カロチン(アスタキサンチン)はザリガニの青の色揚げになる

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。あと「ネットストーカーラマシーザリガニ」さんはいい歳したおじいちゃんなんですからネットストーキングを辞めてください!(参考ページ

ザリガニの餌に関して最近いろいろと話題になってるようですのでタイトルの件解説してみたいと思います。

カロチン(アスタキサンチン)は一般的に赤の色揚げである

カロチン(アスタキサンチン)は一般的に赤の色揚げになるとされてます。それはザリガニも同じです。

カロチン(アスタキサンチン)を摂取するとアメリカザリガニは色が赤くなります。

しかし青の色揚げにもなる

しかし、カロチン(アスタキサンチン)が「青の色揚げ」になる場合もあります。それがアメリカザリガニの色素変異です。

ザリガニの色素変異は色素に関して異常がある

アメリカザリガニの色素変異個体は色素に関して異常(変異)があるためカロチン(アスタキサンチン)を摂取しても正常に赤くならない場合もあります。

つまりそれがザリガニの色変だということになります。(例外もありますが)

一番分かりやすい例がコバルトクラーキーです。

あとはフロリダブルーやフロリダハマーという流通名で流通してるブルーアレニーもそうです。

クラスタシアニンの過剰生成

この両者(コバルトとブルーアレニー)に共通しているのは青化がクラスタシアニンの過剰生成(ただしあくまで当方の意見)だという点です。ニホンザリガニの北の瑠璃もおそらくそうではないかと思ってますが実物を見たことがないため分かりません。

コバルトクラーキーの色彩表現の仕組みを大公開
コバルトクラーキーについて記事を書いてほしいとの要望をいただきましたのでコバルトクラーキーのあの濃い青の発色の仕組み

なおコバルトクラーキーについては以前記事に書きました。

色揚げの方法はザリガニの品種ごと異なる

ザリガニに何を与えると色がどうなるのかはアメリカザリガニの色素変異の種類ごと(つまり品種ごと)異なります。つまり色揚げの方法も品種ごと異なります。

また、カロチンを与えても全く色が変わらない色素変異の種類(品種)もいます。

これ以上は書きません。いろいろ考えてみてはいかがでしょうか~。ザリガニはすごく単純なので色素変異の仕組みを理解する教材として最適だと思います。

自分が理解できないものを苦しみながら理解できるまで追求するか、理解できないものは単純に拒絶して否定するか、

人それぞれだと思いますが当方は前者のタイプです。