シザー偽物疑惑の真相・メイキングさんは無実

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

いろいろかなり叩かれていたメイキングさんのシザーの偽物疑惑の真相が全て分かりましたので簡単に書きます。最初に断っておきますが誰かを叩くためにこの記事を書くわけではなく、メイキングさんの名誉を回復するために必要だと思いますのであえて書きます。記事に書けない事実もありますのであくまで書ける範囲でのみ書いています。結論から申し上げますとメイキングさんは100%無実で以前ヘテロだと噂されて叩かれていたシザーの出品はすべてclawさんから直接購入した純血シザーのペアから産まれた稚ザリということで間違いないです。

下の写真はメイキングさんから購入した純血シザーペアから産まれた稚ザリです。

シザーの入手経路

clawさんはメイキングさんにはシザーを直接販売していないと主張されているようですが、メイキングさんはclawさんから直接シザーを購入しています。内容は先日のツイのとおりです。

ただしこちらのツイでは話がややこしくなるのとシザー陣営の言い分を聞き出すためにあえて省略していましたが正確な入手経路は下のとおりでclawさんに直接電話したのはメイキングさんのお知り合いのお坊さんです。これはメイキングさんにも確認済みです。

このツイの翌日くらいにシザー陣営の方からDMがあり、clawさんが言うメイキングさんには「直接」販売していないという発言の意味はお坊さんが介在していたため「直接」販売していないという理由だったということが確認できました。

この言い分は正しいと言えば正しいですが、これだけの理由ではメイキングさんのシザーの出品を叩く根拠としては不十分だったと思います。

今回判明した事実をまとめると次のとおりです。

clawさんが深夜にひっそりと出品したシザーをメイキングさんのお知り合いのお坊さんが落札

その話を知ったメイキングさんがお坊さんに自分の分も欲しいと依頼

お坊さんがclawさんにメイキングさんの分もということでclawさんに電話でシザーを追加注文

メイキングさんに渡ったシザーは選別漏れだった可能性

clawさんが販売するシザーはハイグレードのものだけだとこれまで考えていましたが実際にはそうではなかったようです。おそらくメイキングさんに渡ったシザーはそれなりにグレードは高いものの選別漏れだったはずです。

意図してかどうか分かりませんがclawさんは定期的にこっそりと選別漏れを販売されています。例えば下のツイがそうだと思います。それ以外にもシザーのスノースパインバージョンということで販売した個体が存在しているのは皆さんご存知のとおりです。同じことを他の方がヤフオクでやったら間違いなく袋叩きにされてたはずです。

深夜オークション

シザーの固定率に関してはこちらの記事で書きましたがかなり低いです。産地の異なるWILD採取個体を数回累代しただけですので固定率が低いのは当たり前です。しかしシザーは現状あたかも固定品種であるかのようにclawさんが偽って販売していますのでそれを鵜呑みにしてしまってこの固定率が低いという事実を理解できていない方がかなり多いようです。

どう考えても完全黒化するには複数の要因を満たす必要がありで複数の遺伝子の並びが全てホモ結合しないと完全黒化しないはずです。例えばこんな感じです。aabbccdd

ということは、フルブラック化しているハイグレード個体aabbccddのペアを用いて繁殖すればその子供は高い確率でハイグレード個体aabbccddなるはずです。aabbccdd ×aabbccdd = aabbccdd

しかしこちらの記事で書きました当方が入手したシザーの繁殖データとメイキングさんの繁殖結果を見る限りそうはなっていません。それでこれまでずっと矛盾を感じていましたがようやく理由がわかりました。clawさんが販売するシザーは全てがハイグレードだと考えていましたが実はそうではなかったということです。特にメイキングさんが入手した個体(深夜オークション)のように秘密裏に販売した個体clawさんが販売した直系シザーであるにも関わらずグレードがあまり高くなかったはずです。

