イエローマジックによるザリガニの着色

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

イエローマジックというザリガニの餌があります。

これを与えるとザリガニが黄色くなるということでそこそこ有名な餌です。

イエローマジックの販売元、キョーリンが公開してる写真によるとイエローマジックを与えると真っ赤なアメリカザリガニがこんな感じに黄色く着色されるそうです。

遊びでやるのはOKだが取り扱いに注意が必要

飼育してるザリガニを黄色に着色したりして遊ぶのはいいと思います。単純に見栄えをあげる効果があります。ザリガニの健康を考えた上でも特に問題ないと思います。

しかし、着色したザリガニを着色した事実を述べずに販売するのは詐欺ですのでやめましょう。こうやって着色されたザリガニを黄金ザリガニなどとしてヤフオク出品する方が定期的に出てきますが、、、

イエローマジック=クチナシ色素

なおイエローマジックをザリガニに与えると黄色くなるのは原料にクチナシ色素が配合されているためです。

クチナシ色素でザリガニが黄色くなる原理

クチナシを与えるとザリガニが黄色くなる原理はカロチンを外骨格に蓄積するのと同様にクチナシ色素を外骨格に蓄積しているからです。

クチナシ色素を外骨格に蓄積する理由

クチナシ色素をカロチン同様に外骨格に蓄積する理由はネット検索した限り誰も分かっていないようですが簡単です。

クチナシ色素はカロチノイド系の色素でありカロチンの一種だからです。

こちらあたりを読むと分かると思います。

なおまだ話は続きますが長くなりますのでいったん終了して↓の記事に続きます。

カロチノイド色素は赤ではなく黄色や橙色
前回の記事の続きです。 イエローマジック(クチナシ色素)を与えるとザリガニは黄色くなるのは前回の記事のとおりです。しかし実はイエローマジックを与え
スポンサーリンク