ザリガニの赤と青の発色の仕組みと色揚げ

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

ザリガニ(特にアメリカザリガニ)は赤い色をしていますが実は自分自身で赤の色素を作ることができません。餌として取り込んだカロチン(正確にはアスタキサンチン)を外骨格に蓄積することで赤く発色しているだけです。

ザリガニにサバを与えると青くなる

カロチンは主に植物に含まれていますのでアジなどの動物性の餌のみを長期間与えるとザリガニから赤の発色が失われ色が青くなることはよく知られています。下の画像はTwitterのフォロワーさんから送っていただいた画像です。元々はノーマル色でサバを与えてここまで青くしたそうです。

ただしザリガニにとってカロチン必要な栄養素であるはずのためカロチンを制限することによる青の発色はザリガニの健康にとってはあまり望ましくない可能性はあると思われます。

青の発色もカロチン

前述のとおり、ザリガニにカロチンを含まないサバなどを与え続けると青くなりますが、実はザリガニの青の発色カロチンによるものです。

実際にカロチンを豊富に含むアナカリスをザリガニに与えて色が青くなることを検証してくださった方もいます。

カロチン=天然の色素

ザリガニはカロチンを制限することで青くなるのにカロチンを与えることでも青くなる??と頭が混乱しそうになりますが要するにざっくり書くと次のような仕組みになっているようです。

  • アスタキサンチン赤の発色
  • アスタキサンチンがタンパク質と結合したアスタキサンチン蛋白クラスタシアニン)が黒~青の発色

アスタキサンチンは抗酸化作用を持つ物質

アスタキサンチンには強力な抗酸化作用があるようで自然界においては太陽光から身を守るために植物がアスタキサンチンを生成しているようです。それをザリガニなどの甲殻類が食べることで取り込み、外骨格に蓄積することで紫外線などから身を守っていると思われます。

参考ページ

下のページあたりを読んでみると面白いです。

アスタキサンチンの概要
アスタキサンチンは、サケやイクラ、エビ、カニ、オキアミ、藻など、海の生物たちに多く含まれている天然の赤い色素で、カロチノイドの一種です。 生物の体内に発生する活性酸素を抑制する抗酸化力に優れており、その力は、ビタミンEの1000倍といわれています
カニを茹でると赤くなる理由 アスタキサンチンの抗酸化作用 - はまさか日記~澄風荘しょうふうそう~
紅ガニ(ベニズワイガニ)の初競りが9月5日朝、兵庫県香美町の香住漁港で行われました。紅ガニは兵庫県では香住でのみ水揚げされています。 ※ちなみに松葉かにの解禁は11月6日です。 紅ガニ(紅ズワイガニ・香住ガニ)は松葉かにと比べると身は小さいですがみずみずしく、値段も松葉かにの1/10~1/7ほどと安価でお手頃なカニです
海事・水産・交通・気象の専門書籍出版社の成山堂書店
海事・水産・気象・海洋・交通などの専門書籍を出版、販売している出版社成山堂書店のホームページです。
スポンサーリンク

『ザリガニの赤と青の発色の仕組みと色揚げ』へのコメント

  1. 名前:うみ 投稿日:2020/04/13(月) 14:19:29 ID:5ceb3db75 返信

     大学でザリガニの研究をはじめて2ヶ月が立ちました。いつも参考にさせてもらってます!
     市販のザリガニのエサを与え、塩分濃度2%の水槽でアメリカザリガニを飼育していたところ、ザリガニが青色に変わりました。なにか、知っていることがありましたら教えていただきたいと思います

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/04/14(火) 00:52:40 ID:cf2c0212b 返信

      うみさんはじめまして。

      ブログには書いていませんでしたがザリガニは浸透圧で体液と水との交換を行っています。通常の海水魚、淡水魚もそうですが。もしかしたらそのあたりかもしれません。それ以上詳しいことは検証していないためなんとも申し上げられませんのでぜひとも研究してみていただきたいところです。

      なお、ザリガニの色のメカニズムは摂取したカロチンをアスタキサンチン、アスタキサンチン淡泊、クラスタシアニンに変換することで赤黒青を表現しているようです。塩分濃度によりそのあたりの変換メカニズムに変化が生じる可能性は多いにあります。もともとザリガニ含め淡水魚は海水から淡水にあがってきて淡水に適応してるだけですので。