本州に生息するニホンザリガニが外来種である可能性

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

ニホンザリガニが北海道と本州の一部の地域(青森県など)にだけ生息している日本固有の在来種であることはよく知られてます。

しかしいろんな事実を考えると本州に生息してるニホンザリガニは外来種である可能性も考えられます。

外来種とは

ちなみに外来種とは、国外由来かどうかに係らず、本来の生息地ではない別の場所に人為的に移入して生息している生き物のことをいいます。

「外来種」と「外来生物」の違い&「特定外来生物」の意味をまとめました
Twitterを見てますと「外来種」、「外来生物」という用語を結構頻繁に目にします。しかしこれらの用語の正確な定義を理解してる方はほとんどいないと思います。間違

ニホンザリガニに関する定説

現在の定説では、ニホンザリガニの元々の生息地は札幌付近なんだそうです。ニホンザリガニの遺伝子を調べていくとその付近のものが一番古いんだとか。

このことからニホンザリガニは

  1. 札幌から北海道全域に分布域を広げ
  2. それが北米大陸に渡ってそれがプロカンバルス属などに分岐
  3. 同時にユーラシア大陸にも渡ってチョウセンザリガニなどに分岐
  4. そして津軽海峡を渡って本州の一部にも定着

したということになります。

ニホンザリガニが全てのザリガニの始祖
ニホンザリガニ(Cambaroides japonicus)が全てのザリガニの始祖らしいです。 そういえばニホンザリガニはすべてのザリガニの始祖という説が

ニホンザリガニが全てのザリガニの始祖説は以前記事に書きました↑

本州と北海道は津軽海峡により分断されている

しかしここでとある疑問が。

本州と北海道の中間には津軽海峡が存在します↓

引用元:wiki

この津軽海峡ですが、「海峡」と名付けられているくらいですからかなり深く

  • 最深部は449m
  • 最も浅いところでも140m

なんだそうです。しかも大変流れが速いことでも知られてます。

したがって本州と北海道が単純に陸続きだったことは歴史を遡っても過去に一度もなく、氷河期時代に全世界の海が130mくらい海面低下していた一時期にだけ津軽海峡の最も浅いところがギリギリ陸続きのような感じだった可能性があるというレベルらしいです。

しかもそれは最短でも2万年前なんですって。

北海道に生息するニホンザリガニとは別種?

ということは、、、ここでかなり大きな疑問があります。

現在本州に生息しているニホンザリガニが2万年前の氷河期に津軽海峡を越えて本州に移動してきて青森県などに定着したものであるならば、北米大陸に渡ったニホンザリガニがプロカンバルス属などに分岐して進化したのと同様に本州に渡ったニホンザリガニは北海道に生息するニホンザリガニとは別種に分岐していないとおかしいです。2万年という期間はそれくらいの長期間です。

しかし実際には青森県などの本州に生息するニホンザリガニは北海道に生息するニホンザリガニと完全な同種です。

つまり氷河期時代に北海道から本州に渡ったという可能性はゼロだということです。

津軽海峡が陸続きだった可能性

したがって、青森に生息するニホンザリガニにはいろいろと疑問が多いです。

このことから氷河期時代よりずっと後、比較的新しい時代に津軽海峡が陸続きだった可能性があるという意見もあるようです。

津軽海峡は陸続きだったかどうかや、その時期に関し結論が出ていない。小泉助教は「比較的新しい時代に陸続きだったことを示す有力な証拠。環境の変化を物語る固有種保護の重要性も確かめられた」と話している。

日本経済新聞『津軽海峡はかつて陸続き? ザリガニのDNA分析で判明』

しかしこの意見はかなり怪しいです。個人的に信憑性ゼロです。

ブラキストン線

なぜならば北海道と本州にはお互いに固有の生き物がいます。それが

  • ヒグマ(本州には生息していない)
  • エゾリス(本州には生息していない)
  • ツキノワグマ(北海道には生息していない)
  • ニホンリス(北海道には生息していない)

などです。

wiki

このことから津軽海峡は「ブラキストン線」とも呼ばれます。

ブラキストン線(ブラキストンせん、Blakiston Line)とは、津軽海峡を東西に横切る動物相の分布境界線である。津軽海峡線(つがるかいきょうせん)ともいう。

wiki

なお、1988年の青函トンネル開通によりその後は北海道と本州が陸続きとなったため本来本州にいないはずの生き物がいたりといった問題が発生してますが

huffingtonpost.jp

それに関しては今回はスルーします。

つまり津軽海峡を境として生物の分布域に明確な境界線(ブラキストン線)があることから津軽海峡は過去に一度も陸続きになったことがないという説は定説になってます。

ニホンザリガニのDNAだけでは何の根拠にならない

したがって、北海道に生息するニホンザリガニと本州に生息するニホンザリガニのDNAが比較的近いからといって津軽海峡が比較的近い時代に陸続きだったと考えるのはかなりおかしいです。そんなのただの一つの事実でしかありませんし何の根拠にもなっていません。

