タイゴーストの繁殖方法についてまとめました

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

タイゴーストなどのアメリカザリガニの繁殖方法についてまとめてみます。

なお当記事はブラックキング、ゴールデンキングなどの他のアメリカザリガニ、あとはフロリダブルーなどの繁殖についても共通です。

ちなみのこの記事は2017年10月に書いた記事を読みやすく修正したものです。

タイゴーストとは

まず最初にタイゴーストについてから。

タイゴーストとはタイから進化したゴーストザリガニとして日本に逆輸入されるようになったもの、アメリカザリガニ(Procambarus clarkii)の色素変異種です。

したがってタイゴーストはちょっと色などがカラフルなだけで日本全国各地の池などにいる普通のアメリカザリガニと全く同じです。繁殖も簡単です。

繁殖を目指すのであれば複数ペア

ただしいかにタイゴーストなどのアメリカザリガニの繁殖が簡単だとはいっても、ザリガニのオスメスにはそれぞれ繁殖できるタイミングがあったりするため繁殖を目指すのであればペア飼育ではなく複数ペア、もしくはオス2匹メス多数というように持ち球を多数持つのがおすすめです。

簡単だとはいえ1ペアだけで繁殖までこぎつけるのにはある程度経験が必要です。

タイゴーストの稚ザリの数

アメリカザリガニはかなり繁殖力が強く、一回の繁殖で300~500匹くらいの赤ちゃんが産まれます。

タイゴーストであってもそれは同じです。

ザリガニの繁殖方法

ここからが本題です。ザリガニの繁殖方法をまとめると次のとおりです。

  1. ザリガニ繁殖はまず繁殖可能サイズ(後述)に育てる(用意する)ことから始まります。
  2. 成熟したペアを用意できたらメスにセメ腺(後述)が出るまで待ちます。
  3. セメ腺が確認できたらペアリング(後述)します。
  4. 交接が確認できたらメスだけ隔離して静かな環境で飼育します。
  5. メスに準備ができしだい抱卵します。だいたい大潮の日が多いです。
  6. 抱卵したら何事もなければだいたい1ヶ月後に稚ザリが孵化します。

繁殖可能サイズについて

タイゴーストなどのアメリカザリガニの繁殖可能サイズは目安としてはだいたい尻尾から頭の先まで6センチくらいとなります。慣れてくると見た目で判断することもできるようになります。

見た目による判別方法としては色が濃く鮮やになることです。

この写真が分かりやすいかなと思いました。なお脱皮直後が外骨格が柔らかいため数週間経過してからペアリングするようにしてください。爪が欠けます。

セメント腺(セメ腺)について

ザリガニは抱卵するとお腹に卵を抱えますが、お腹に卵を接着させる物質がセメント腺(セメ腺)だと言われています。

ザリガニのメスは繁殖サイクルに入ると尾扇の内側に動画のように白いセメント腺が発達してきます。

ちなみに尾扇とはエビフライの尻尾の部分です。動画の個体はセメント腺がかなり発達しているため外側から透けて見えていますが実際にセメント腺が出ているのは尾扇の内側です。

セメ腺発達の初期段階ではセメ腺は外側からは透けて見えないためセメ腺が出ているかどうかはザリガニを持ち上げてお腹側から確認します。

ペアリングについて

ザリガニのペアリング(交配)とはオスとメスを交接させることをいいます。ペアリングのやり方は人それぞれ違うと思いますが当方は次のように行っています。

  1. セメ腺が出たメスとオスをバケツに投入する
  2. バケツにはエアレをする
  3. やる気満々のペアだと即交接します
  4. なかなか交接しない場合はオスを取り替える
  5. メスがあからさまに嫌がって抵抗する場合はペアリングを中止する

なお、ペアリングは日中行うのが一般的です。ザリガニは夜行性ですが交接や脱皮は日中に行うとされているためです。

こちらのツィートも参考にしてみてください!↓

ザリガニのペアリングにはタイミングがある

ザリガニのペアリングにはタイミングがあります。ただしタイゴーストなどのアメリカザリガニの場合にはタイミングを気にする必要は特にありません。成熟してればだいたいOKです。

北米種ザリガニの繁殖についてはこちらも参考にしてみてください。

北米種ザリガニの繁殖は難しくない。繁殖成功のコツを大公開
レアめな北米種ザリガニは繁殖が難しいと考えてる方が結構多いと思います。 しかしそんなことはないですよ。Procambarusであれば繁殖は難しくないです。

メスが嫌がるときはペアリングを中止する

ペアリングした際にメスがオスを嫌がる場合がありますが、その場合はペアリングは中止してください。繁殖準備ができてるメスは通常全く抵抗することなくオスを受け入れます。