シザーの固定率はペアの純度により違う

シザーの固定率は上記のとおり低くて当たり前ですが一部で高いという声もあるようです。clawさんの嘘を信じて真に受けているだけで何にも分かっていない方の発言である場合が多いと思いますが、繁殖に用いたペアの遺伝子の並びがオスメスともにaabbccddであれば産まれてくる稚ザリの固定率は高くなり、そうでなく一つでも遺伝子の並びが揃っていないペア(aabbccdd×aabbccdD)を用いると固定率はかなり下がるということに由来しているかもしれません。したがって固定率に関していろいろな意見があるのは理論上別におかしな話ではないです。

したがって一番良い種親を手元に残して繁殖を行っているclawさんが考える固定率そうでない個体を用いて繁殖している他の方の固定率はかなり違うはずです。clawさんやシザーの認定ブリーダーの方(メダカから参入してきた方)などは自分のペアの固定率が高い(実際に確認したわけではないためそれが本当に正しいどうか不明)ということを根拠にシザーの固定率は高いというようなことを主張していたみたいですが考えが浅はかすぎますね。シザーのいろいろな騒動はこういった何も分かっていない方が他の可能性を考えず一方的に都合のよい情報だけを信じ込んだりそれを流していることでさらに複雑化したと思います。

認定カードの意味がない

繰り返しになりますが以前にも書いたとおり、個人的にシザーは累代により品種としてある程度固定できたのを確認できた後にリリースするか、それとも累代ごとのおおまかな固定率とシザーと呼べる個体の品質基準をきっちりと公開してからリリースするべきだったと思います。そしてさらに、clawさんが選別漏れ個体を深夜オークションなどで販売してしまったのが大きな間違いだったと思います。認定カードを発行しているのはグレードの低い個体が市場に流通しないためだと聞いていますが深夜オークションなどによりclawさん本人がグレードの低い個体を販売していますので認定カードの意味は全くなかったと思います。

clawさんは全て知っていたのでは?

メイキングさんに販売した個体は稚ザリだったため当時は正確にグレードを判別できなかったという理由かもしれませんが、それだったらなおさらメイキングさんに渡った個体はそういったリスクがある個体だったということをclawさんは認識していたはずで、その後メイキングさんが繁殖に成功してヤフオク出品した個体のグレードが低かった理由責任をもってしっかりと調べもせず、さも何も知らないかのようにメイキングさんがヘテロ交配を行ったとかいろいろ都合のよい理由をつけて叩いてヤフオク出品をやめさせようとしたのはかなり悪質だったと個人的に思います。

jinxさんの採取したWILD個体が元祖

jinxさんが採取したシザーの元親(WILDブルー)はWILD個体好きのjinxさんが長年探し求めてようやく入手した個体だけあってオスメスともに最高レベルにすごい個体でした。そのペアを用いてjinxさんが繁殖させて誕生したF1もすごい個体でした。そのF3やF4、F5が現在シザーとして流通しているわけですが、jinxさんからF1を譲り受けたclawさんが累代に成功してK&Gさんなどが流通させたおかげでシザーは世界的にも人気もでてすごい人気種になったという功績がある反面、ちょっとおかしな方向に進んで非常に残念だと思います。

遺伝子異常の問題

シザーに関する疑惑は書ける範囲は書きました。当方もこれ以上この問題に頭を突っ込みたくないのでまたシザー陣営の方が話を蒸し返さない限りこの話はもう終了にしたいと思います。K&Gさんとも本日DMでやりとりさせていただきまして終了でいいのかなと感じました。あとはそれぞれの方がどう行動するかではないでしょうか。メイキングさんの件で責任を感じる方はメイキングさんへの謝罪の意味で水草やソイルなどを購入するのもよいかと思います。いろいろ叩かれましたが最後まで黙って我慢したメイキングさんはすごくいい方だと思います。ブラックキングの紅蜂さんもいろいろ噂されてますが黙って我慢されてますし実際にお会いした方(当方の知人がお会いしてます)の話ではとてもいい方だったそうです。いろいろ噂を耳にする限り悪徳商人みたいな怖い方かなと思っていましたが実際にはそうではないようです。

