タイゴーストは餌で色揚げされているのが普通

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

昨日、ブルー系タイゴーストの写真をtwitterに載せましたが結構反響が大きかったです。

タイゴーストの色褪せ問題

タイゴーストの色褪せ問題はあまり表面化していないようですがそこそこ発生してるようです。ただし、ペットとしてザリガニを飼育してる方にとっては色が多少変わってしまったとしても大切に飼育してるザリガニに対する愛着は変わらないですし「色についてはそこまで気にしていない」という方がほとんどだと思います。したがってあまり表面化していないのではと想像しています。しかし、飼育する以上はなんとか綺麗な状態を保って飼育したいというのは飼育者の本音ではないでしょうか。

ザリガニは外的要因により色が変わる

こちらの記事『ザリガニの色について』でも書きましたがザリガニの色はいろいろな要因により変わります。餌だけが要因ではありません。さらにゴーストザリガニタイゴーストに関しては特に色が変わりやすい性質があります。この事実をしっかり説明して販売している方はほとんどいないと思うため「そんなこと知らなかった」という方がもしかしたら多いのかもしれませんがゴーストザリガニとはそういうもんですので色褪せに関してはある程度諦めが必要だと思います。

餌で色揚げされているのか

しかし、とはいっても、「自分が購入したザリガニはもともと餌で色揚げされていただけなのではないか?だから購入後色落ちしたのではないか」と不審に思っている方は結構多いはずです。結論から書きますとタイゴーストとして販売されているザリガニはほぼ100%餌で色揚げされています。こちらの記事『ザリガニの色について』でも書いたとおりザリガニは餌等により簡単に色を変えることができ、さらにタイゴーストの場合にはカラフルさ、色の鮮やかさで価値が決まりそのブリーダーの収入に直結するものであるため色揚げは当たり前、そういうもんだとに思います。

長くなりましたので記事を分割します。『タイゴーストは脱皮させなければ色を維持できる』に続きます。

スポンサーリンク

『タイゴーストは餌で色揚げされているのが普通』へのコメント

  1. […] 前回の記事『タイゴーストは餌で色揚げされているのが普通』の続きです。長くなりましたので分割しました。 […]

  2. […] 前回の記事『タイゴーストは餌で色揚げされているのが普通』の続きです。長くなりましたので分割しました。 […]