黒ザリをアナカリスで真っ黒に色揚げした「ブラック・メラニスティック」

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。あと「ネットストーカーラマシーザリガニ」さんはいい歳したおじいちゃんなんですからネットストーキングを辞めてください!(参考ページ

昨年秋に産まれた黒ザリをアナカリスが大量に入ったプラ舟に入れて屋外放置して冬越しさせたんですが、引き上げてみたところ色合いがすごいことになってました

どーーーん、完全黒化といった感じです。

黒ザリ系によくある模様に隙間がないです。この個体はまだTL3センチ程度なのにこの色ですのでかなりすごいです。ちなみに1匹や2匹こうなったってわけじゃなく100匹単位でこんな感じに色揚げできてます。

アナカリスで黒の色揚げが可能

今回の検証で黒ザリは「アナカリスを与えてゆっくり育成させる」ことで黒の色揚げできることを実証できました。なお、屋外で飼育していましたので「日光の影響」もあるかとは思います。

シザー騒動の際に「直系シザーだと色がいい」等の噂が流れていましたがそもそも全部近親交配の直系なのに特定の人がブリードしたものだけ直系と呼ぶことに違和感しかなかったですがそれは置いといて、色の濃さは単純にアナカリスを与えて育成するかどうかの違いしかなかったということですね。当時から当ブログではそのように書いてましたが。

ブラック・メラニスティック

アナカリス等により頑張って色揚げしてフルブラック化したメラニスティック、ブラック・メラニスティックは明日あたりから即決@1000円@850円(15%値下げ)で出品します。

黒を維持して育成したい場合

なお、ブラックメラニスティックについて今後もフルブラックを維持して真っ黒のまま育成したい場合には引き続きアナカリスをメインに与えてゆっくり時間をかけて育成していただくとフルブラックのまま大きく育つはずです。おとひめなどを与えてしまいますと栄養価が高すぎて急成長してしまい色揚げ効果が薄れます。

ザリガニの色の濃さは単純に産まれてから現在までのカロチンの総摂取量に比例します。