抵抗するということはなんらかの原因があるはずだからです。

あからさまにオスを嫌がる場合はすでに交接済みで排卵段階に入っているためオスを「外敵」と認識してる可能性が高いです。

やる気のないオスもいる

ペアリングしてもなかなかメスと交尾しようとしないやる気のないオスもいます。そんな場合は別のオスを使うのが楽ですが他にオスがいない場合には

  • 水を新しいものに交換する
  • エアレを強くする
  • 水温をあげる

などしてザリガニの活性をあげるのもひとつの手です。

スポンサーリンク

『タイゴーストの繁殖方法についてまとめました』へのコメント

  1. 名前:のぐ 投稿日:2017/10/24(火) 20:13:40 ID:e6d0f4c04 返信

    先日はお世話になりました。タイゴーストとスケミッティを落札したものです。
    両方とも1週間たっておりませんが元気です。スケミッティは人影、ライトの光におびえるようで
    なかなか見かけられませんが、朝になると餌が消えてますしライトをつけると陰に隠れます ^^
    タイゴーストはコケだらけの流木もあっという間に奇麗にしてくれ
    餌もバンバン食べてますし意外と協調性も良いようで脱皮2匹した模様ですが、
    喧嘩もせずに元気にしてますがもう少し隠れ場所増設しようと思案中です。
    困ったことにタイゴーストはラムズが大好物な模様でサービス?で入っていたブルーラムズは
    両方水槽に離した瞬間食われました・・・水槽に離していたピンクラムズも既に7~8匹食われてます。
    1匹は2cm位の大きさだったのですがそれがブルーラムズの次に食われました! ^^;
    身を食べた後の殻も毎日無くなってきてるのでバリバリ食べているのでしょう
    シュリンプもラムズ食うのですが、ザリの食い方はすごいです!!
    ハサミを殻の中に突っ込み食ってます、その後は殻をハサミでジョキジョキ(切れてるかは?)
    刻んで食ってます! ^^;
    ラムズサイトの方を見ると残餌処理はアップルスネールの方が良いのですかね?
    バイオレットラムズの出品予定とかありますか?高価な餌になりそうで怖いですが・・・

    • 名前:bredinjptyo 投稿日:2017/10/24(火) 22:01:20 ID:b4707d4b5 返信

      のぐさんこんにちわ!

      とても順調のようですね。ご報告ありがとうございます。ザリガニはラムズ大好きですよね。

      バイオレットは近々出品予定がございます。ただしおそらく5ミリくらいでの出品となるためタイゴーストの水槽に入れるのであれば2センチくらいまで育ってからのほうが無難かと思います

      それよりは残り餌処理でしたらラムズホーンがいいかと思います。個体差もありますが食べる個体は全部食べてしまうため別水槽で殖やしつつたまにザリガニの水槽に投入すると餌にもなって一石二鳥だと思います。ラムズを与えると栄養状態が良くなるのか発色もよくなると思います。

      あとはアンモナイトスネールも良いと思います。現在タイゴーストの稚ザリの水槽にはアンモナイトスネールの1センチくらいのものをたくさん入れています。アンモナイトスネールですと殻に蓋があるのと殻が硬いのか今のところは食べることができないようです。アンモナイトスネールは在庫ございますのでこれから出品いたしますがまだ1センチ未満ですので1センチか2センチくらいに育ってから投入した方がいいと思います。

  2. 名前:のぐ 投稿日:2017/10/24(火) 22:40:04 ID:e6d0f4c04 返信

    アドバイスありがとうございます。やはりザリは大好物でしたか 
    どうやら家のタイゴーストは6匹すべて大好物の模様です 笑
    アンモナイトスネールも良いのですね!
    タイゴーストは現在ベアタンク+流木+アマゾンフロッグピッドですので
    やはり、底砂+αに変更する必要ありそうですね!
    貝育成水槽を立ち上げた場合、10リットル程度の小型水槽で水温18度、スポンジフィルター、
    光殆ど無し(保温最優先で種々覆うため)で行こうかと思いますが大丈夫ですかね?
    底砂等はラムズのサイトに記載してある方法で行く予定です。
    準備整いましたら落札してみますね!

  3. 名前:bredinjptyo 投稿日:2017/10/24(火) 22:44:37 ID:b4707d4b5 返信

    10リットルでその環境で全く問題ないです。
    当方は5リットルの水槽でアンモナイトは繁殖させてます。

    ザリガニの飼育は砂があったほうがよいですが、稚ザリの時は砂はないほうが個人的には管理しやすいと思います。

    • 名前:のぐ 投稿日:2017/10/25(水) 19:05:03 ID:a5c9c852f 返信

      〇〇さん、こんばんは。
      稚ザリは底砂無しの方が楽なのですね。暫くは底砂無しで飼育してみます。
      かなり明るい環境ですので暫くは隠れ家増設を考えるだけにしておきます。
      今見るとラムズが全く居なくなってました殻が2.5個! ^^;
      週末にでも貝水槽立ち上げてみます。
      その際は宜しくお願いします。