ただしこれでシザーの全ての問題は終了というわけではなく、シザーのハイグレード個体には視覚異常嗅覚異常が発生しているのではといった情報もあります。おそらく交雑していることに起因して何らかの遺伝子異常が発生しているはずです。メダカと混泳させてもメダカを捕まえることができないそうです。ちなみにヘテロや選別漏れにはこのような異常は発生していないようですのでフルブラック個体とこういった遺伝子異常が紐付き関係になっている可能性が高いです。こういった遺伝子異常を放置していても問題ないのかどうかと、可能であれば完全黒化表現との切り離しができるのかどうかといったことは考えたほうがよいのではないかと思いました。

お坊さん

上で話にあがったお坊さんがどんな方なのかは当方含めほとんど誰も知らないと思いますが、メイキングさんからの情報によりますとシュリンプクラブという雑誌のお宅訪問のコーナーお坊さんの水槽部屋が紹介されるそう(次回発売?)です。おそらく結構すごいアクアリストなのではと思いました。ちなみにお坊さんということで少し違和感を感じる方がもしかしたらいるかもしれませんがお坊さんでも趣味があったり恋愛をしたりするのは普通なので別にアクアを趣味にされていてもおかしなことではないです。

スポンサーリンク

『シザー偽物疑惑の真相・メイキングさんは無実』へのコメント

  1. […] 投稿日 : 2018年2月5日 | カテゴリー : シザー&BLACKKING ツイート とある方から前回の記事に対してメッセージをいただきました。多くの方が言いたくても言えない内容を代弁してるすごくいい文章だと思いましたのでなんとか頼み込んで公開させていただく許可を得ましたので公開します。 巻き込まれるとめんどくさいことになる可能性があるので絶対に特定されないように!とのことでしたのでところどころ改変してますが内容はおおむねほぼこのとおりです。 […]

  2. […] とある方から前回の記事に対してメッセージをいただきました。多くの方が言いたくても言えない内容を代弁してるすごくいい文章だと思いましたのでなんとか頼み込んで公開させていただく許可を得ましたので公開します。 […]

  3. 名前:記事を引用する時はリンクをはってください | ザリガニブログ 投稿日:2018/02/20(火) 20:15:48 ID:542ee7468 返信

    […] 実はその「●●●●」っていうブログを書いてる方は以前シザーの記事にコメントしてきてた方で「メイキングさんのシザーの入手経路」を執拗にこだわってた質問してきてた方でした。結局こちらの記事『シザー偽物疑惑の真相・メイキングさんは無実』にも書いたとおり、メイキングさんはclawさんから直接シザーを購入していますのでこの方がこだわってた内容は間違いだったわけですが、その記事を読んでいただいて間違いに気づいたようでその記事を書いた直後にDMで謝罪を受けました。謝罪を受けた際は本当はまともな方だったのかなと見直しました。またその方はclawさん直系シザーを飼育しているようですが、その方が飼育してるシザーは動きが鈍い等の先天的異常があると思われる内容その際教えていただきました。 […]

  4. […] 数日前に発売された『シュリンプクラブ2018年03月号』にシザーに関するこちらの記事『シザー偽物疑惑の真相・メイキングさんは無実』で登場したお坊さんの水槽部屋が紹介されてます。このお坊さんがclawさんからシザーを落札しさらに電話で追加注文したシザーがメイキングさんに渡っています。 […]

  5. […] 数日前に発売された『シュリンプクラブ2018年03月号』にシザーに関するこちらの記事『シザー偽物疑惑の真相・メイキングさんは無実』で登場したお坊さんの水槽部屋が紹介されてます。このお坊さんがclawさんからシザーを落札しさらに電話で追加注文したシザーがメイキングさんに渡っています。つまりあの噂の渦中の方です。 […]

  6. 名前:シュリンプクラブ3月号・お坊さん登場! | ザリガニブログ 投稿日:2018/03/02(金) 02:05:54 ID:388db3cc9 返信

    […] 数日前に発売された『シュリンプクラブ2018年03月号』にシザーに関するこちらの記事『シザー偽物疑惑の真相・メイキングさんは無実』で登場したお坊さんの水槽部屋が紹介されてます。このお坊さんがclawさんからシザーを落札しさらに電話で追加注文したシザーがメイキングさんに渡っています。つまりあの噂の渦中の方です。 […]