タイゴーストには色揚げ餌必須

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

ザリガニの餌についてよく質問をいただきます。そこでザリガニの種類ごとにまとめてみました。

ゴーストザリガニは色揚げ餌必須

ゴーストザリガニには色揚げ餌が必須だと思います。色揚げ餌を与えないとあまり綺麗に発色しません。ゴーストザリガニの基本カラーは赤です。ゴーストザリガニに限らずザリガニの赤の色は餌としてとりこんだカロチンをもとに色素が作られますのでゴーストザリガニに色揚げの餌を全く与えず育てるときれいに発色しません。下の写真はスーパーレッド系のタイゴーストでアナカリスを1日与えたもの、全く与えていないものの比較です。

タイゴーストの色は色揚げ餌で底上げされている

タイゴーストの発色は餌によって底上げされている部分がかなり大きいと思います。したがってカラフルな色を維持して飼育したい場合には色揚げ餌は必須です。

甲殻類は簡単に餌で色揚げ可能

甲殻類は簡単に餌で色揚げができますので鑑賞目的でザリガニを飼育する場合には色揚げ餌はおすすめです。販売用のザリガニを餌で色揚げするのはルール違反だと思っていますが餌で色揚げされたタイゴーストがたくさん流通している現状、もうそういうのは関係ないのかなとも思いますがあからさまなのは良くないと思います。

色揚げ餌

色揚げ餌はいろいろ販売されています。個人的には副食としてアナカリスを水槽に入れておくだけで十分だと思います。カロチンが赤の色揚げ、カロチン+プロテインが青の色揚げになるようですが、アナカリスにはカロチンが豊富に含まれています。

スポンサーリンク

『タイゴーストには色揚げ餌必須』へのコメント

  1. 名前:trex 投稿日:2018/01/07(日) 22:14:57 ID:c69471df1 返信

    餌による体色の変化は、面白いですね。

    栄養不足での退色

    成分での体色

    成長速度違いの濃薄

    脱皮していない長老の黒化

    複数飼育していてもムラがありますね。
    脱皮する生き物は、神秘的です…

    • 名前:bredinjptyo 投稿日:2018/01/08(月) 00:34:23 ID:08e0e97bc 返信

      脱皮する生き物は神秘的ですね。

      あと、ザリガニに限らずエビやダンゴムシ等甲殻類は色素変異が誕生するのですごく面白いです。
      フロリダなどは結構高い確率で色素変異が誕生しているそうです。ラマシーはどうですか?
      かなり長期間累代できているのはかなりすごいと思います。複数ラインを維持して適宜アウトブリーディングされているんでしょうか?
      だいぶ話がズレましたね、、、笑

  2. 名前:trex 投稿日:2018/01/09(火) 18:58:08 ID:276200b74 返信

    ラマシーも他種と同様に、複数ラインがないと壁にあたりますね。
    ラマシーザリガニも昔に比べると
    飼育している人が少ないです…

    独特なフォルムが人気ないのですがね…残念…

    • 名前:bredinjptyo 投稿日:2018/01/09(火) 22:59:26 ID:b736907c1 返信

      やはり複数ラインですよね。ラマシーはほとんど売りがないので飼育してる人が少ないと思います。
      飼育してる人がいてもだいたいペアや単独飼育だったりするイメージです。
      人気はあるんですが売りがないので買えない方が多いと思います。