生き物飼育に絶対はない

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

ザリガニに限らずどんな生き物でもそうですが飼育方法に絶対はありません。飼育環境は人それぞれ違うからです。また生き物飼育に手軽さを求めるのも間違いです。

本当に正しい情報なのか

イベントやTwitter上、Youtubeなどでザリガニの飼育方法を解説してる方がいます。個人的にすごいことだと思います。しかしその伝えている情報、本当に正しいんでしょうか?

飼育環境は人それぞれ違う

飼育環境は人それぞれ全く違います。したがって一般論を伝えるだけではむしろ間違った認識を広めてしまう危険性があります。

エアレは必須ではない

例えば一般的にザリガニ飼育はエアレをする必要があると言われますがエアレをしなくてもザリガニを飼育することは可能ですし水換え頻度によってはむしろエアレだけでは不十分です。最悪ザリガニを死なせてしまう結果にもなりかねないです。

誰かに間違った飼育方法を教えてもらってそのとおりに飼育してザリガニが死んだとしてもその方は責任とってくれません。同情はしてくれるでしょうが。したがって自分でいろいろ試して調べていくしかないです。飼育環境はひとそれぞれ違いますし

生物濾過をする必要がある

ちなみに正しいザリガニの飼育方法は投げ込みフィルターなどを投入して生物濾過を行う必要があります。ただし水換え頻度などによっても違いますので絶対ではないです。

他人の発言を鵜呑みにするのはやめたほうがいい

なお、発言者が例えイベント販売者の方だとしてもショップの店員だとしてもすごく知名度のある方だとしても特定の方から聞いた情報を鵜呑みにするのはやめたほうがよいです。

その方達が正しい飼育方法で飼育できてるとは限らないからです。また、どんなに知識があっても一人ひとりの飼育環境(水換え頻度、水槽の置き場所、水温、餌の種類、餌の頻度等)をすべてヒアリングした上でなければ本当に正しい回答なんてできっこないです。

生き物飼育に手軽を求めるのは間違い

最近はYoutubeから情報を入手する方も多いようです。確かに動画サイトはすごく手軽だと思います。ぼーっ見てるだけで情報を得ることができますし。ただし生き物の飼育に際して手軽さを求めるのは根本的にかなり間違ってると思います。

当ブログでも飼育方法についていろいろ解説

当ブログでも飼育方法についていろいろ解説していますが飼育方法に絶対はないですしいろんな方の飼育スタイル全てを想定して文章を書くことも不可能です。したがってあくまで参考程度飼育の参考にしていただければと思います。

綺麗に育つ

生き物は愛情をかけて丁寧に飼育するとだいたい綺麗に育ちます。ただしザリガニの場合には手を掛ければいいというわけでもないためそこが難しいところだと思いますがそのあたりについても試行錯誤しながら最適解を模索していくのもザリガニ飼育の醍醐味だと思います。

スポンサーリンク