しかし研究者の方は自分の功績のために都合よく物事を考えるようですね↓

小泉助教らは、北海道や青森、秋田の約70地点、600匹のニホンザリガニのDNAを分析。DNA型が変化していくパターンから、札幌近郊にいたグループが、150万年前よりも後に、津軽海峡を越えて生息域を広げたことが分かった。海では生きられず、人が持ち込んだとも考えにくいため、陸続きだったことを裏付けるとしている。

日本経済新聞『津軽海峡はかつて陸続き? ザリガニのDNA分析で判明』

本州に生息するニホンザリガニが外来種の可能性

ということは、「ブラキストン線」の存在を覆さない限りは本州に生息するニホンザリガニが近い時代に人為的に本州に移入してきた「外来種」である可能性が非常に高いということになります。

引用元:wiki

単刀直入にいいます。これまで津軽海峡を越えた生物は一切いないんです。しかしニホンザリガニの生息域だけは北海道及び本州の青森県などとされてます。これってかなりおかしいですよね?つまり青森などに生息するニホンザリガニは外来種の可能性大です。

しかし、ニホンザリガニが自力で津軽海峡を渡っていた可能性もあると当方は思っています。これは完全な新説です!

その場合には本州の青森に生息するニホンザリガニは外来種ではないです。

もしよろしければニホンザリガニがどのように本州に渡ったか、または、どんな可能性が考えられるかぜひ考えてみてください!!!

当方は既に考えがあります!次回の記事に続きます。

ニホンザリガニが津軽暖流に乗って津軽海峡を超えた可能性
前回の記事の続きです。 前回の記事では本州に生息するニホンザリガニは外来種の可能性があると書きました。今回の記事では逆に外来種ではない可能性を考察
スポンサーリンク

『本州に生息するニホンザリガニが外来種である可能性』へのコメント

  1. 名前:ヤマタカ 投稿日:2019/09/21(土) 17:31:35 ID:01c96ebbd 返信

    主に本州と別れているのは哺乳類。当然、エゾ種もいるけど爬虫類や魚類なんかはかぶるんだな。

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2019/09/22(日) 04:01:54 ID:362c938b2 返信

      哺乳類だけ明確に分かれているのは哺乳類に関しては研究が進んでるからではないでしょうか?

      魚類は正直言いまして当記事のニホンザリガニと同様に知られていないだけで実は国内外来種でしたというパターンは結構あると思ってます。魚は古くから日本人の食糧となっており交易や放流などによる移入の可能性は十分考えられるためです。

      例えば青森に生息するエゾホトケドジョウの個体群は国内外来種です。

      さらに、次回の記事で書く予定でしたが、海水魚が淡水で生活することは困難ですが淡水魚が海水で一時的に生活することは問題ない場合が多いため魚種によってはある程度海を介して移動してるはずです。例えばマス科の魚など。

      爬虫類に関しては卵の状態であればかなり耐久性もありますし津軽海峡くらいの距離であれば移動できている種もあるはずです。しかし特定の種の分布が津軽海峡を越えているという事実だけでブラキストン線を否定することにはなりません。イシガメやクサガメなどが北海道に生息していないという事実を含め総合的に考えて動植物の生息域に境界線があるからブラキストン線という説が有力になっているはずです。

  2. 名前:ml100vvvv 投稿日:2019/09/22(日) 18:16:53 ID:7100c605b 返信

    津波などで出た流木に付着して移動した。

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2019/09/22(日) 20:25:05 ID:362c938b2 返信

