新品種だと発表する前にまずは発色原理を解明するべき

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。あと「ネットストーカーラマシーザリガニ」さんはいい歳したおじいちゃんなんですからネットストーキングを辞めてください!(参考ページ

ザリガニは適当にクロス(異品種交配)してると結構おかしな表現が簡単に産まれます。それがザリガニのクロスの楽しいところでもありますが

例えばこんな感じとか

こんなのとか。

新品種をリリースする前にまずは発色原理を解明すべき

ちょっと珍しいものが産まれたらすぐに「新品種だ!」と言いたくなる気持ちはすごく分かりますがすぐに新品種だといってリリースしないでどういった発色原理になっているのかをある程度解明してからリリースしたほうがよいですよ。ただの趣味なら別にいいですが販売するなら特に。

発色原理が分かっていないということはリリースした本人もこれが新品種だという確証がないってことでじゃないですか?違いますか?

ザリガニの色なんて外的要因で簡単に変わるんですよ。

ザリガニは餌や飼育環境により色が変わる
ザリガニは外的環境(餌や飼育環境)により色が変わります。そのザリガニの体色に影響を与える要因をまとめると次のとおりで

また、自分がリリースしたのに発色原理を他の方に解明されるってすごくダサいですよ。シザーがまさにそうでしたよね。

新品種ではないと指摘されて反論できない

発色原理が分かっておらず新品種だという確証もないってことは「それは新品種ではない」と誰かに指摘されたらどう反論するんですか?まともに反論なんてできないですよね。反論できないから腹いせに相手に粘着したりと嫌がらせをするんですか?

ザリガニ村にはこういうタイプの方が多いですがそれは筋違いというものです。

これは声を大にして言いたいです。

固定率は関係ない

新品種に関して固定率は関係ないです。アルビノ(色素欠乏)であれば比較的簡単に固定化できますがアルビノ以外についてはほぼ100%固定化するのには長い年月が必要です。適当に70%だかよく分からない数字を持ち出してそれ以上の固定率なら新品種と呼べるとか思ってる方がいるみたいですが固定率なんて関係ないです。

メダカの新品種の固定率は低い

メダカの新品種としてリリースされるものって結構固定率が低いです。30%とかそれ以下もあるんじゃないですか?ただしこれはメダカ界隈ではいろんな方が品種改良をやっていて競争が激しいのでしっかり固定化までしてたら遅すぎだからです。

だから固定率なんて関係ないんですよ。固定率5%なら5%と明記した新品種がメダカ界隈にはありますね。固定率が低いってことは要するにいろんな因子のコンボだからってことなので逆に言えばより希少性が高いってことです。

ザリガニ以外の他業界だとこれは別におかしくもなんともないことですがザリガニ村では固定率を偽ってでも短期間で荒稼ぎすることが好まれますね。

短期的に利益をあげてもそれで評判が落ちたら意味がないどころか長期的に考えたらマイナスなのに身内には激甘ザリガニ村の体質だと何回でも復活可能だから関係ないんですかね。

『新品種だと発表する前にまずは発色原理を解明するべき』へのコメント

  1. 名前:ザリラムズ 投稿日:2018/09/10(月) 12:31:15 ID:f2be9dc0c 返信

    匿名希望さん長文コメントありがとうございます!

    >新品種関連は本当にモヤモヤしますね。

    そういう方すごく多いと思います。すごく胡散臭いことがあっても真実は飼育してみないことには分からないですからね。すぐ飛びつかないようにするのが最善の対策だと思います。

    >カッコいい証明書(実際は寒い)に憧れるだけの中二病患者という印象です(笑)

    ほんとそれですね。変なところで頑張りすぎなんですよね。ネーミングとか証明書とか。次回の記事で書きますがこれは新商品のプロモーションだと思ってます。

    >(省略)ブリーダーの義務だと思っています。

    おっしゃるとおりだと思います。みんな無責任すぎなんですよね。

    >理解してやっていたら詐欺ですよね

    新品種ではないものを新品種だと偽って販売したり固定できていないのに固定できてると偽って販売する行為は「詐欺」なんですよね。趣味の世界だからなんでも許されると考えてる方が多いみたいですが商行為(販売)を行う時点で商法の適用を受けますのでこういった悪徳商法は最大1億円の罰金があるということを理解して販売者は責任をもって誠実に取引するべきなんですよね。

    逆に騙されたと感じた方は泣き寝入りしないで訴えるべきだと思ってます。

    >多因子遺伝について理解していないと、F2、F3と累代が進むにつれて品種の特徴がぼやけて行きます。

    最近シザーやBKで黒い個体が減って青い個体ばかりになってきた理由にそれがあるように思います。発色原理が分かっていれば修正が可能なのでやはり発色原理は大事なんですよね~