【未来世紀ジパング】動物密輸大国ニッポン

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。あと「ネットストーカーラマシーザリガニ」さんはいい歳したおじいちゃんなんですからネットストーキングを辞めてください!(参考ページ

7/17にテレビ東京で放送された未来世紀ジバング「動物密輸大国ニッポン」という番組が非常に面白かったためご紹介いたします。

7/24の23時まで限定でこちらで無料配信されていますのでぜひ見てください。それ以降はテレビ東京の月500円のサービスに加入しないと閲覧できません。

密輸国際犯罪組織

個人的に面白かった部分だけキャプチャを取得しました。

まず、密輸は組織ぐるみなんだそうです。ザリガニの密輸も組織ぐるみですよね。

国際的なザリガニ密輸組織&香港の密輸拠点
まず前置きですが、外来生物法により日本へのザリガニの輸入は全面的に禁止されています。ただしアメリカザリガニだけは既に

ちなみにザリガニの密輸は香港が中継地となっています。テレビ東京さんあたりから取材依頼があれば情報提供しますので是非取り上げてほしいところですが~

密輸業者はfacebookを使って販売

タイでは毎週日曜日に生き物マーケットが開催されているそうですがその生き物マーケットではパトロールがあるため基本的に違法動物は販売されておらず

実際に利用されているのはfacebookなんだそうです。

facebook使って密輸組織のバイヤーが違法動物を販売してるそうです。

そういえば、日本人ザリガニキーパーでfacebookアカウントを所有して積極的にタイ人と交流してる方がいますよね。cl●wさんですが。他にも輸入業者の方で何人かいますが輸入業者の方は分かります。しかしなぜcl●wさんみたいな一般ザリガニキーパーがタイ人とザリガニ関係の情報のやりとりをする必要があるんでしょうね~~~

そういえばマーレーリバークレイフィッシュが日本で一時期流通したことがありますが時期的にfacebook上で台湾人が販売していたものが国内に密輸されてきてきたものであることは間違いないです。

マーレーリバークレイフィッシュ(Euastacus armatus)の密輸ルート
2017年12月頃からとある方がマーレーリバークレイフィッシュ(Euastacus armatus)の稚ザリの写真を

その密輸されてきたマーレーリバークレイフィッシュをツィッターやブログで自慢していたのがそのfacebookでも活動してるcl●wさんです(そのブログ記事はこちら)。偶然の一致なんでしょうかね?

税関でチェックされるのは一部のみ

話を本題に戻します。

タイでは毎週日曜日に生き物マーケットが開催されるため週明けのタイ便はいろんな生き物が運ばれてくるため「魔のタイ便」と呼ばれているようです。

ただし人員不足等もあり実際に荷物を全チェックされるのは渡航歴等から怪しいと目を付けられた人のみだそうです。

そして現実にはこういうことらしいです↑

これはもうしょうがないと思います。といいますか公務員の方には本当に頭が下がります。いろんな手口で法をすり抜けようとしてくる犯罪者がいますので。

正直ザリガニとかどうでもいいものを見てる余裕なんて全くないんだろうなぁと感じました。

主な密輸動物だけでもこんなに種類がありますし↑

しかも麻薬やら武器やらさらにもっと重大な密輸犯罪が横行していますのでそういったものをなんとか水際で食い止めて国を守ると考えると、、、全く余裕がないんだろうなということは容易に想像できますね。