ニホンザリガニの保全を真剣に考えていく。密輸による病原菌の蔓延リスク

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。あと「ネットストーカーラマシーザリガニ」さんはいい歳したおじいちゃんなんですからネットストーキングを辞めてください!(参考ページ

ニホンザリガニ(Cambaroides japonicus)とは日本の北海道と本州のわずかな地域のみにしか生息していない日本固有のザリガニです。

アメリカザリガニとは異なり成長がとても遅く、性成熟までに5年ほど要し抱卵数もとても少ないです。

画像引用元:aucfun

清涼な環境を好むため日本固有種とはいえ、現在生息が確認されているのは北海道と青森地方などのごく一部の地域に限られています。

したがってザリガニ愛好家であっても実際にニホンザリガニの実物を見たことがある人は少ないのかもしれません。飼育が困難なため流通していること自体が稀です。

年々個体数を減らし、現在は絶滅が危惧される存在となりました。環境省のレッドリストでは絶滅危惧II類絶滅の危険が増大している種)に指定されています。こちら

もともと北海道全域に生息していた

現在のニホンザリガニの生息状況としては、北海道の森の中の湧き水があるような源流でのみわずかに生息しているというのが実態のようです。

しかし、もともとニホンザリガニは北海道の全域に生息していたんだそうです。参考文献としては↓のとおりです。

日本固有種であり、奥尻、天売、焼尻、利尻、札文島を含む北海道全域と青森県全域、岩手県北部の二戸市、秋田県北部の大館市、鹿角市で生息が確認されている。本種が分布する水系は、水質が清澄で低水温で推移する湖沼や小規模な河川の源流部である。

かつて本種は北海道の湖沼のほとんどに生息していたが、現在では大部分の湖沼で個体群が消失している。なお、個体群は徐々に個体密度数が減少するのではなく、急激に死滅することが知られている。その原因はウチダザリガニの輸入に伴って伝播した伝染病と考える説もある。しかし、現在のところ湖沼から本種が消失した明らかな理由は特定されていない。

引用元:青森県の希少な野生生物

これはちょっと意外でした。

開発行為だけが減少理由ではない

以前記事にも書きましたが、ニホンザリガニは人間による開発行為により生息域をどんどん減らし現在のように絶滅が危惧される状態になったと当方は考えていました↓

ニホンザリガニ個体数減少の一番の原因は自然環境の破壊
癒乃さえりさんがTwitter上でニホンザリガニ(ニチザリ)について騒いでますね。 うわもうメチャクチャ…

しかし参考文献を読む限り個体群が一気に全滅していますので開発行為による生息域の減少のみが原因とは考えられません。

病原菌によるニホンザリガニ大量死

湖沼などの特定のポイントのニホンザリガニが一気に全滅したことの原因としてまず考えられるのはザリガニペストなどの病原菌による死滅です。

こちらは2017年にアイルランドで発生したザリガニペスト(Crayfish Plague)によるザリガニの大量死の動画だそうです↓

なお、この動画のザリガニの大量死には他の原因も考えられると当方は思いますがそれにつきましては次回の内容にします。今回は触れません。

話を戻しまして、北海道のニホンザリガニの大量死のケースで病原菌を持ち込んだ媒介者として一番可能性が高いのは外来種ウチダザリガニです。

なお、ウチダザリガニだけでなくアメリカザリガニやミステリークレイフィッシュ、そして現在輸入が禁止されているその他の未判定外来生物に指定されている北米種ザリガニなどにつきましても病原菌媒介の可能性がありえますのでニホンザリガニの保全を考えた場合これらザリガニの取り扱いは注意が必要です。

