ザリガニで金儲けしてるのに公平中立第三者とは

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。あと「ネットストーカーラマシーザリガニ」さんはいい歳したおじいちゃんなんですからネットストーキングを辞めてください!(参考ページ

最近「公平中立な第三者」を自称する方がいろいろ発言するようになりましたね。某有名なSザリガニ研究所の管理人をされてる方です。いろいろ発言されることは構わないと思いますよ。

しかし、公演執筆活動などのザリガニ関連ビジネスでお金儲けをされてて取材やらなんやらでザリガニ業界でいろんな人脈を駆使したいタイプの方ですよね。そんな方が「公平でしょうか?」「中立でしょうか?」「第三者でしょうか?」

  1. お金が絡む時点で自分の利益を優先するのが人というもの
  2. お金が絡む時点で自分を利してくれる方を優先するのが人というもの
  3. そもそもお金が絡む時点で第三者ではないですよね。

そんな方が公平?を自称されてるようでとてもびっくりしました。むしろ公平とは正反対の方ですよね?

ちなみに某氏を批判してるわけではないですよ。すごい方だとは思ってます。ただし過去のいろんなケースを見てみるととても公平だとは思えないため記事をまとめたに過ぎません。過去のケースひとつひとつについてよく考えてみてほしいです。過去のケースは全て事実です。それ以外はただの自分の意見なのでレスバトルをするつもりはないです。

親しい知人を公然と批判できるのか

ザリガニ業界でビジネスをしてる方にとって人脈は非常に重要です。特に記者にとっては人脈が全ての財産だといっても過言ではないですよね。

そんな方が昔からお付き合いのある知人昔お世話になった方が間違ったことを発言してるとしてそれに対してしっかりおかしいと指摘できるんでしょうかね?それができるのが公平中立第三者だと思いますが。

2018/6/11追記:ちなみに佐倉のホームページの編集には某Kさんも関わっている部分があると以前直接Kさんから教えていただいたことがあります。

ザリガニ村

ザリガニ業界でビジネスをしている以上、下手に敵対者を作るとその後のビジネスにあたり障害となります。例えば取材拒否など。

つまり、ザリガニ業界でビジネスしてる方(自作餌販売、ショップ経営、Youtuberなど)に公平中立第三者的な発言ができるわけなくないですか?特に自分の利益に直結する話題に関して。

また、権力者に媚売って尻尾ふっておくのがムラ社会での賢い選択です。実際皆さん一生懸命尻尾ふってますよね。

村社会(むらしゃかい)とは、集落に基づいて形成され、有力者を頂点とした序列構造を持ち、昔からの秩序を保った排他的な社会を指す。村社会にはしきたりがあり、それを破ったものには村八分などの制裁が科せられる。そこから派生して、同じような構造を持つ閉鎖的な組織や社会も村社会と呼ばれる[1]

村社会 - Wikipedia

以前ザリガニ業界のことをガラパゴスザリガニ界と揶揄したことがありまして一部の方に大反響だったようですがザリガニ村も反響大きそうですね。

シザー騒動

話を戻しまして、シザー関連でいろんな騒動がありましたね。結局シザー陣営の方の言ってたことは嘘ばかりでしたよね。そしてメイキングさんという明確な被害者が存在してましたよね。メイキングさん当時相当悩んでいたらしいですよ。

この件についてその公平中立な第三者を自称する方は何らかの事態の収束をはかるような行動なり発言をされたのでしょうか?その方以外にもザリガニ村には大御所ぶってる方はたくさんいますよね。みなさん見てみぬふりだったんじゃないでしょうか。シザーが謎だらけで何が正しいのか理解できないという方が多かったのかもしれませんね。しかしWILDの交配のF2で固定率ほぼ100%とかザリガニ飼育歴当時1年半程度の自分からみてもかなりおかしいと違和感を感じましたよ。

ゴーストザリガニの偽物と本物??

最近ザリガニを始められた方には信じられないことかもしれませんが大昔ゴーストザリガニには偽物本物という区別があったんですよ。その本物のゴーストザリガニの定義を定めたのが現在もTwitterなどで活動してる自称大御所K●Gさんです。観賞魚業界では当時「ザ・ゴースト」と呼ばれていたらしいですね。ちなみに当時ゴーストザリガニは稚ザリ数匹で数万円ですからかなりの利権です。

