レッドビーシュリンプの赤の色揚げ

 

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。もともと知ってたヅラもしないでください。

前回ご報告させていただきましたが今更ながらブログ村に登録してみました。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ

シュリンプのカテゴリにも登録してますので今後はシュリンプについても記事を書いてみようかと思います。

ザリガニの赤はカロチンの赤

アメリカザリガニの赤い色はカロチンの赤であることはよく知られています。ザリガニは赤い色素を自分で作ることができず餌として取り込んだカロチンを外骨格に蓄積することで赤く発色しています。つまりザリガニにカロチンを与えなければ基本的には赤く発色しません

カロチンはシュリンプの赤の色揚げになる

この話は何もザリガニに限った話ではありません。シュリンプについても同じはずです。

理由はカロチンを外骨格に蓄積するのはザリガニだけの話ではなくカニロブスターなど甲殻類共通だからです。

【閲覧注意】黒いザリガニシザー解剖画像
黒ザリが死んだので解剖してみました。 箇条書きでいきますよ~ グロい部分もあるので苦手な

オキアミはカロチンを豊富に含む

オキアミについてはみなさんご存じだと思いますが下のようなものです。

乾燥した状態ですと色はです。

写真引用元:暮らしーの

しかし、生きてる状態のオキアミは上の写真のように透明です。

生の状態だと透明なのに加熱すると真っ赤になる理由は下のページを読んでいただきますと分かるはずです。カロチン=アスタキサンチンが関与してます。

レッドビーシュリンプをやられてる方はかなりコアなアクアリストが多いと思いますのでここまで説明したらだいたいご理解いただけるのではないかと思いますがカロチンはレッドビーシュリンプの色揚げにも有効なはずです。

ほうれん草落ち葉などの植物性の餌には漏れなくカロチンが含まれています。また外骨格にカロチンを蓄積しているオキアミにも豊富にカロチンが含まれています。こういったものを副食として与えることでレッドビーシュリンプの赤の色揚げができるはずです。

ただし、レッドビーシュリンプの赤はカロチンだけではなくあと3つくらい要素があります。今回は書きませんがザリガニと基本的には共通してるはずです。