我々はそういった迷惑なザリガニを飼育しているという意識を各人が持つべきです。

病原菌の新たな国内への持ち込み

なお、ニホンザリガニの保全を考えた場合に一番怖いのは新たな病原菌の国内への持ち込みとその拡散です。

環境省もそれをかなり危険視しており

「当時日本での流通が確認されていたザリガニ」全てが2006年の外来生物法改正により「特定外来生物」に指定され運搬等が禁止されたのはこのためです。

ザリガニの特定外来生物指定状況
一部のザリガニは2006年2月1日から「特定外来生物」に指定されました。 特定外来生物の指定を免れたザリガニに

それ以外の「当時流通が確認できなかったザリガニ」については「未判定外来生物」に指定することで、輸入申請があったらその際に改めて特定外来生物指定に関する判定を行うこととしました。

未判定外来生物のザリガニは2006年以前に流通していなかったザリガニ
前回の記事の続きです。 未判定外来生物に指定されてるザリガニとは まず最初に前置

これにより建前上、2006年以降日本にはザリガニは国内に入ってこないこととなりました。

しかしザリガニの密輸は蔓延している

しかし残念ながらその後も日本にザリガニは輸入されてきており、しかもそれは密輸です。

例えばこういうもの↓

【日本国内未流通・密輸ザリガニ】Procambarus teziutlanensis | 自然保護とザリガニの科学ブログ
前回の記事の続きです。前回の記事で書きましたが疑惑の張本人が火に油を注いできましたのでせっかくなのでもうちょっと続けますか。そういえばヤフオクで自称大御所K&Gさんは「Procambarus teziulanensis」って書いて出
【密輸ザリガニ】パイギマヌスと呼ばれているProcambarus pygmaeus
自称大御所K●GさんTwitterに鍵かけてしまったようですね。 ルールを守って純粋にザリガニ飼育という趣味を

あげたらきりがありません。

繁殖成功が確認されていないザリガニが堂々とネット販売

例えばこちらの販売サイトには

tp://crawfish-rabo.ocnk.net/

日本でほとんど繁殖の成功が確認されていないザリガニが堂々と販売されています。

このサイトの存在(密輸疑惑)は昔からザリガニ界隈で話題となっています。

ほとんど繁殖成功が確認されていないということは現在国内流通してるものは輸入が禁止された2006年以前から国内飼育されているものが現在まで累代されているものだという言い訳が成り立たないためです。

ニホンザリガニ絶滅の最後の一手になりうる

もし仮に密輸などで国内に新規に入ってきたレアなザリガニが病原菌を保有しており、それを購入した購入者の手により運よく繁殖に成功したりすると、

病原菌を保菌したザリガニが国内で一気に数百匹誕生しそれがネットオークションなどでばら撒かれることとなります。

これはゾンビ映画や↓

パンデミックに近いと思います↓

通常、ザリガニマニアは複数種のザリガニを飼育(ザリガニコレクション)しているのとザリガニの繁殖力(一度に数百匹子供が産まれる)はかなり高いためいったん病原菌が広まりだしたらいろんな種類のザリガニの病原菌が蔓延し、パンデミック並みに国内に拡散する可能性が高いです

その場合に、病原菌に対する抵抗力を持つ生き物であれば影響はありませんが病原菌に対する抵抗力を持たない日本固有種ニホンザリガニは一気に個体数を減らし絶滅する可能性が多いにありえます。

ザリガニの密輸は許されるべきものではない

ザリガニを堂々と密輸してる人、自分が直接密輸したわけじゃないからと開き直って堂々と販売している人やショップ、密輸されたザリガニを嬉々として飼育している人達は、

自分の利益や趣味という超利己的な行動で貴重な在来種ニホンザリガニが絶滅しかねないことを理解するべきだと思います。

そして密輸ザリガニ問題についてはっきりとNOと宣言している当方にネットストーキングして嫌がらせして口封じすることで密輸問題を有耶無耶にしようとしているK&Gサポーターのネットストーカーさんは本当にもうちょっと、、、

