ザリガニの「心臓」と「胃歯」

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。あと「ネットストーカーラマシーザリガニ」さんはいい歳したおじいちゃんなんですからネットストーキングを辞めてください!(参考ページ

ザリガニの心臓の場所について多分結構多くの方が誤解してると思われます。当方自身も実際調べてみるまでは誤解してました。

↑の動画ツィートのドクドク拍動してる黒い部分が心臓だと考えてる方が結構多いと思いますがそれは心臓ではなくで実際には↓の図解のようにもっとボディの中心部、ザリガニを上からみたYのつなぎ目の下のほうに心臓はあります。

簡単に図解にすると次のとおりです。

ザリガニの胃には「歯」がある

胃がドクドク拍動してるように見えるのはザリガニの胃には「歯」がありその歯の動きがドクドクしてるように見えるかららしいです。

ちなみにその歯は「胃歯」「胃臼」などと呼ばれてるようです。スーパーで売ってるロブスターでも胃歯は観察できるようですので近いうち自分の目でも確認してみようと思ってます。

ザリガニの胃に胃石があることはよく知られてますが胃歯があるというのは初耳でしたね!

ちなみにこれがご存じ胃石。胃に集めたカルシウムだそうです。

【閲覧注意】黒いザリガニシザー解剖画像
黒ザリが死んだので解剖してみました。 箇条書きでいきますよ~ グロい部分もあるので苦手な

ザリガニを解剖した際↑に取り出したものです。

胃歯によりデトリタスを細かく砕いている

ザリガニには人間などの哺乳類のようにがないため消化能力が弱いのではないかとこれまで考えてました。しかし腸がない代わりに胃歯があるということはもしかしたら人間などの哺乳類とは違う方向で消化機能が発達してるのかもしれませんね。

ザリガニは水底のデトリタスを食べる「デトリタス食性」があることは当ブログでも何回も書いてますがそういった悪食を細かく砕いて栄養とするのに胃石は大変有効なのかもしれません。

ザリガニの心臓の動画

ザリガニの心臓の実物に興味がある方は↓の動画をご覧ください。心臓がドクドク動いてるのを確認できます。ただしちょっとグロイです。