稚ザリの写真を公開してない理由

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

当方がヤフオクで稚ザリを出品する際、親の画像は基本的に載せるようにしてますが稚ザリの写真は公開しないことが多いです。理由は次のとおりです。

稚ザリの色は保護色

下の記事でも書きましたがザリガニの色はいろんな外的要因により変化します。その中でも稚ザリの場合には保護色という面がかなり大きいです。したがって稚ザリの写真を載せることにあまり意味がないと思うため必要がない限り写真を載せないことが多いです。

[blogcard url=”http://crayfish.wpblog.jp/2017/11/15/%e3%80%90%e5%88%9d%e5%85%ac%e9%96%8b%e3%80%91%e3%82%b6%e3%83%aa%e3%82%ac%e3%83%8b%e3%81%ae%e8%89%b2%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/”]

到着直後は色落ちしてる

熱帯魚やエビなどもそうですが、配送直後は色落ちしてるものです。元の色に戻るまで1週間以上かかる場合もあります。稚ザリも例外ではありません。Twitterなどで到着直後の写真を見る機会がたまにありますがかなり色落ちしてるな~と感じることが多いです。したがって下手に写真を載せてしまうと写真と色が違うとトラブルになりかねないです。

バラツキが結構ある

ザリガニの特性上、固定品種のもの以外は稚ザリの表現にはかなりバラツキがあります。基本的に無選別で全部売り切りたいのに対し、掲載用に写真を撮影するとどうしても綺麗なものを選んでしまうためこれもまたトラブルになりかねないです。

積極的に売りたいわけではない

ヤフオクで稚ザリなどを販売してますが当方の場合には少しでもよく見せて高く売りたいということは考えてません。基本的に常に即決価格で出品してますし最初から最後まで均一価格で格安出品してます。あまり手間を掛けたくないのです。

細かいこだわりのある方に買ってほしくない

最終的に稚ザリ達全員に飼い主が決まればそれでいいと思って格安出品してますので現物の写真を見て購入したいという細かいこだわりのある方にまで売りたいとは思っていないのもあります。それでもリピーターの方は多いですし同じ商品をリピートいただくことも多いです。

現物や写真で得られるのは安心感だけ

個人的な意見ですが現物を見て買ったほうが安心できるのは分かりますが現物を見て得られるのは安心感だけです。目で見て綺麗な個体を選んで買いたいという気持ちも分かりますがイベントなどで売られてる個体はほとんどが茶色系でお世辞にも綺麗とは言えません。

反対に当方がヤフオク出品してるバスキューザドワーフは毎回いちいち写真を載せることはないですがイベントで買うより間違いなく綺麗だと思います。多少バラツキはあるものの常にブルーですし出品するとだいたい即完売してしまいます。

ザリガニを購入する際確認すべき情報

前述のとおり現物を見て得られる安心感に意味はないです。ザリガニの購入に際して本来確認すべき情報は下のようなものです。ヤフオクイベントでザリガニを購入する場合どちらでも同じです。これらは必ず確認するべきだと思いますがこれらの情報をきちんと公開して販売されてる方はほとんどいないのではないでしょうか?当方はだいたい載せるようにしてます。

  1. 生後期間(ザリガニの寿命は結構短いです。しかもサイズと生後期間は比例しません)
  2. 累代数(F2、F3というようなもの。累代数は北米系やブラキンの場合確認必須)
  3. 繁殖回数(メスが繁殖できるのは通常生涯に2回です)
  4. 産地(ゴーストには産地があり産地は結構重要です)
  5. 両親の写真(ゴーストなどの色素変異でヤングサイズ以下の場合重要な要素です)
  6. 普段与えいる餌(餌により色合いが大きく変わります)
  7. 飼育に関しての特記事項(例:CPOの飼育は水温27度が上限等)

特に生後期間は必ず確認するべきだと思います。ザリガニの寿命は結構短いですしザリガニのサイズと生後期間は比例しませんので小さめの個体だから若個体だということもありません。ペットボトルなどで飼育してるだけの場合には大きく成長できないからいつまで経っても小さいだけという場合もあります。

あと、アダルトサイズのメスの場合には繁殖に使用した回数も必ず確認するべきです。ザリガニのメスが生涯に繁殖できる回数は2回程度しかありません。種類等にも変わりますが。

スポンサーリンク

『稚ザリの写真を公開してない理由』へのコメント

  1. 名前:パープルマスク 投稿日:2018/04/03(火) 09:15:53 ID:df0149f8b 返信

    んっ??

    以前は親のグレードより稚ザリの写真で判断して買うべきとブログで書いおられてような気がします。

    そのあたりのことも書かれたほうが整合性が取れると思います。

    記憶違いであれば申し訳ありません。

    • 名前:bredinjptyo 投稿日:2018/04/03(火) 20:01:23 ID:6f6f05730 返信

      タイゴーストはそうでしょうね。稚ザリを見て購入するべきだと思います。ゴーストはそういった面倒くささがあるので当方は基本的に扱ってないです。