ドワーフザリガニのシュフェルディはスケミッティより繁殖力が強い

ドワーフザリガニのシュフェルディスケミッティより繁殖力が強いです。

ちなみにこれがシュフェルディです↑

この差ですが、体感として感じるレベルに結構違います。当方のヤフオク出品でシュフェルディよりスケミッティのほうが少ないのはスケミッティはなかなか殖えないからです。

これがスケミッティ↑

ただしあくまで当方の飼育環境での体感というかなり曖昧な基準ですので正確なところは分かりません。ただしもう2年くらい両方飼育してますのでそんなにいい加減な話ではないかと思います。みなさんいかがでしょう?

ドワーフザリガニを繁殖力順に並べる

ちなみにテクサナススケミッティよりさらに繁殖力が弱いです。ドワーフザリガニを繁殖力の強さで並べるとこんな感じとなります↓

シュフェルディスケミッティテクサナスオレンジドワーフ

なお、繁殖力とは書いてますが厳密にはなんかの要因により殖えやすさに違いがあるだけで産卵頻度、産卵数、性成熟期間等にはたいして違いはないのかもしれません。その辺ひっくるめて今回は繁殖力と書いてます。

生息域の広さが違う

なお、シュフェルディスケミッティの生息域を比較すると

シュフェルディは広範囲の地域に生息しているのに対してスケミッティは特定の地域にしか生息していません。

たまたまなのかもしれませんが。ちなみにあくまでREDLISTの情報によるとです。

ドワーフザリガニの産地をまとめてみます。データの参照元はRED LISTです。 Cambarellus shu...

なお、ドワーフの産地については以前の記事でも書いてます。その際「ん?」と気づいていた方がもしいましたらその方はかなりセンスがあると思います。

正しいかどうかは置いといて、人が気づけないところに気づけるかどうかがセンス(感度)だと思うからです。

シュフェルディの生息域

ちなみにこれがシュフェルディの生息域です↓

学名はCambarellus shufeldtii、アメリカでの流通名はCajun Dwarf Crayfishです。

Cajun(ケイジャン)ってのはアメリカ南部のことを指し、アメリカ南部に生息してるドワーフだからCajun Dwarf Crayfishと呼ばれてるんでしょう。

Where we ate

photo credit: Watchcaddy

ケイジャンといえば、ケイジャン料理が有名ですね!

mud bugs

photo credit:brando

そしてケイジャン料理といえばザリガニ料理です。

ケイジャン地方はアメリカザリガニの原産地でもあります。

これまでテキサスの料理として、こだわりのハンバーガーやテキサス・バーベキューを当ブログで紹介してきたが、日本では食べられなさそうなアメリカ南部の料理として特徴的なのは、やはりCrawfish(ザリガニ)だと思う。男性なら、子供の頃に小川でザリガニを釣った経験があるかもしれないが、ここアメリカ南部でそのザリガニを調理して...
このブログでは、アメリカ南部在住経験を持つ著者Alamoが、日本では余り知られていないアメリカ南部の魅力を、文化、社会、グルメなど様々なジャンルで紹介しています。

このあたりに興味がある方はこちらの記事を読んでみても面白いです。

Cajun Music Party Near Lansing

photo credit: rosefirerising

その他ケイジャンに関する画像を少し検索してみましたがだいたいがこういう感じで、古き良きアメリカ的な感じの地域のようでした。温暖な地域なんでしょう。行ってみたくなりました。

スケミッティの生息域

次にこちらがスケミッティの生息域です↓

学名はCambarellus schmitti、アメリカでの流通名はFontal Dwarf Crayfishです。

Fontal Dwarf Crayfish「Fontal」は主に「泉」や「源泉」という意味となります。

したがってFontal Dwarf Crayfishとは、主に泉に生息してるドワーフという意味だともとれますし、ドワーフの源泉、つまりドワーフザリガニの元祖という意味ともとれます。そこまではっきり調べませんでしたので詳細は分かりませんがいったいどういう由来なんでしょうね。

とりあえず生息域はかなり限定されています。

スポンサーリンク