アメリカザリガニが特定外来生物に指定されるという噂

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。あと「ネットストーカーラマシーザリガニ」さんはいい歳したおじいちゃんなんですからネットストーキングを辞めてください!(参考ページ

アメリカザリガニが特定外来生物に指定されるから飼育できなくなる、というようなが昨日あたりからTwitterで流れていたようですね。


発信元は癒乃さ●りさんみたいですがツイ消ししたみたいです。

そしてその後の経緯としては

どうやら自称大御所K●Gさんが環境省に直接電話したようですね。その結果環境省の担当者にそんな話はないと一蹴されたから今回の件はガセネタだったっていうオチになってるみたいですが・・・

これでみなさん一安心といった感じなんでしょうがちょっとおかしいと思いませんか?誰も何も疑問に感じないんでしょうかね?

ちなみに今回の騒動の発端となった癒乃さ●りさんは騒動の責任をとって今後ザリガニとは一定の距離を置くとのことです。ザリガニ販売はするけどザリガニは引退だそうです。ちょっと意味が分かりませんがそれは置いといて、本人が熟慮して決めたことでしょうし残念ですがしょうがないんじゃないでしょうかね?

環境省の担当者の回答に一体何の意味があるのか

話を戻しまして、自称大御所K●Gさんが環境省に直接電話したらそんな話はないって言われたそうですが、環境省の担当者の回答に一体何の意味があるんでしょうかね?

画像引用元:JBpress

消費税が将来的に20%か30%になるのは既定路線

例えば、消費税率は将来的に20%か30%まで上がるのが規定路線になってるようです。まぁどう考えてもいずれそうなるでしょうね。

しかし、この噂が本当なのか財務省に電話したらなんと言われると思いますか?

そんな事実はないって言われるに決まってますよ。

なぜならば、消費税率をアップする決定権があるのは財務省ではないからです。中学校で習いましたよね。法改正は国会で行われます

財務省が決めることではないのに財務省が「いずれ20%になるのは規定路線ですよ」だなんて言うと思いますか?そんなわけないです。

環境省にはアメザリの特定外来生物指定の決定権はない

今回のアメザリの件も同じですよ。「アメザリが特定外来生物に指定されるのは規定路線ですよ」だなんて環境省が言うわけがありません。

それなのに担当者に電話して〇〇って言われたから「○〇だそうです」ってTwitterで発言するって

未確定情報を流布した癒乃さ●りさんとやってることは同レベルなんですよね。クールでかっこいいとか言ってる人がいるみたいですがクールねぇ、、、って思いました。

そして繰り返しになりますが環境省にアメザリを特定外来生物に指定する決定権なんてありません。実質的にはあるんでしょうがあくまでも日本における立法の建前としては国会で承認されて初めて法律が改正されることになってます。そうですよね?

特定外来生物の指定は「法律の改正」です。環境省が一方的に決めることでありません

電話に出てくるのは下っ端担当者

あと環境省に電話して応答してくれるのは下っ端の担当者ですよ。言い方は悪いですが。

日本の官僚組織は完全なトップダウンになってます。下っ端の担当者ごときがアメザリが特定外来生物に指定される方向だとかそういう裏事情を知ってると思いますか?知ってるわけないと考えるのが自然じゃないですか?知ってるとしても担当者ごときが独断であれこれペラペラ言うと思いますか?下手なことを言うと情報漏洩で違法性を問われる可能性もあるんですよ。

一般の会社でも下っ端社員がまだ公式には未公開の情報をあれこれ電話でペラペラしゃべるなんてありえないですよね?

リーク情報だった可能性

最初の話に戻ります。今回の情報の発信元は癒乃さ●りさんですが、癒乃さ●りさんはガセネタをつかまされた可能性もありますがもしかしたらガセネタではなくリーク情報だった可能性も大いにありうると当方は思ってます。

つまり癒乃さ●りさんが言ってることは事実。

ただしあくまで可能性という観点から当方の感想を述べてるだけなので実際のところは何も分かりません。いったいどうなるんでしょうね。将来的に指定するかどうかの方向で検討が進んでるのは間違いないですが今回の騒動はただのデマであることを信じたいです。