方もやってることはメイキングさんとほぼ同じなんですよね。グレードはかなり低いはずです。

出品すれば金になるんですから稚ザリ全部シザーとして出品しないわけがないです。なんだったらいい個体だけはキープしてそれ以外の個体をヤフオクで放出しているはずだと当方は思っていますがそのあたりどうなんでしょうね。シザーを飼育しても黒く育たないという事例が多発するとシザーの黒化はただの環境依存だと誤った認識が広がり一気に人気が下がると思うんですが大丈夫でしょうかね?

選別

ヤフオクでシザーの出品者(clawさんや直系ブリーダーではない)に「出品している個体は選別漏れですか?」とバカな質問をしているのをちょっと前に見かけました。シザーのプロデューサーであるclawさんはシザーを選別して一定品質以上の個体のみをシザーとして販売しているはずですがそのあたりの選別の基準は一般には非公開にされています。したがってシザーの選別、非選別はヤフオク出品者の独自の判断に委ねられるわけですがその質問をして何の意味があるんでしょうね、、、

屋号を持ってる=ザリガニのプロではない

タイゴースト関連でかなり金になるとシュリンプ専門にやってた業者メダカ専門にやってた業者などがたくさんザリガニに参入してきました。

そういった業者の方はザリガニの販売を本業としてやってるのでプロといえばプロですがただのブローカーなのでザリガニのプロではないです。雑誌に掲載されたり屋号を持っているので一般の方はザリガニのプロだと勘違いしてそうですが。むしろ当方から言わせればそういった業者はザリガニに関してど素人だと思います。

ブローカーにとってザリガニはただの商材

自家繁殖したBLACK KINGをヤフオク出品されている業者の方もいますが黒く育つ個体のみを販売しているんでしょうかね?店舗営業ではない、ただ屋号を持ってるだけのブローカーはいずれザリガニ人気が下火になったら別の生き物に引っ越すだけなのでザリガニ市場での評判なんて気にせずやりたい放題やってると思うのであまり信用しないほうがいいと思いますよ、、、

品質の基準がないのが問題

シザーもBLACK KINGもWILD個体の交配からスタートして累代してまだF4くらいしか経っておらず固定率はかなり低いはずです。しかし両陣営はともに品質の基準を明確にせず販売してしまいました。これは個人的にかなりもったいなかったと思います。

したがってこれらを改良してフルブラック個体の固定率が高い血統を作成するか、あるいは新たなブランドを作成して品質の基準を明確にして販売を開始すればシザーとBLACK KINGを超える人気の新ブランドが作成できるはずです。これをやったら2018年に黒化ザリガニの評価はかなりあがるはずです。

どなたかやってみてはいかがでしょうか?当方は忙しくなるのであまりタッチしたくないですが、どなたか一緒にやってみたい方がいましたらアイデアを出くらいならできるかも?です

スポンサーリンク

『2017年のザリガニ界『混沌』』へのコメント

  1. 名前:パープルマスク 投稿日:2018/01/05(金) 14:50:58 ID:5c26d3252 返信

    ユニークな視点からのブログですね。
    シュリンプ関係からザリガニに変えた業者などから購入したタイゴーストは管理が悪く購入後1~2か月でよく★になるということを聞きます。

    bredinjptyoさんはザリガニについてお詳しいようですが、ザリガニの色の固定はやはり難しいのですか?同じ色の子どもたちをずっと掛け合わせていけば、、、というような考えは甘いのですか?

    フルブラックの新ブランドは非常に興味がありますね!企業秘密ですか??

  2. 名前:bredinjptyo 投稿日:2018/01/06(土) 01:34:37 ID:3021f9ecf 返信

    パープルマスクさんはじめまして!メッセージありがとうございます。

    環境変化によるダメージと近親交配による弱体化、半年くらい売れ残った個体ですと残り寿命が短かったりといろいろ理由はありそうですね。タイゴーストに限らずアダルトで購入したザリガニがすぐ死ぬのはよくあると思いますがタイゴーストは特に多そうですね。

    色の固定は簡単ではないはずです。選別累代でなんとかなると思いますが、ザリガニの色は外的要因によっても変わってしまうため遺伝的要因による発色を見極める必要があり、さらに戻し交配やアウトブリーディングを適宜行う必要もあると思います

    フルブラックの新ブランドは当方ではとくに関与するつもりはないです。パープルマスクさんご興味あるようでしたらチャレンジされてみてはいかがでしょうか?

    • 名前:パープルマスク 投稿日:2018/01/06(土) 09:44:42 ID:eec666e73 返信

      詳しいご説明ありがとうございます!!
      確かに外的要因は大きいですね!オレンジのザリガニを固定したいのですが、なかなかうまくいきません(T_T)/~~~

      フルブラックには興味はあるのですが、、、ヒントを教えてもらえないでしょうか?もしここでは無理であれば登録したメールにでもご返信いただければありがたいです!

      • 名前:bredinjptyo 投稿日:2018/01/06(土) 13:39:21 ID:94485e95e 返信

        オレンジの固定ということはアメザリ以外でしょうか?

        ヒントはtrexさんへのコメントで昨日記載させていただきました。要望があるようでしたらもう少し詳しく記事で書いてみてもいいかなとは思ってます。

        • 名前:パープルマスク 投稿日:2018/01/06(土) 15:29:16 ID:eec666e73 返信

          いえ、アメザリです!アメザリのオレンジです!

          あとはブラック個体にも興味があります。trexさんへのコメントを見させていただきました!ヘテロの黒はもともとは親個体はシザーかブラックキングですよね??それを使って新ブランドを作るということは問題ないのでしょうか?

          あと、どこまでいったら完成なのかがわからずです(@_@)
          ほぼ黒化できたらOKとのことなのでしょうか?

          色々すみません

          • 名前:bredinjptyo 投稿日:2018/01/06(土) 16:38:30 ID:97bb6bd49

            アメザリのオレンジをノーマルとホワイトを使って作成されているのでしょうか?かなり面白いです!!ぜひ経過を記事にしてほしいです。

            固定率や表現に明確な違いがあるのであれば新ブランドで問題ないと思います。そういう派生ブランドはアリだと思います。見た目で区別がつかず固定率も同じような感じだと当然NGだと思います。