クリアザリガニの青固定?

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。あと「ネットストーカーラマシーザリガニ」さんはいい歳したおじいちゃんなんですからネットストーキングを辞めてください!(参考ページ

先日記事に書いたブラック系クリアですが

ブラック系クリア
黒ザリとクリアを掛けると、ペアによって産まれる稚ザリの表現がガラリと違うようです。当方でよくあるパターンが稚ザリ全部

ヤフオク出品してますが固定カラーではないため売りにくいです。そして手も出しづらいんでしょうね。どう育つかさっぱり分かりませんしね。

ということで少し補足説明しておきます。

黒ザリのメラニズムは優勢遺伝する

以前の記事で書きましたがBKやシザーなどの黒ザリの黒はメラニズムです。そしてこのメラニズムは優勢遺伝します。

ザリガニのメラニズムは優勢遺伝する
BKやシザーなどの黒ザリがメラニズムだというのは先日の記事で書きました。 ちなみにメラニズムとはメラニ

メラニズムは優勢遺伝するため簡単に新しい表現が作れます。それが昨今の自称新品種の乱立に繋がってるわけですが。

累代によりメラニズムが強くなる

そしてそのメラニズムは累代により強くなります。

今回出品してるブラック系クリアの両親世代であるF1世代はこんな感じの表現でしたが

今回出品してる子供、F2世代はこんな感じになってます。

ちなみにこの写真の子は少し前に同じ交配(黒ザリ×クリア)でブリードしたものです。

明らかにF1世代よりメラニズム表現が強くなってるように思います。もう少し累代したら完全に黒ザリっぽくなりそうです。現状すでに黒ザリにみられるまだら模様が確認できます。

クリアのブルー固定化

クリアザリガニはブルーになりやすい傾向があると思いますが

このクリアザリガニのブルーは固定ではありません。

しかし今回出品してるF2世代はクリア表現をベースにメラニズムも発現してるため普通のクリアザリガニより青くなりやすい傾向がかなり強いです。もしかすると青系にしか育たないかもしれません。したがっていろんな環境で飼育してみて青にしか育たなければブルー固定に近いクリアザリガニを謳ってもよさそうですが

残念なことにメラニズムは累代により強くなってしまうため累代してるといずれ真っ黒に近くなってほぼ黒ザリになってしまうはずですのでブルー固定にはならないと思います。

適度に血を薄めつつブリードすればブルー血統くらいには言ってもよさそうですが。

頭胸甲側部の色抜けはクリアと関係ない

そういえばブラック系クリアは頭胸甲側部の色抜けが見られません。

また通常のクリアとは様子もだいぶ異なります。したがってこの個体をクリアザリガニと呼ぶことに異議を唱える方が出てくるかもしれませんがこれはクリアザリガニ(クリア表現も発現してるザリガニといった方が正確かも?)です。

一般的にクリアザリガニの特徴は頭胸甲側部の色抜けだと考えてる方が多いようですがこれは間違いです。以前記事でも書きましたが。

クリアザリガニの特徴・頭胸甲側部の色抜け
今回の記事はクリアザリガニの特徴についてです。 クリアザリガニはゴーストザリガニと比べて流通量が少なく、飼育者

テヘペロ酷似ザリガニ

そういえばこんなのも結構前に出てます

ザリガニ初心者さんのテヘペロというのによく似てますね。

クリアザリガニと比較するとこんな感じ。表現としてはクリアも入ってるんでしょう。

ブラック系クリアは累代していくと最終的にこれくらい黒くなってしまうと思います。