ザリガニ飼育に最適な水質についてまとめました

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

ザリガニ飼育の水質についてはいろいろなことが言われてます。サンゴをいれてアルカリ寄りにしたほうがよい、硬度(GH)を高めにしたほうがよい、炭酸塩硬度(KH)を高めにしたほうがよい、などなど、、、

おそらくこれらは間違ってはいないとは思います。しかしアメリカザリガニの飼育に関しては全く気にする必要がありません

なぜならばアメリカザリガニは日本全国どこにでも生息してます。どこにでも生息してる生き物の飼育に正解なんてないんですよ。なんだっていい。極端なことを言ったら全部正解です。

ちなみのこの記事は2018年4月に書いた記事を読みやすく修正したものです。

科学的根拠のない超常現象(オカルト)

飼育してるザリガニのことを考えていろいろ飼育方法を試してみるのは自由ですしそういうのも一種の愛情だと思います。自分でやるだけなら自由ですし好きにすればいいと思います。

しかし、自分の水槽で調子がいいというだけで「これが正解だ!」とたいした根拠もないのに言ってしまうのは害悪でしかないですのでやめましょう。

科学的根拠がないものはただの超常現象(オカルト)です。

画像引用元:wikipedia 超常現象

そういうものを見ていきなり試しちゃう人はいないと思いますがそれもやめましょう。危険ですしもしもの場合には誰も責任なんてとってくれません。

甲殻類は全般的に極端な水質変化に弱い

ザリガニに限らずエビもそうですが、甲殻類は全般的に極端な水質変化に弱いです。水質が変わると決死の覚悟で脱皮して水質変化に対応しようとするのが良い例です。

したがって基本的に水質はいじらないほうが良いです。レッドビーシュリンプなどのシュリンプの飼育でも同じです。シュリンプの場合には足し水をしただけで死んでしまうことすらありますからね。

個人的にベストだと思うアメリカザリガニの飼育環境

アメリカザリガニにベストな飼育環境(水質)は下の動画を参考にしてください。

文章であれこれ説明するより実際に順調な水槽を見てもらったほうが早いと思うからです。微生物がわいてるのがポイントです。

ちなみに動画に登場してるのはスピクリファーですが飼育に関してはアメリカザリガニと同じですのであまり気にしないでください。

底砂は大磯がオススメです。大磯だと見栄え的がつまらないと感じる方がいるかもしれませんが見栄えよりザリガニの快適さを考えてあげてほしいです。

大磯でも上の写真のように川砂利を少しミックスするだけで段違いでかっこよくなりますしアイデアしだいです。

ザリガニ販売業者の商材の写真は参考にするな

ザリガニの販売業者イベントのザリガニ行商が販促水槽に綺麗なガラス質の砂などを使用するケースが多いからでしょう、そういった砂を使ってザリガニを飼育されてる方をたまに見受けますが、、、

amazon 瑠璃砂

ザリガニのことを考えるなら直ちにやめたほうがいいです。

こういった砂はバクテリアが定着しないためザリガニ飼育には不適当です。

アンモニア濃度にだけ気をつければよい

話を戻します。

ザリガニは前述のように幅広い水質に適応可能です。ただしアンモニアには弱いです。したがってザリガニの飼育に際してはアンモニア濃度にだけは気をつけてください。

ちなみにザリガニはアンモニアがバクテリアに分解された後の硝酸塩には強いです。つまり水槽内にアンモニアを硝酸塩に分解する生物濾過のサイクルができあがっている水質がザリガニにとってベストだといえます。シュリンプも同様ですね。

アンモニア濃度などの目安

当方は生き物の飼育に際して水質はかなりこだわってましてph測定器も持ってはいますがいちいちphなどの計測はしません。アクアを始めて半年くらいまではまめに計測してましたが計測しなくても目で見たら分かるため無意味だと気づきました。

こちらの動画のように水槽内にミジンコなどの微生物がたくさん発生している水槽はシュリンプの飼育では状態が良いと言われてますね。当方もこれは大事にしてます。

ちなみにミジンコなどの微生物はザリガニやシュリンプなどよりアンモニアや硝酸塩などの毒素に弱いため水質に問題があるならば真っ先に死んでしまいますがこれらが順調だということは水質的に絶好調だと判断できます。

その他にもいろいろ判断ポイントがあります。基本的に腐敗した水ではだめです。勘のいい方であればこれだけでもいろいろと気づいてくれるのではと期待して、、、

スポンサーリンク

『ザリガニ飼育に最適な水質についてまとめました』へのコメント

  1. 名前:新井 投稿日:2019/03/17(日) 16:32:57 ID:1105a0f57 返信

    ミジンコはどのようにすればわいてきますか?水田の水を汲んでくるとかですかね?

  2. 名前:ザリラムズ 投稿日:2019/03/17(日) 21:43:37 ID:f2cfb75d0 返信

    大気中にミジンコなどの微生物の休眠卵が漂ってるようで何もしなくても水中に養分さえあれば自然と沸いてきます。微生物が豊富な水田の水を汲んでくるのはよいと思います。

    ただ農薬散布中の水田ですと逆効果になりますので微生物が豊富かどうかを一応目で確認してからにした方がよいと思います。