キュベンシス(Procambarus cubensis)についてまとめてみました

 

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。もともと知ってたヅラもしないでください。

キュベンシスが産まれてましてちょうどいいサイズに育ってきましたのでご紹介します。

ちなみに学名はProcambarus cubensis、キューバ原産のザリガニです。

原産地はここ↓(画像引用元:RED LIST

分かりやすく注釈をつけるとこんな感じ↓

  • フロリダ半島がアレニー(フロリダブルー)などの原産地で
  • フロリダ半島からメキシコ国境にかけての湾岸地域がドワーフザリガニの原産地で
  • ラグーナ・カテマコがバスキューザの原産地です。

ザリガニは北海道のニホンザリガニが始祖でそれが北米大陸に渡ってじょじょに南下していったそうですので進化の過程としては比較的新しいザリガニってことなのかもしれませんね。

キュベンシスのサイズ

キュベンシスのサイズは目安的にはミスクレより小型です。当方が過去に飼育していたものですと最大でもTL7センチくらいにしか育たなかったです。

キュベンシスはよく繁殖する

キュベンシスはよく繁殖します。

ザリガニを始めて数ヶ月の超初心者時代に繁殖に成功しましたしそれ以降もコンスタントに繁殖に成功していました。

グーグルで「キュベンシス」と検索すると「キュベンシスが繁殖しました!」っていうようなタイトルが多いですが多分そういうことなんでしょう。

キュベンシスは模様がエモい

キュベンシスは成体サイズになると体に金粉っぽい模様が出てきます。TL2センチくらいだとこんな感じ↓

もうちょっと成長するとこんな感じ↓

ミステリークレイフィッシュ(マーブルクレイフィッシュ)ほどではないですがプロカンバルス属の中でもかなり綺麗な部類のザリガニだと思います。

色あいはブルー固定ではない

なお、キュベンシスは当方の飼育環境だと基本的に青にしかならないですが

色は青固定ではありません。ミスクレやドワーフと同様に環境依存です。

したがって青を維持して飼育したい場合には比較的暗い場所に水槽を置いて飼育すると良いです。光に当てますとメラニンが発達して黒くなってしまいます。

キュベンシス飼育の底砂

当ブログではバスキューザドワーフザリガニにはソイルをおすすめしていますがキュベンシスの飼育に関しては底砂はなんでもいいと思います。黒いソイルのほうがより青く育ちやすいと思いますが当方はキュベンシスにはなんとなく大磯の細かいものを使用してます。

キュベンシス飼育の水温

キュベンシスの原産地キューバには日本のように冬がありません。気温は1年を通して平均25度くらい、最高温度も28度くらいと大変過ごしやすい気候のようです。

したがってキュベンシスの飼育に際して冬場はヒーターで加温したほうがよさそうですが当方は無加温で飼育できてます。ちなみに最低でも15度を下回ることはない環境の屋内です。

屋外越冬は難しいかもしれませんが室内飼育であれば普通に無加温で飼育できるのではないかと思います。冬眠もできるはずです。

キュベンシス飼育のph

ザリガニの飼育にはアルカリ寄りが良いと言われますが全く関係ないです。むしろ水質が安定する弱酸性をおすすめしてます。

水質が弱酸性ですと外骨格のカルシウムが溶けるとかそんなことはありません。あるんですが餌を与えているかぎりありえません。

ザリガニの外骨格とカルシウム
ザリガニの外骨格は水質が弱酸性だと水に溶けると思ってる方は方は多いと思います。実際、外骨格に含まれるカルシウム(炭酸

キュベンシスは多頭飼育可能

ザリガニは全て個別飼育が基本だと考えてる方が多いと思いますが当方はキュベンシスに関しては多頭飼育しかしていません。

Twitterでもツィートしました

ちなみにザリガニは全種類多頭飼育が可能です。

ザリガニは好んで共食いしない
一般的にザリガニは共食いするため単独飼育が基本とされています。しかしザリガニは好んで共食いするわけではないです。「条

ザリガニの新品種を作りたいなら狙い目

ザリガニの新品種とは要するに色素変異のことですが、色素変異は単純に確率により突然変異で誕生します。これは甲殻類全般共通です。

そしてその確率は近親交配によりあがるはずだと当方は思ってます。

キュベンシスは前述のとおり繁殖が簡単でよく繁殖するのでザリガニの新品種を作りたいなら結構狙い目です。同様にドワーフも狙い目ですがドワーフより1回の繁殖で産まれる数が多いです。

もしフロリダブルーのようにブルー固定化できたならペット業界で大ヒット間違いないです。

ヤフオク出品

ヤフオク出品しますのでよろしかったらどうぞ!

現在の見た目はだいたい全部こんな感じです↓

『キュベンシス(Procambarus cubensis)についてまとめてみました』へのコメント

  1. 名前:新井 投稿日:2019/05/03(金) 21:01:52 ID:fdf5353b4 返信

    こんばんは!
    キュベンシスはミスクレより少し小さ目なんですね。
    体型もミスクレに似てるし、交尾させられないですかね〜(笑)
    仮に成功したら金箔の大理石ですよ!名前だけは超高級ザリガニですね!

  2. 名前:ザリラムズ 投稿日:2019/05/03(金) 23:18:40 ID:918dafdc6 返信

    こんばんは!もしそれができれば仮にミスクレが特定外来に指定されたとしても交雑種になるのでその交雑種が見つかって法律に盛り込まれるまでは飼育はOKっていう抜け道になりますね。

    ただミスクレは単為生殖なのでどうなんでしょうかね?

    ミスクレはファラックスの突然変異のようなので、もともとのファラックスのオスとの交尾が可能なのか非常に興味がありますね。たしか物理的にできなかったような?