クリアザリガニの特徴「シャドウ」&パンプキン

 

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。もともと知ってたヅラもしないでください。

クリアザリガニの変な個体を見つけました。

それがこちらです↑

もともとこういう感じに育つ予定の個体を育成していたところ↑

なぜだかこんな感じに↑

左の青い個体は予定どおり育った同腹兄弟です↑

この青い個体はブルー固定のクリアザリガニです。

そういえばクリアザリガニって黒っぽい「くすみ」がありますよね。以前にも何回か記事に書いてるはずですが。これってワイルドタイプのアメザリにはない気がするのでクリアザリガニの特徴だと思います。

普通のワイルドタイプのザリガニにもありますか?あまりワイルドアメザリの個体数を見ていないので分かりません。アメザリは日焼けで真っ黒になるようなことを聞いてますが本当になりますか?ただの汚れでは?ご存じの方いらっしゃいましたら教えてください!

なお、この特徴を「シャドウ」と名付けておきます。

ちなみに普通のクリアザリガニにもこの「シャドウ=くすみ」があります↑

クリアザリガニはセミアダルトくらいで色合いが渋くなるのがこれのせいです。詳細はこちら

パンプキン

タイで流通してて日本ではまだあまり流通していないパンプキンというザリガニがいます。

それがこちらですが↓


かなり渋いですよね。

そのパンプキンに右の個体少し似てるような?

ただしこの個体にはゴールデンキング(GK)の血は入っていないのでどういうことなのか謎です。

パンプキンの作出方法

ちなみにパンプキンはGK×クリアをF2まで累代すると出てくる表現だと思ってます。


と思ってみていただきますとそんな感じがしませんか?

なお、F2以降は選別交配を重ねるごとにどんどん表現として洗練されていきます。これはメダカなどでも同じです。三色ラメの固定率があがったりブラックダイヤのラメの範囲が広がったりしてますがこれは近親交配選別交配による血統の洗練です。

近親交配を悪く考えてる方がかなり多いと思いますが実はちょっと違います。

なお、現在流通してるクリアザリガニは累代によりもともとの屋外採取時点よりだいぶ洗練されてるのではないか?と1年以上前の記事で

WILD採集された色変ザリガニに純血など存在しない | 自然保護とザリガニのブログ
最近「WILDクリア」というワードをたまに目にします。「WILDクリア」と言われるとなんだかよく分からないけど凄そうっていうイメージを利用して無責任にブランド化するだけでどのあたりが凄いのかを説明しない(分かっていないから説明できない?)た

書いたことがありますが多分これはそのとおりで間違ってないはずです。屋外採取時より表現として洗練されてるはずです。そのあたりについて詳しくは別の記事で

『クリアザリガニの特徴「シャドウ」&パンプキン』へのコメント

  1. 名前:0xh 投稿日:2019/07/01(月) 14:23:44 ID:f33a43b78 返信

    パンプキン?なんていうザリガニ、タイでは流行ってませんよw

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2019/07/01(月) 16:02:12 ID:6fe587905 返信

      ん?パンプキンがタイで流行ってるなんてどこにも書いた記憶はありませんが?

      そもそもタイでザリガニってもう何年も前から下火ですよね。必死にブームを起こそうとしてる人がいるだけで笑