クヌギ落ち葉の処理方法

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

クヌギの落ち葉はいつもネット購入してますが、ザリガニに与えてみたかったので今回初めて自分で採集してきました。昆虫スポットになってるクヌギ林のクヌギですので農薬の心配はないはずです。

ちなみに年に数回農薬が散布されていたとしても農薬は水に溶けやすい性質があるため雨などですぐ流れてしまいそこまで気にする必要はないはずです。

これを水洗いしますが最初からダイソーのランドリーネットに入れてしまいました。

円筒形を使用してるのがポイントです。

これを水洗いします。水洗いすることで付着してるダニなどの微生物を落とします。

水洗いした段階ではあまりアクはでませんでした。

これを鍋で茹でます。

取り出したところがこちら。かなり濃いアクが出ました。

取り出した落ち葉はネットごと軽く水洗いします。この段階でもアクがでます。アクが出きったところで処理完了です。

マジックリーフ

アク抜き処理しないて水槽にそのまま落ち葉を投入しますと上の鍋のようなアクが水中に出ます。ただしこのアクマジックリーフのように殺菌効果があるはずですので基本的に問題ないどころか有効だとは思いますが殺菌を兼ねて当方はアク抜き処理をしてます。ちなみにいずれ書きますがザリガニ飼育のphは中性から弱酸性がよい(一般的にはアルカリが良いとされてますが)です。水を弱酸性で安定させる効果もマジックリーフ同様落ち葉にはあります。

6/17追記:落ち葉にはタンニンが含まれていましてこれは殺菌作用などがありワイルドベタやメダカ等の飼育に際してかなり有効だとされています。ただし副作用としてフィルターが目詰まりしやすくなります。したがって落ち葉を入れる場合でも1枚程度にとどめておいたほうが無難だと思います。どうせそれほど食べませんし。また、フィルターが目詰まり防止のためよりこまめな掃除も必要となります。

長期保存するには天日干し

さらに天日干しすることで落ち葉を長期保存することもできます。当方は全部使い切るためそのまま使いました。どなたか大量に処理済クヌギの落ち葉をヤフオク出品していただけますとありがたいですね~

ザリガニに与えてみた

クヌギの落ち葉をザリガニの水槽に入れてみました。

結果としてはあまり食べません。食べる個体は食べましたが。

腐葉土はかなり食べる

落ち葉はなかなか食べませんが上の写真でも入れてますが腐葉土すごくよく食べます。ザリガニは落ち葉より落ち葉が分解された腐葉土を好むようですね。デトリタス食性があると言われますしそういうことなんでしょう。

デトリタス (Detritus) とは、生物遺体や生物由来の物質の破片や微生物の死骸、あるいはそれらの排泄物を起源とする微細な有機物粒子のことであり[1]、通常はその表面や内部に繁殖した微生物群集を伴う。陸上の土壌に混入した有機物片のことを指す場合もあるが、多くの場合は水中のそれを指す。プランクトンとともに水中の懸濁物(けんだくぶつ、セストン)の重要な構成要素であり、堆積物にも多く含まれる。

デトリタス - Wikipedia

クヌギの葉=カロチン

前回の記事でも書きましたがクヌギの葉=カロチンです。したがってザリガニの色揚げに効果があります。ちなみにこれは当方が言い出したことではなくクヌギの葉をザリガニ水槽に入れることは昔からよくやられていること、先人の知恵です。

あと『シュリンプクラブ2018年03月号』のお坊さんの記事で「クヌギの葉を与えると体色が鮮やかになる」と書かれています。

最初読んだ時は理由が良く分かりませんでしたがクヌギの葉にはカロチンが豊富に含まれておりそれがザリガニの赤や青の色素の元となっているためです。いろいろ調べて理解しました。

ザリガニの色揚げ=カロチン=広葉樹の落ち葉=腐葉土
5/4追記:落ち葉を入れるとphが急変する可能性があるため現在検証等してます。実際に試す場合には下処理を十分にしてアク抜きをした後のほうが無難だと思います。

非常食・放置餌として有効

クヌギの葉は非常食、放置餌としても有効です。長期間水中に入れっぱなしにしておいても長期的に分解されてデトリタス化していくことはあっても直ちに腐って水を汚すことはありません。

反対に腐葉土はすぐ食べてしまうため非常食にはならないと思います。アナカリスも非常食として有効でザリガニ飼育の定番中の定番ですね。アナカリスのようなカロチンを多く含むものを与えるか与えないかでザリガニの発色は大きく変わります

ちなみにザリガニに与える餌について最近いろいろ検証してますが当方は一貫しておとひめなどの人工餌をおすすめしてます。下の記事は2018年1月の記事です。

おすすめのザリガニの餌 | 自然保護とザリガニのブログ
ザリガニの餌について「どんなものを使ったらよいですか?」や「何を使ってますか?」とよく質問をいただきます。おそらく色揚げの餌の使用の有無が知りたいんだと思いますが当方は基本的に色揚げの餌は使用していません。アナカリスくらいです。以下、ザリガニの餌について簡単にまとめてみました。ゴーストザリガニとクリアザリガニの餌につい

嗜好性だけでなく栄養バランス消化吸収水の汚しにくさなどをメーカーが多額の開発費をかけて開発しているからです。個人が太刀打ちできるレベルの話ではありません。これにプラスしてアナカリス腐葉土落ち葉卵の殻などを必要に応じてたまに与える、もしくは放置餌として水中に入れっぱなしにすることで重要なカロチンやミネラルをザリガニ自身が選んで補給できる環境にしておくのがベストだと思ってます。

生態系における分解者

落ち葉を拾う際見つけたので捕まえてきました。ダンゴムシです。

かなりきれいだったので色素変異かなと思いましたが

帰宅して調べてみるとオカダンゴのようでした。オスが全身黒、メスは写真のようにところどころ黄色い斑点が入るようです。ちなみにこういったダンゴムシやワラジムシはザリガニと同じ甲殻類でかつ、生態系における分解者です。ザリガニも生態系における分解者です。甲殻類全般的にそういった傾向があるんでしょうね。

ダンゴムシなどとザリガニは意外と共通点があって面白いですよ。飼育方法は全く違いますが当方は基本的に同じだと思っています。ダンゴムシやワラジムシは人参を非常によく好み餌として人参はよく使われます。そして腐葉土落ち葉はダンゴムシ飼育の基本中の基本の床材です。

スポンサーリンク

『クヌギ落ち葉の処理方法』へのコメント

  1. 名前:Marume 投稿日:2018/06/24(日) 19:35:58 ID:a7ee59baf 返信

    ミミズやダンゴムシや糞もデトリタスで腐葉土に近い物質ですけれど
    それらを単体で与えた時のザリガニの嗜好性はどんな感じなんでしょうね

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2018/06/24(日) 20:33:32 ID:041286fdf 返信

      Marumeさんはじめまして!

      かなり面白いご意見だと思います!ミミズはまだ1匹しか与えたことがありませんが食いつきが半端ないと感じました。あれは相当好きだと思います。釣り餌としても利用されるくらいですし。ダンゴムシは嗜好性としてはそこまで高くないように感じましたがカルシウム豊富で餌として適していると思います。

      ザリガニの消化器官はかなり未熟です。したがって落ち葉ではなくすでに分解されたデトリタスや腐葉土などを好むと考えていますが糞に関してはもしかしたら食べているのかもしれません。だいたいザリガニは常に底をつついて有機物的なものを探してますし。ちなみに同じ甲殻類のダンゴムシは糞を食べるようですしゴキブリの中には食糞をしてバクテリアを体内に定着させて消化に利用してるものもいるようです