『ニホンザリガニの保全を真剣に考えていく。密輸による病原菌の蔓延リスク』へのコメント

  1. 名前:山田 投稿日:2021/06/18(金) 20:23:48 ID:079450494 返信

    最大の原因は、開発より植林した苗木をネズミから守るために、有機リン系のネズミ駆除剤を散布したのが最大の原因かと思います。主に山林の沢を中心に散布されています。甲殻類にもろに効いてしまい、魚類にはあまり影響がないみたいです。以前は、日本で4番目に大きな屈斜路湖や神秘の湖オンネトーにも多く生息し
    青ザリガニもたくさん見かけられました。
    現状は、屈斜路湖には、大量のウチダザリガニが生息しているが、オンネトーニハ、ウチダザリガニは生息してません。あとは、やはり農業の拡大による農薬が大雨などで河川や沢にながれこんだのが原因かと思います。外来種の病原菌より上記の方がおおまかな原因と僕は考えます。

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2021/06/19(土) 13:51:39 ID:b9ecf2ca3 返信

      貴重な情報ありがとうございます。北海道の森林で殺鼠剤が撒かれているとは初耳でした。調べてみましたが本当に行われているようでびっくりしました。

      http://kitamap.net/wp-content/uploads/library/nih52_13.pdf

      外来種の病原菌、例えばザリガニペストというものは以前記事に書きましたが自分は存在してないと思っています。産業革命直後辺りに被害らしきものがあったという記録があるのみで病原菌自体はいまだに特定されていませんし。むしろ専業革命時代の大気汚染により汚染物質が池などの水に溶け込みその影響で薬剤に対する抵抗力がない甲殻類だけにピンポイントで被害が発生しそれを昔の人は原因不明だからザリガニペストといって恐れただけの可能性が高いと思っています。

      農薬や殺鼠剤などの薬剤はピンポイントで特定の害虫や害獣だけに効くわけではなく例えばカメムシ用の農薬はタガメなどにも影響があります。しかしこういった現実を理解せずただ闇雲に外来種のせいにして外来種を殺せば在来種が保全されると思い込んでいる無知な一般人が多いので色々とおかしなことになってますよね。

  2. 名前:フクダヒロミ 投稿日:2021/07/22(木) 17:46:30 ID:4128ae787 返信

    仙台市在住のものです。
    家の近くの、道路のへりというのか用水路というのか、小さく細いところにザリガニがいます。

    えっこんなところに?というところです。

    簡単に手が届くので捕まえてみました。
    二ホンザリガニなのかはっきりわかりませんが、アメリカザリガニではないと思います。
    また、よくみるとその場所にはタニシ(在来種ではなさそう)とドジョウの姿もありました。

    私はドジョウを見るのがはじめてでしたが、今時このような場所は珍しいのではないかとおもって保全活動されている方を検索していたところこちらのサイトにたどり着きました。

    レポートの感想ではありませんが、このような環境を残すために何かできればという思いがあります。

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2021/07/23(金) 12:47:55 ID:08bca77b3 返信

      フクダさんはじめまして。

      よろしかったら写真を撮影してみていただけないでしょうか?写真を添付してコメントすることが可能です。

      仙台市ということで少し地図をみてみましたが、ニホンザリガニである可能性はかなり低いかなと思います。明らかにアメリカザリガニではないということでしたらもしかしたらアメリカザリガニではない他の北米種のザリガニの可能性があるのかもと思いました。仮にニホンザリガニであったとしても仙台に生息しているとなると国内外来種となるためそれを保全っていうのもちょっとおかしな感じもしますがかといって駆除するのもおかしな話かなと思います。

      たとえ用水路といえどそういった在来外来問わず様々な生物が生息する豊かな生態系をできるかぎり残して自然環境を保全する努力は素晴らしいことだと思います。工場排水家庭排水等で水質が汚染されたり田んぼから農薬が流出して水草などが全て枯れてしまわないように地域住民として見守っていく、とかそういう方向性などいかがでしょうか?