アイアンブルーラマシーとは一体なんなのか?Procambarus llamasi

 

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。もともと知ってたヅラもしないでください。

前回の記事で少し書いた「アイアンブルーラマシー」についてです。

まず最初にこれが「アイアンブルーラマシー」らしいです↓

見た感じ普通のラマシー(Procambarus llamasi)にしか見えませんがブルー固定?なんだそうです。

ラマシーのブルー血統維持をするために、本来のラマシーカラーの飼育も大切です。現在10匹の個体を選別して維持しています。

引用元:ラマシーザリガニさんのブログ

ちなみにこの「アイアンブルーラマシー」というものは当ブログを粘着ネットストーキングしているラマシーザリガニさんが昔から運営されてる「◇◆アイアンブルーラマシー◇◆」とかいうタイトルのブログで登場したザリガニです。

ブログを閉鎖して証拠隠滅?

その「◇◆アイアンブルーラマシー◇◆」というブログですが、

自分のことを真のザリガニブログ管理人だと思い込んでる精神異常者?
すごく恐ろしい事実に気づいてしまいました、、、 事実の積み上げ まず最初に断っておきますと、当ブログで書

この↑の記事を公開した当日に閉鎖してしまいました。背乗り計画を暴露されたので恥ずかしくなって証拠隠滅なんでしょうか?まぁどうでもいいですが。

ラマシーの青は固定ではない

そして本題のアイアンブルーラマシーですが青固定なんだそうです。

しかも、最近話題の「選別」によりラマシー(Procambarus llamasi)を青に固定したというようなことが書いてありました。

しかし「選別」によりザリガニの色を固定とか絶対に無理なんですよ?

ブログを削除して証拠隠滅されてしまいましたのでもう詳細は不明ですが。もし本当にそんなことが可能ならばどんな基準で選別したらいいのかぜひお聞かせいただきたいところですが

こんな感じなので無理でしょうね(笑)

ザリガニは簡単に青くなる

ちなみにザリガニは外的環境で簡単に青くなります。内容については↓の記事でも書いたとおりです。

ザリガニは外的環境により色が変わる
ザリガニは外的環境(餌や飼育環境)により色が変わります。そのザリガニの体色に影響を与える要因をまとめると次のとおりで
綺麗なブルーを維持してザリガニを飼育する方法
ザリガニを綺麗なブルーを維持して飼育する方法を簡単に解説します。サバを与えて青くする方法は知られていますがサバを与え

このように当方はザリガニ飼育を始めて1年も経たないうちにいろんなことに気づきましたがラマシーザリガニさんは2006年以前からザリガニ飼育をしている(本人談)みたいですがそれから最低でも8年経った2014年になっても「選別」により色を固定できる(ブルー血統)と本気で思い込んでて↓

10年以上たった2019年になっても「選別」によりアレニーの青を濃くしてさらに体質を強化できる、その上サイズアップもできると考えている(全く根拠なし)とか↓

選別に関する酷いデマと正しい選別の方法
ザリガニの選別に関してなんだかよく分からない酷いデマが流れてるようですね。 選別により体質の強い血統を作る

ザリガニ飼育年数が長いだけで知識や経験の面で全く成長していないんじゃないですかね。

好き勝手に楽しんでるだけなら当方が取り上げることもないんですが、何の根拠もないのに当方に噛みついて多くのザリガニ飼育者に暴言を吐いてきたり、、、

初期からいるだけで全く成長していない、そのくせプライドだけはやたらと高い

引用元:ドラゴンボールで一番落ちぶれたキャラってウーロンだよな

なんだかドラゴンボールのウーロンみたいですよねw

なおウーロンは人類の役に立ちましたが、、、