アメリカザリガニによる農業被害はない&アメリカザリガニは水田雑草と同じ

 

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。もともと知ってたヅラもしないでください。

アメリカザリガニは農業被害があると一般的に言われています。しかしこれ嘘です。大嘘です。アメリカザリガニに農業被害なんてありません。

ちなみにこれ、当方がザリガニが好きだからアメリカザリガニを擁護してるわけではなく、農林水産省に電話して確認した「事実」です。

嘘だと思うなら実際に農林水産省に電話して確認してみてください。

ただし官庁の職員は超多忙で毎日深夜まで残業してお国のために働いている方々ですのであまりくだらないことで電話するのはかわいそうです。しっかり考えを整理してから簡潔に質問するべきだと思いますが。

植物防疫法で有害な動植物として指定されていない

実際「植物防疫法」においてアメリカザリガニは有害な動植物として指定されていません。輸入も可能ですよね。ちなみにアメリカザリガニはもともとは植物防疫法において有害な動植物として指定されていましたが現在その指定は解除されています。(スクミリンゴガイ、通称ジャンボタニシも同様にかつては有害指定されていましがた現在はその指定が解除されておりアメリカザリガニ同様に現在は農業被害がないとなっています。詳しくは別記事で書きます)

なお、植物防疫法とは次のとおりでして、簡単に説明すると「農業生産にとって有害な動植物を駆除等するための法律」です。

農業生産の安全及び助長を図ることを目的に、輸出入や国内移動にあたって植物を検疫し、あるいは植物に有害な動植物を駆除・蔓延防止するための規制を定める日本法律である。

wiki

「植物防疫法」で有害な動植物として指定されていないのにアメリカザリガニは農業被害がある、農家の方が迷惑してるって何も知らない個人がどっかで聞いたことがある、誰かが言ってた程度の根拠で騒ぐのはかなり意味が分かりません。

それって自分の目で確認した事実なんですか?と思います。

自分の目で確信できるまで、自分の頭で考えて納得いくまでやる
京都大特別教授の本庶佑氏がノーベル賞を受賞されました!おめでとうございます!同じ日本人としてとても誇らしいですね。

アメリカザリガニは残留農薬に非常に弱い

アメリカザリガニ(甲殻類全般)は残留農薬に非常に弱いです。

これはアメリカザリガニを飼育したことがある方であれば大半の方が経験上ご存じのはずです。ショップでも↓のように輸入アナカリスの残留農薬について注意書きがされているくらいです。

つまり、農薬に弱いのに農業被害があるって矛盾してるんですよ。非常におかしい。

農林水産省だってアメリカザリガニは農業被害がないと言っているんです。

有機農業の場合にだけアメリカザリガニの農業被害がある

前述のとおりアメリカザリガニには農業被害はないです。

ただし、唯一有機農業(農薬を使わない農法)の場合にだけアメリカザリガニの農業被害が発生します。ただしこれ単なる農家側の作業ミスに過ぎません。

なぜならば、有機農業を行うということは田んぼに生える雑草を除去しなければ草ぼうぼうになるのは当たり前のことで、同様にアメリカザリガニだって除去しなければ田んぼに侵入してくる、これは当たり前です。

またアメリカザリガニは農家の副業により全国に拡散されたという経緯がありますので・・・

アメリカザリガニは儲かる副業として農家により日本全国各地に拡散した
アメリカザリガニが全国に拡散した経緯についてまとめてみます。結論から書きますとアメリカザリガニは儲かる副業として農家

在来水草=田んぼの雑草

ちなみに農薬を撒かないと稲作に悪影響を及ぼす雑草の正体は「在来水草」です。

しかし稲作への悪影響など考慮もせずただ「在来種」だというだけで保全するべきだというおかしなことを言ってる方がいますね。

例えばこちらの記事で取り上げたオイカワマルさんの↓の発言(このツィート自体はオイカワマルさんの捏造で全くのデタラメで事後的にご本人が訂正してます)にある在来水草5種

  1. キクモ
  2. ミズオオバコ
  3. コナギ
  4. イボクサ
  5. イトトリゲモ

これ全て「水田雑草」です。全国の稲作農家が農薬(除草剤)を撒いて駆除してるものです。

大昔であれば農家の方がせっせと手で抜いていた迷惑な雑草です。

なお、イトトリゲモとミズオオバコはレッドリストに登録されている絶滅危惧種ですので種の保全のために保護が必要とされています。ただしそれでも田んぼに生えてたらただの水田雑草ですので駆除されます。

水田雑草とアメリカザリガニは同じ

このように、農薬を撒かなければ水田雑草により被害があるのと同様に農薬を撒かないとアメリカザリガニの被害があるのはどちらも全く同じであるにもかかわらず

  • 一方のアメリカザリガニは農業被害があるとされる
  • 一方の水田雑草は保護が必要な希少な植物だとされる

これってかなり矛盾してませんか?

ちなみに例えば在来水草コナギ(水田雑草)はかなり厄介な水田雑草として知られていますが在来水草コナギによる農業被害とか言ってる方は誰もいませんよね?

厄介なコナギってなに? 除草剤を適正に使って防除対策をしよう
農業をしていると、必ずと言っていいほど悩まされるのが雑草。特に、稲作をしている農家の悩みの種である雑草「コナギ」は、水田によく生え、イネに被害を及ぼす大変な厄介者です。今回は、そんなコナギが増えてイネに悪影響が出る前に、コナギとは一体どんな

なお、今回の記事をキッカケに水田雑草について調べてみましたが非常に面白いですね。

こういうのは大好きです。