クリアザリガニに関する記事いろいろ

 

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。もともと知ってたヅラもしないでください。

クリアザリガニについてこれまでいろんな記事を書いてきました。古い順から並べていきますと次のとおりです。それぞれの記事の概要も簡単に添えてみました。

クリアザリガニに本物も偽物もない。流通してるものは全て同じ血統↓

ヤフオク出品されてるクリアザリガニのルーツ | 自然保護とザリガニのブログ
この記事は2018年3月に公開したものですがいろんなゴタゴタはもう過去のことなので不要部分を削除して再公開しました。ヤフオク出品されてるクリアザリガニのルーツヤフオクで流通しているクリアザリガニの血統について興味がある方は多いと思いますので

WILD個体がベースになってるクリアザリガニにそもそも純血なんてありえない↓

WILD採集された色変ザリガニに純血など存在しない | 自然保護とザリガニのブログ
最近「WILDクリア」というワードをたまに目にします。「WILDクリア」と言われるとなんだかよく分からないけど凄そうっていうイメージを利用して無責任にブランド化するだけでどのあたりが凄いのかを説明しない(分かっていないから説明できない?)た

頭胸甲側部の色抜けはクリアザリガニの特徴ではない↓

クリアザリガニの特徴・頭胸甲側部の色抜け
今回の記事はクリアザリガニの特徴についてです。 クリアザリガニはゴーストザリガニと比べて流通量が少なく、飼育者

クリアザリガニの発色原理

結構いろいろ書いてきましたね。

しかし、クリアザリガニがいったいどのような原理であのような表現になっているのか?っていう核心部分についてはまだ記事では書いてません。これはまだ秘密です。

今書けるのはクリアザリガニの特徴だけなんですが簡単に書きますと次のとおりです。

  • 幼少期に外骨格がスケルトン状に透けているように見える
  • メラニン色素は欠乏していない

たった2行ですがこの2行はかなり奥が深いですよ

この写真はザリガニを始めて初期の頃にブリード育成したクリアザリガニです。かなり綺麗な色をしてますよね。今でもこれを作ろうと思えば作れますがこの発色に仕上げるのは結構大変です。なおクリアザリガニをこの色で固定とかは無理でこのような色に仕上げてるだけです。

(本文とは関係ないです、といいつつ関係あるかも)

クリアザリガニとゴーストザリガニの違い

そういえばクリアザリガニと非常によく似た表現にゴーストザリガニというものがいます。タイゴーストの登場で一気に有名になりましたね。

そのクリアザリガニゴーストザリガニ、非常によく似た表現です。この両者、違いが分かる方っていますか?下の写真の左がクリアで右がゴーストです。

 

なお、クリアザリガニとゴーストザリガニの違いを明確には理解してる人は世界中に誰もいないはずです。ぜひともこの違いを考えてみてはいかがでしょうか?今回の記事で少しヒントも書いてます。