      その可能性も十分ありますよね。爬虫類とか両生類の場合には船の貨物に紛れたりすることでも移動してる可能性がありそうですね。

  3. 名前:Marume 投稿日:2019/09/27(金) 01:52:57 ID:e1bea091f 返信

    個人的な意見ですが国内の生物種の過去の分布域の変化を辿る上でブラキストン線はあまり信用できないと考えています。
    例を挙げるとキタリスとニホンリスには形態的違いがありますが、遺伝子レベルでの差異は大したことないって説もありますよね。
    絶滅種の日本産オオヤマネコについての文献を探していて見つけたものですが、
    脊椎動物の日本列島への侵入ルートについての資料としてはこれが良かったので置いておきます。
    https://www.jstage.jst.go.jp/article/mammalianscience/52/2/52_233/_pdf/-char/ja
    本州からもヒグマの化石そのものは発見されていますし、オオヤマネコなんか北方から侵入した生物種の典型例ですよね。
    だから津軽海峡を越えた哺乳類が存在しないのではなく現存しない。進入後に絶滅、または分化したと言う認識が正しい。
    ブラキストン線を始めとした現在の分布境界線は島嶼が大陸から切り離される事によって生じた海流の変化による気候変動なども踏まえたものです。
    極端な例を挙げると南極大陸なんか昔は緑の大陸だったのに南米から切り離された結果、寒冷化が進行して現在に至りますし。
    無脊椎動物は化石が残り難いので試料に乏しく語り難い部分もありますが、
    ヒメタイコウチなどの奇怪な分布様式と比較するとニホンザリガニの分布は非常に素直なので、
    北海道と本州のヒルミミズが別種である事実を鑑みても本州の在来種と考えて良いと思います。
    余談になりますがクサガメは近年の研究において人為的な外来種である事が判明しているのでブラキストン線を論じる上で無意味です。
    過去の生物についての資料を辿るとマナマズも本来は関西以南に分布していたものが人為的な移入によって分布を拡大した可能性が高いですし。
    一部の個体群は在来種であると言う主張が存在するカルムチー(ライギョ)についても。過去の記録がない事とアイヌ語の名詞が存在しないと言った理由で現在では否定されてたりしますよね。

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2019/09/27(金) 11:16:41 ID:004dc0b95 返信

      論点がだいぶズレてますね。

      ブラキストン線はあくまでも学説です。したがってブラキストン線の是非についてここで議論しても意味がないです。やりたいのであればご自身で論文でも発表して世間に問うてはいかがでしょうか?

      そもそも学説なんてものは都合のよいデータを持ち出せばいくらでも否定することは可能です。

      当ブログのアンチの方がネット上に転がってる都合のよいデータを見つけてきてはどや顔で当ブログを全否定してるのを見つけるたび完全論破してきましたがそれと同じです。

      都合のよいデータを持ち出して否定するのは簡単なんです。そうじゃなくていろんな角度から事象を観察して総合的に考えないと意味がないというのに、、、

      またそもそもブラキストン線などの分布境界線とは地理的条件だけによる境界ではなく気候的条件などにより総合的に境界として形成されたものです。記事では分かりやすさの観点からそこは省略してますが本文中に明記したwikiのページにそのように書いてあります。

      なお、ニホンザリガニが青森にも生息していることから津軽海峡が地続きだった可能性があるという説をどっかの大学の教授が発表してそれをマスコミが取り上げたことからこれがネット上では定説のような感じになっているようですがどう考えてこれは100%おかしく、記事でも書いたとおり本州に生息するニホンザリガニは外来種である可能性があります。事実、栃木県に生息するニホンザリガニは完全な外来種です。

      ただし当方自身は続編記事で書いたとおり津軽暖流に乗って津軽海峡を渡れた個体がいる可能性のほうが高いと思っていますがどういった経緯で本州に渡ったのかのルートが明確には分かっていない以上、青森に生息するニホンザリガニが外来種であるという可能性は否定できないものだと思ってます。

  4. 名前:匿名 投稿日:2020/10/20(火) 05:24:19 ID:4324abd95 返信

    DNAを否定するような内容は避けるべきかと。
    否定するという事は人のDNA検査も否定するのと同じ事ではないでしょうか?
    北海道のニホンザリガニと本州のニホンザリガニのDNAが一致する事を否定してしまうと、極端な言い方をすると同じ両親でたまたま北海道で産まれた双子の片方が産まれたが事情により本州でもう片方が産まれてしまった場合、本州で産まれた側はその両親の子供ではないと言ってるのと同じ事ではないですか?
    あくまでも仮説であるならDNAの否定は些か専門学者の批判にも繋がりますし、この国を根底から覆す事にもなりかねませんよ。

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/10/20(火) 13:02:02 ID:37826ebcd 返信

      おっしゃってる意味が分かりません。DNAが同じだから北海道と本州は陸続きだったと記事で取り上げた学者は考えてるようですがニホンザリガニのDNAだけを根拠に都合よく北海道と本州が陸続きだったと考えるのは短絡的過ぎだとこの記事では書いてます。

      だいたい学者というものは正しいかどうかは置いといて新説発表!みたいに自説を発表するだけでなんとなく世間から評価されてしまうからそういうのがおかしいんです。そんなの学問でもなんでもない。なんだったら当ブログのほうが幅広い側面から真理を追究していますのでそこら辺の適当な学者に補助金出すくらいなら当ブログを支援したほうが科学は進歩すると思ってます。

      またただの学説(その学者の自説)に過ぎないなのに新説登場!みたいに面白おかしく報道するマスゴミもよくないと思ってます。