ミステリークレイフィッシュ特定外来指定に関する報道の真相

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

先月2018年5月にミステリークレイフィッシュに関して新聞社から下記2件のニュースが発表されました。特に2件目、5/18に発表されたニュースには明確に「環境省は(ミスクレを)特定外来生物に指定する方針だ」と書かれていました。

  1. 5/05 産経ニュース 「謎のザリガニ 自然界への新たな脅威に」
  2. 5/18 読売ニュース 「雌だけで増殖 ザリガニ脅威に」

しかし、みなさんだいたいご存知だと思いますがミスクレが特定外来生物に指定される予定は今のところ一切ないです。

環境大臣の質疑応答

ご存知の方はご存知のはずです。2件目の記事が発表された5/18の数日後の5/22に環境大臣が記者会見でミスクレに関して回答を行っています。その内容が環境省のホームページに掲載されています。詳細は下のリンクをご覧ください。これが環境省としての現段階でのミスクレに関する正式なスタンスです。

環境省_中川大臣記者会見録(平成30年5月22日(火)9:07~9:36於:環境省第1会議室)
1.発言要旨  本日、環境省が経済産業省と共同請議を行った「特定工場における公害...

記者がでっちあげたフェイクニュース

上の記者会見の内容を読んでいただければ分かるとおり環境省は数年前からミスクレを問題視していますが最近特別何かが進展したわけではありません

つまり、先月の2件のニュースが発表されたタイミングで環境省が何らかのアクションをしたという事実は一切ありません。すなわちどちらのニュースも記者のでっち上げ、フェイクニュースです。

記者なんていい加減

記者なんていい加減ですよ。「新聞が売れればいい」、「本が売れればいい」、「給料が増えればいい」、「儲かればいい」それが一番の目的ですからね。

完全な誤報

5/18の読売新聞のニュースには「環境省は(ミスクレを)特定外来生物に指定する方針だ」と書かれていましたがこれは完全な誤報です。

そしてこのニュース、もしかして当方の憶測ですがTwitter上等の反応が当時「ミスクレ特定外来指定不可避」って感じだったことからそういった反応を見た記者が憶測で書いたニュースなのではないでしょうか?他にも数箇所おかしな点がありますし

こういうツィートをよく見かけますよね。マスコミがバイトを使っていろいろ情報収集させてるんだと思います。

イベントでのミスクレ販売中止宣言

5月のニュースを受けて「今後イベントでのミスクレ販売はしません」と宣言されてる方がいらっしゃいましたね。しかし、今まで販売していたことのほうがかなりおかしいのでは?

ミスクレの危険性は環境省が数年前から再三にわたって注意喚起しています。

当方もミスクレ販売してました

当方も一時期ミスクレをネット販売してましたのであまり偉そうなことは言えませんが早々に撤退してます。しかもイベント販売は興味本位で飼育を始める新規の飼育者がかなり多いはずですのでネット販売よりかなりやばいと思います。

むしろ北米系を販売しないほうがいいのでは?

いまさら「今後ミスクレの販売はしません」と宣言するよりむしろアメリカザリガニ以外のアメリカザリガニ科(通称北米系)のイベント販売をやめるべきだと思うのは当方だけでしょうか?

ちなみに環境省が発表してる外来生物に関する文献ではミスクレは「Procambarus fallax」と併記されておりミスクレは他の北米系と並列で扱われています。そして現在どちらも未判定外来生物に指定されています。ミスクレが屋外越冬可能だということは当然他の北米系も屋外越冬可能です。

北米系の飼育はマイナーな趣味に戻ったほうがいいのでは

「北米系を特定外来生物に指定して欲しくない」、「なんとか見逃して欲しい」と願うザリガニ飼育者はかなり多いと思いますが(当方も切にそう願ってます)その一番確実な方法としては新規の飼育者をお断りして既存の飼育者も絞っていってマイナーな趣味にすることだと思います。飼育者が少なければ少ないほど放流など様々なリスクが減少するからです。少し前に爬虫類界隈でも同じようなことが言われてましたね。

関連するツイはいろいろありますね。ぜひこちらも参考に

逆にアメザリの飼育者はどんどん増えたほうがよい

矛盾するようですがアメリカザリガニに関してはどんどん飼育者が増えたほうがよいはずです。金魚レベルにメジャーな趣味として定着してしまえば特定外来生物に指定することが困難になるからです。金魚や錦鯉だって外来生物です。

また、「飼育者が増える=放流リスクアップ」となるのは事実ですがアメザリに関してはいまさら放流されたところですでに日本全国どこにでもいますしそんなのローカルニュースになることすらないです。ただし放流は絶対NG(そんなの当たり前でみんな分かってること)です。

むしろアメリカザリガニに関しては在来のイモリやサンショウウオなどの生息地の近くでは積極的に駆除するなどしてなんとか在来種と共存していく方向を探るべきだと思ってます。

スポンサーリンク

『ミステリークレイフィッシュ特定外来指定に関する報道の真相』へのコメント

  1. 名前:bf.6810 投稿日:2018/06/20(水) 18:19:35 ID:5567949b1 返信

    おひさしぶりです。
    6月2日に、ペアリングしてるのを見ました‼
    20日までまだ一緒に飼育しています。

    メスは、まだセメント線はでていません。
    まだ一緒に飼育していても大丈夫ですか?ρ(・・、)

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2018/06/20(水) 21:35:26 ID:4cabf306d 返信

      bf.6810さんこんにちは!お名前は個人情報でしたのでこちらで適当に変更させていただきました。

      アメザリでよろしいでしょうか?アメザリであればペアリングさせたらメスだけ静かな場所に隔離するのがよいと思います。ペアリングを数日に分けて数回やる方もいますが個人的にその必要は全くないと思ってます。当方の統計ではペアリングした際に1~2回ガッツリ交尾しているのを確認できたらそれで繁殖に失敗することはありません。

      セメ腺がまだ出てないとのことですが交尾の際にオスから受け取った精包は半年くらいは有効のはずですのでおそらくもう交尾させなくても隔離しておけばそのうちセメ腺がでて勝手に抱卵するはずです。

      • 名前:bf.6810 投稿日:2018/06/21(木) 12:19:48 ID:1516f08b7 返信

        ありがとうございますm(__)m
        アメリカザリガニです。
        今日から、離脱させてもちゃんと産卵しますか?

        • 名前:ザリラムズ 投稿日:2018/06/22(金) 00:13:17 ID:bedfdd15f 返信

          とくに慌てる必要はないと思いますがそのうち必ず抱卵しますよ