REALピンクザリガニ作成プロジェクトのその後

 

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。もともと知ってたヅラもしないでください。

以前記事に書いたゴーストザリガニのスーパーレッドに大阪産WILD色変を掛けてREALピンクザリガニを作成するというプロジェクトですが

産まれた稚ザリが結構成長してきました。

まだまだ小さいですがこんな感じ。

白ヒゲはF1で発現

予想通り白ヒゲはほぼ100%の確率で稚ザリに発現してます。両親白ヒゲですのでまぁ当たり前ですね。白ヒゲは優勢遺伝ではないと思いますが次世代で発現しやすい表現であることは間違いないと思われます。

大阪産のWILD色変っぽい全体的に白っぽくなる特徴も発現

面白かったのは大阪産のWILD色変っぽい全体的に白っぽくなる特徴も発現してることです。これは結構面白いです。

今回の稚ザリをF2まで累代したらうまくいけばREALピンクになりそうな気がしなくもないです。あとはいろいろ応用できそうです。例えば黒ザリにかけてみると通常の黒ザリの白ヒゲ表現とはまたちょっと違う感じにはなりそうですね。グレーっぽい感じとか。

Procambarus teziutlanensis

そういえばProcambarus teziutlanensis の件、卵の数がどうたらとかTwitterで偉そうなことを言ってたベテランザリガニ飼育者さんたちみんな黙っちゃいましたね。新年でとてもおめでたい時期なのにみんなお通夜状態なんでしょうかね。