2018年05月一覧

ザリガニの外骨格とカルシウム

ザリガニの外骨格は水質が弱酸性だと水に溶けると思ってる方は方は多いと思います。実際、外骨格に含まれるカルシウム(炭酸カルシウム)は水に溶けます。

記事を読む

密輸は稚ザリの状態で輸送される・続編

先日書いたこの記事ですが 一部の方に大反響だったらしいですね。そして火消しに必死みたいですね。 もう少し突っ込んだ話をします せっかく

記事を読む

ザリガニの色変は産地により別物

アメリカザリガニの色変には産地があります。具体的には愛知、大阪、茨城などなど。 ちなみに色変とは色素変異の略でフェイドやゴーストな

記事を読む

茹でてみた第二弾「ワラジムシ」

前回の記事で書きましたが黒ザリを茹でたら赤くなりました。 とても興味深かったのでいろいろ試してみたくなりました。 真っ先に候補にあが

記事を読む

【閲覧注意】黒いザリガニシザー解剖画像

黒ザリが死んだので解剖してみました。 箇条書きでいきますよ~ グロい部分もあるので苦手な方は見ないほうがおすすめです。

記事を読む

ザリガニの生物学上の分類

以前自分用に作成したものですがザリガニの分類について関心がある方が多そうですので公開してみます。 この名前が紛らわしい方々はどれほど関係が遠いのか

記事を読む

ザリガニに希少性などありません。どんどんプレゼント

ザリガニに希少性などありません。1回の産卵で300~500匹の稚ザリが産まれるんですよ。さらにその1年後にはその半数がそれぞれ300~500匹の稚ザリを産まれる

記事を読む

ザリガニ水槽に卵の殻を投入

ザリガニ水槽に卵の殻(炭酸カルシウム)を投入するとザリガニが齧るためカルシウムの補給になります。これは結構一般的な話ですので実戦されてる方は多いのではと思います

記事を読む

腐葉土のphや安全性等についてまとめました

以前、クヌギなどの広葉樹の落ち葉(=広葉樹の腐葉土)はカロチンを多く含んでおりザリガニの色揚げに良いと記事に書かせていただきました。 落ち葉の使用

記事を読む

ザリガニの累代協力者募集&プレゼント

アメリカザリガニの累代についてご協力いただける方を募集してます。 気になる方はDM等ください。詳細等は次のとおりです。 プレゼントの詳細

記事を読む

バーンスポットがほぼ完治しました!

繁殖疲れでバーンスポットだらけになってしまったメスですが、 なんと一度の脱皮でほぼ完治しました! 軽度なバーンスポットは脱皮で治ると

記事を読む

マーレーリバークレイフィッシュ(Murray River crayfish)

オーストラリア原産のザリガニ、Euastacus armatusをご存知でしょうか。Euastacus属で最大、全ザリガニの中では二番目に大きくなるザリガニだそ

記事を読む

アメリカザリガニの近親交配と色素変異

アメリカザリガニが日本に最初に持ち込まれたのは今からだいたい90年前(1927年)の5月12日で持ち込まれた頭数はたった20匹だったとのことです。 つまり

記事を読む

チタニウム(TITANIUM)日本初上陸!

タイ発のアメリカザリガニ(Procambarus clarkii)の新品種?『チタニウム』がとうとう日本初上陸するそうです。今回分は完全予約販売で注文締切りまで

記事を読む

密輸は稚ザリの状態で輸送される

ザリガニの密輸はかなり横行してるはずですがそのほとんどが稚ザリの状態で運ばれてるはずです。 稚ザリのほうが輸送コストが安い たとえばザリガニ100匹

記事を読む

Procambarus pygmaeusの桶上げ?

学名:Procambarus pygmaeus(ピグマウス/ピグマエウス/パイギマ) 別名:Christmas Tree Crayfish

記事を読む

ミスクレ(ミステリークレイフィッシュ)に関する報道の真相&外来種規制強化

今回の報道とTwitterでの盛り上がりはいろいろ違和感があるので一応書いときますね。Twitterで騒ぐのは良くないと思いますのでこちらでこっそりと。

記事を読む

アクタス3系統騒動の続編・Cambarus friaufi

先日アクタスの3系統騒動について次のような記事を書きました。 その後、「アクタスには3系統ある」と全世界に向けて発表された張本人である自称大御所の

記事を読む

日本のザリガニ界は2013年あたりから全く進歩してない

日本のザリガニ界は2013年くらいから現在に至るまでの5年以上の期間、全く進歩していません。むしろ退化してるんじゃないでしょうか? 大人のザリガニ飼育

記事を読む

ザリガニを購入する際の要チェック事項

ザリガニを購入する場合には必ず確認すべき事項があります。これらを特に確認しなくてもイベント等で実際目でみて購入すれば安心だとお考えの方は多いでしょうがそれは大き

記事を読む

クロスクラーキーというジャンル

クロスクラーキーという言葉をご存じですか?初めて聞いた方が多いかもしれませんが特に真新しい言葉ではありません。昔からある言葉だと思います。 当方が最初にこ

記事を読む