チタニウム=コバルトクラーキーではないか

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。あと「ネットストーカーラマシーザリガニ」さんはいい歳したおじいちゃんなんですからネットストーキングを辞めてください!(参考ページ

もしかしてタイ人ってコバルトクラーキーの存在を知らない可能性ってあるんじゃないでしょうか?

Titanium F2

K Jorpor Nptrainingさんの投稿 2018年6月16日土曜日

これはfacebookで見つけた動画で新品種チタニウムだとのことですが↑当方にはコバルトクラーキーにしか見えないです。

この写真(↑↓)は2018年3月くらいに当方がブリードしたコバルトクラーキーです。

適当な画像がなかったのでちょっと見づらいですが動画の個体と似てませんか?といいますか同じですよね?

コバルトクラーキーをブリードしたことがある方なら分かるはず。

この画像は当方が管理するコバルトクラーキーのアダルトメスです。

育成がよいため発色が良い(濃い青)ですが育成が下手だと色は薄い感じになります。

DragonZ Crayfishさんの投稿 2018年7月24日火曜日

これ↑とか育成が悪いコバルトクラーキーに当方には見えます。

K Jorpor Nptrainingさんの投稿 2018年8月3日金曜日

これ↑に関してはコバルトクラーキーがカロチン不足で色が薄くなってる感じにすごく似ています。

この画像は当方が管理するコバルトクラーキーのアダルトメスです。

特に意識してませんでしたがツヤってますよね。

DragonZ Crayfishさんの投稿 2018年7月22日日曜日

ちなみにこれ↑がチタニウムの金属光沢のようですが上のコバルトクラーキーのツヤと何が違うのでしょうか?

・・・ちょっとかわいそうになってきましたね。

チタニウムに特に恨みはないですしコバルトクラーキーはすごく価値があると思いますのでコバルトクラーキーがタイでチタニウムとして人気がでてるだけであればそれはいいことだと思います。

ただし、それが新品種として日本に逆輸入されてきて新品種として高額取引されてしまうのは日本人がカモられてるようでちょっと見てられません。

チタニウムのタイでの相場

なおチタニウムのタイでの相場ですが、こちらのページでは380バーツ(1000円ちょっと)で購入されてます。

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=153116415556511&id=136497017218451&tra=1&refid=52&__tn__=%2As%2As-R

タイでのザリガニブームはもう終わったとずいぶん前から聞きますしこれでも結構いい値がついたほうなのかもしれません・・・

コバルトクラーキーはかなり特殊

ちなみにコバルトクラーキーはかなり特殊です。ほとんどの日本のザリガニ飼育者はコバルトクラーキーのことを普通のブルーザリガニより濃い青になるくらいの認識しかないと思いますが実は違います。

発色の仕組みはそのうち解説したいと思いますが

遺伝的にアメリカザリガニの品種の中で唯一無二の存在です。

つまり、コバルトクラーキーのことをよく知らないタイ人がコバルトクラーキーを超すごいザリガニだと感じてもなんら不思議ではないです。それ自体は間違ってないです。

コバルトクラーキーのクロス

コバルトクラーキーは前述のとおり遺伝的に唯一無二です。他の品種とクロスした場合どんな品種のザリガニとクロスしてもF1は中間色の茶系になります。F2、F3と累代すると青が出るはずですが結果的にはあんな感じにブルーになるはずです。

説明が難しいですがホワイトクリア(クリアベースの白ザリ)のコバルトバージョンといったら分かっていただけないでしょうか?それって結局白ザリですよねと以前の記事で書きましたが

癒乃さえりさんの自称オリジナルホワイトについて
癒乃さえりさんがオリジナルホワイトを作出?されたとのことですがあれのどこがオリジナルなんでしょうか? 既に20

同様にそれってコバルトですよねと思ってます。

ブルーザリガニの比較

以前書いた記事ですがブルーザリガニブルーアレニー(フロリダ)コバルトクラーキーこの3種の比較をしたことがあります。

青いザリガニの色比較
アメリカザリガニ(Procambarus clarkii)に関してはゴースト、フェイド、クリア、カラー各種、さらにち

特に意味はないですが参考ということで。

『チタニウム=コバルトクラーキーではないか』へのコメント

  1. 名前:MATCH 投稿日:2018/08/08(水) 22:37:40 ID:bbd78d0ea 返信

    先日の色の件はありがとうございました。

    私もチタニウムの事はいろいろ調べてますが少し今回の記事に付け足しというか、
    意見をさせてもらいます。

    タイの値段と出てるのは、
    その日付に
    facebook内でやられてた
    オークションの価格だと思います。

    コメント欄に金額を投稿したりライブ配信中にコメントするようです。

    あとライブ配信などもチェックしてるのですが過去にコバルトと記載されたストック個体とチタニウムが一緒に写ってたのも見ました。

    コバルトはコバルトでどうやら所有されているようですよ。

    でしゃばったマネをしてすみませんでした

  2. 名前:ザリラムズ 投稿日:2018/08/08(水) 23:06:27 ID:9db1d833b 返信

    MATCHさんこんにちは!

    >タイの値段と出てるのは、その日付にfacebook内でやられてたオークションの価格だと思います。

    そうですね。ごく限られた範囲の参加者で行われたもののようですしこれが相場と言えるかどうかは不確かだと思います。ただ、タイのザリガニブームはもう終了していて相場も暴落してますしいろいろと日本人が知らされてる情報には誤りがあるんじゃないかと思ってます。

    >あとライブ配信などもチェックしてるのですが過去にコバルトと記載されたストック個体とチタニウムが一緒に写ってたのも見ました。

    その動画はもう見られないでしょうか?見てみたいです。

    チタニウムはコバルトがベースになっているのは確実だと思いますし日本に買い付けに来る(タイへのアメザリの持ち込みは禁止されてますが)ような生産者の方はコバルトを所有してるはずだと思います。

    コバルトそっくりなチタニウムに対して「それコバルトじゃないの?」と一般ザリガニ飼育者が声を上げないところからコバルトの存在は一般ザリガニ飼育者にはあまり知られていないんじゃないかな~と感じてます