その方が作った本物のゴーストザリガニの定義には複数ありましてそのうちの一つを挙げますと「クリアザリガニの血が混じってるゴーストは偽物」だということでした。タイゴーストにはクリアの血が入っていることはみなさん周知の事実のはずですよね。しかし、当時Kさんが定めたゴーストザリガニの定義からするとタイゴーストはクリアの血が入っているのでゴーストザリガニの偽物ということになります。また、当方の記事を読んでいただいた方であれば分かると思いますがWILD個体に純血なんてありえません。そしてゴーストザリガニとはもともと屋外採取されたWILD個体です。人間の手で作ったわけではありません。つまりいろいろとかなりおかしな話です。冗談みたいに感じるかもしれませんがこれ全部本当の話ですよ。事実です。

WILD採集された色変ザリガニに純血など存在しない | 自然保護とザリガニの科学ブログ
最近「WILDクリア」というワードをたまに目にします。「WILDクリア」と言われるとなんだかよく分からないけど凄そうっていうイメージを利用して無責任にブランド化するだけでどのあたりが凄いのかを説明しない(分かっていないから説明できない?)た

この馬鹿げた定義のおかげで世界的に有名なザリガニブリーダー北代さんが作出した世界的に評判の高かったゴーストザリガニがなぜか日本のザリガニ業界では全く評価されずに偽物のゴーストザリガニという扱いを受けて歴史上闇に葬りさられています。2013年くらいの話です。

北代さんが作ったゴーストザリガニで有名な個体は「紅白ザリガニ」、「北代スペシャル1」、「北代スペシャル2」どれも新聞テレビなどのマスコミに取り上げられるくらい話題だったんですよ。サンシャイン水族館で展示もされたそうです。しかし佐倉のホームページには北代さんの名前が出てくる記事はなにひとつないですよね。なぜでしょうね。

タイゴーストが出てくるよりずっと前にこれらのザリガニを作出していたんですよ。

その北代さんと切磋琢磨してゴーストザリガニの改良に励んていたザリガニ仲間がタイなど世界各国にいまして(当時そういうザリガニコミュニティがあったそうです。)そういった方がその数年後にタイゴーストを作成するに至りました。

こういった一連の事実を公平中立な第三者を自称する方は全てご存知でしたが見て見ぬふりをされてます。

佐倉ザリガニ研究所・ザリガニQ&A/メール編

そして佐倉のホームページにはタイゴーストに関連する記事もなにひとつないですよね。観賞魚業界で久々の大ヒット商品だったアメリカザリガニのタイゴーストがですよ。なぜでしょうね。すごくおかしいと思いませんか。闇に葬り去りたい都合の悪い事実でもあるんでしょうかね?これは憶測ですが。

JOCAタイゴースト正規輸入

タイゴーストは2016年くらいから日本に輸入されるようになりましたが前述のゴーストザリガニの定義を定めてゴーストザリガニの販売を独占しようとしていた「ザ・ゴースト」張本人が新たに目論んだのがJOCAという偽団体を捏造することによるゴーストザリガニの輸入販売の独占でした。

JOCA(Japan Official Crayfish Alliance) | 自然保護とザリガニの科学ブログ
前回の記事の最後に出てきたJOCA(Japan Official Crayfish Alliance)ですがいったいこれは何でしょうか?これまで疑問に思った方は多かったはずです。グーグルで検索するとこんなページ()がでてきました。爆笑しない

公平中立な第三者を自称する方はJOCAの件もご存知のはずだと思いますが見て見ぬふりをされてますよね。真面目にタイゴーストを輸入販売されていた業者の間ではJOCAなんてものが突然出てきて大混乱だったそうですよ。なぜこの件について佐倉ではなにも書かれていないんでしょうね?

大人の事情・大人の都合

大人の都合大人の事情なのかもしれませんが佐倉のホームページには公平性に欠ける部分が散見されます。とはいえ、WILDザリガニの産地等に関する情報はあれ以外に他に情報がないためとても重宝しておりますしとても感謝しております。

むしろ当方がいろいろ言い過ぎなのは自覚してます。検証をやるたびにどなたかの発言のデタラメさを証明する結果となりややアンタッチャブルな感じになりつつありますよね。大人の都合、大人の事情は多少は配慮するべきなのかもしれませんよね。

ただ、それって結局事実に反しますよね。当方はザリガニで金儲けしたいわけではなく、評判とかまぁどうでもよく、未解明の謎をいろいろ追求したいだけなんですよね。すごく難しいですよね。最初から誰も嘘をつかないでほしいと切実に思います。

『ザリガニで金儲けしてるのに公平中立第三者とは』へのコメント

  1. 名前:kanisan 投稿日:2018/06/09(土) 23:46:27 ID:21911554e 返信

    応援しています^^

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2018/06/10(日) 10:27:53 ID:1e2c0b094 返信

      ありがとうございます!!