ザリガニの正しい持ち方とかいう価値観の押しつけ

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

佐倉ザリガニ研究所のお爺さんがまたなんか言ってます。

情報発信したいことや問題提起したいことがあるならば自分で行動を起こせばいいのに何で他人任せなんですかね?無責任な方ですよね。

だいたいザリガニの正しい持ち方ってなんですか?

一般的なザリガニの持ち方

一般的にザリガニはこのように持ちます。

アメリカザリガニ

photo credit: バイク便八王子立川所沢

佐倉のお爺さんはこの一般的な持ち方は間違いだと言ってるみたいですが持ち方なんて人の勝手だし口出しするようなことじゃないです。

ザリガニに与えるダメージ

なお、上の写真のようにザリガニを手で持つ行為により

  1. 指の温度が伝わる
  2. 外骨格に圧力が加わる

こんな可能性は考えられます。

ザリガニのことを考えるとよくないと思う方は手で持つのは控えればいい話ですしそんなの気にしないと思う方は別に気にするような話ではないです。

ちなみに1.と2.共にザリガニに与えるダメージなんてほぼないですよ。理由は後述します。

価値観の押しつけ=老害

また、上記2つ以外の他に理由があるとして自分のやり方が正しいと自分で思ってるのは勝手ですが「これが正しい、そんなことも知らないの?」と言っちゃうのは完全な価値観の押しつけです。

何回も書いてますがいわゆる老害です。なぜいっこうに学習しないんでしょうか。

佐倉ザリガニ研究所流「ザリガニの持ち方」

しかも結局正しい持ち方っていうのは「ザリガニに挟まれないための持ち方」みたいじゃないですか。ザリガニのことを考えてたわけじゃないんですね。ただ自分が痛い思いをしたくないからじゃないですか。この方は本当にザリガニ飼育者なんでしょうかね?ザリガニを食べる専門の方?それはさておき、

年老いて反射神経が鈍ってるからそういう持ち方をしないと挟まれるだけなのにこの持ち方をすれば挟まれない!だから俺が正しいって・・・

ザリガニは「網で掬うのが理想」

当方の場合ですがザリガニを手で持つ際には一般的なザリガニの持ち方どおり普通に上から頭胸甲側部を挟んで持ちます。

青で囲んだ部分が頭胸甲側部です。ただし理想を言うならばザリガニは手で持つのではなく網で掬うべきでしょうね。つまり結論としては

ザリガニは網で掬うのが「理想」です。そしてザリガニの正しい持ち方なんてものはありません。好きに持てばいいだけ。

真夏の直射日光に当たっても平気

冒頭で後述すると言っていた下記2点について簡単に解説します。

  1. 指の温度が伝わる
  2. 外骨格に圧力が加わる

まず最初に「1.指の温度が伝わる」という点から。

ワイルドカラーのアメリカザリガニは真夏の直射日光に長時間当たっても平気です。また、アメリカザリガニは40度前後の高水温の環境でも生きられます。それなのに手で持った際に指から外骨格に伝わる僅かな温度がザリガニにダメージを与えると思いますか?

ただし気になる方は網で掬えばよいと思いますよ。本来それが理想です。

ドーム型の外骨格は外部からの圧力に強い

次に「2.外骨格に圧力が加わる」という点。

ザリガニの頭胸甲の外骨格はドーム型の構造になっており外部からの圧力をある程度分散することができるようになってます。したがって手で持つ程度の圧力は全く問題ないです。

ただし、脱皮後間もない個体を不用意に手で持つと外骨格がふにゃってしまうため理想を言えば前述のとおりザリガニは手で持つのではなく網で掬うべきです。

スポンサーリンク

『ザリガニの正しい持ち方とかいう価値観の押しつけ』へのコメント

  1. 名前:ギャンザ 投稿日:2018/11/24(土) 17:59:37 ID:df7aa435d 返信

    初めてブログを見させて頂きましたが少し気になったことがあったのでコメントに残しておこうと思います。

    確かにザリガニは高水温でも問題なく飼育できる生物であります。
    しかし、徐々に温度が上がっていって高水温になるわけであって比較的体温の高い人間が直接触った場合には部分的に急激な温度があるわけである程度のダメージはあると思います。
    温度合せをせずに水槽に入れるようなものです。
    触れる場所が小さい上に内臓等主要な器官が詰まった部分であるためいきなり水槽に入れるよりダメージが大きいかもしれません。

    次にこのTwitterの方が言っている推奨されるべき持ち方がこのブログ内に載っていませんのでわからずなんとも言えませんが一般的な持ち方より生体に対して安全であるならそちらの方がいいのではないでしょうか。

    最後にブログ主様の言う通り網で掬う方がストレスを与えないため良いのは確実です。
    よりストレスを与えない方法を推奨するという方向性ではブログ主様もTwitterの方も同じように思えます。

  2. 名前:ザリラムズ 投稿日:2018/11/24(土) 19:07:45 ID:7f49ea1be 返信

    ギャンザさんはじめまして!

    当方はザリガニを手でもったところで深刻なダメージを与えることはないと思っていますが記事でも書いたおり心配な方はやめればいいだけの話だと思います。「〇〇すべき」だとか「〇〇も知らないの?バカじゃねーの?」とか言うことが馬鹿げてると思ってます。

    >触れる場所が小さい上に内臓等主要な器官が詰まった部分であるためいきなり水槽に入れるよりダメージが大きいかもしれません。

    この点に関しては問題ないと思います。ザリガニの外骨格は上にかぶさってる構造になっており内部の上のほうはエラがもやもやするスペースになっており空洞に近いです。したがって手で持った際の僅かな熱が胃や心臓などの重要な器官にダメージを与えることはまず考えられません。このような構造になってるからこそ真夏の40度を超える直射日光を外骨格に浴びても平気なのではと考えてます。

    >よりストレスを与えない方法を推奨するという方向性ではブログ主様もTwitterの方も同じように思えます。

    Twitterの経津主っていう方が佐倉ザリガニ研究所っていう個人ホームページを昔書いた困ったお爺さんなんですが、その方はザリガニに対するストレスという観点からではなく挟まれて痛い思いをしないためという利己的な観点から正しい持ち方うんぬんと発言されてます。したがってその方と当方とは全く方向性が違うと思ってます。

    その方のツイにコメントされてる何人かの方と当方はおっしゃるとおり方向性は近いと思います。