外来種を放流するなと啓蒙活動してるオイカワマルさんがドジョウを放流

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

11/23追記:事後的に魚類学会に放流ガイドラインについて問い合わせを行いました。その結果、今回の騒動オイカワマルさんの軽率な嘘が招いたものだということで決着がついてます。詳細はこちらをご覧ください。

3/29追記オイカワマルさんツィッター活動休止に関して(是非お読みください)


Twitterでこんなツィートを見つけました。

ちなみにツイ主は先日の捏造ツィート騒動で話題になったあのオイカワマルさんです。

事実をねつ造して「外来種=悪」と印象操作をしている過激な外来種駆除活動家
「外来種が既存の生態系に重大な影響を及ぼす可能性がある」というのは事実ですし、「貴重な在来種や日本の大切な自然を外来種や開発行為などから保護していかなければいけ

行間を補足しながらこのツィート内容を解説しますとドジョウを田んぼに放流したいという農家がいて(なぜ?って思ったんですがそれはとりあえず置いときます)、しかしこの付近にはもうドジョウがいないのでドジョウの研究をされてるオイカワマルさんに相談があったんでしょう。そこでオイカワマルさんが提案したソリューション

「ドジョウがまだ生息していそうな場所を見つけてそこでドジョウを捕獲して田んぼに放流する」というものだったようです。

引用元:名古屋環境大学

一見かなり美しい美談だと思います。本人もそんな感じでツィートしてますね。

淡水魚の放流にはいろいろな問題がある

しかし、この行動、いろいろと問題があります。

専門家の監修のもとドジョウの養殖事業を行ったところでドジョウが逃げ出せば次のとおり自然環境や生物多様性にとって大小様々なリスクが発生することに変わりありません。農家に助言等を行うのであればドジョウが逃げ出せば大小様々なリスクが発生するため養殖場の整備を万全に行いドジョウが極力逃げ出さないよう計画を立てるべきだと助言するのが正しいです。

また、アメリカザリガニだって農家の養殖事業として全国各地に持ち運ばれそして養殖場から逃げ出して自然の生態系に定着したんです。アメリカザリガニを過剰に敵視(こちら)しているようですが専門家を自称したいのであればこういった経緯・歴史を学ぶべきです。

  1. 本来の生息地を外れたら在来種であっても国内外来種扱いとなる(詳細
  2. 同一種であっても水系により遺伝子が異なるため遺伝子汚染を招きかねない
  3. ドジョウは放流がよく行われているため同一水系であっても過去に放流された国内外来種個体の可能性がある
  4. ドジョウは外来種が蔓延しているため同一水系であっても交雑種の可能性がある
  5. 地点を越えた放流は病原菌や寄生虫等の拡散の可能性がある

つまりオイカワマルさんが放流した(放流予定の)ドジョウはたとえ同一水系のものだったとしても逃げ出せば外来種(国内外来種)ですしいろいろ言い訳があるようですが外来種駆除活動家外来種を放流しちゃまずいでしょう。

また、魚類学会のかなりお偉い先生に直接質問してこのように回答が返ってきてます↓

Q.ドジョウの養殖に際し同一水系で採集した種親を使うことでリスクを最小限にできるといえますか?

A.放流先に同種、近縁種の個体群が存在するならばたとえ同一水系の種親を用いたところでそれらに対する遺伝的影響はゼロとはいえずケースに応じて大小のリスクがありえます。

詳細はこちらの放流ガイドラインに関してまとめたページをご覧ください。

日本魚類学会『放流ガイドライン』に関するQ&A
日本魚類学会が「放流ガイドライン」というものを公表しています。正式名称は「生物多様性の保全をめざした魚類の放流ガイドライン」です。 以下、放流ガイドライン

ドジョウの遺伝子などどうでもいい

ちなみに誤解される方がいそうなので断っておきますと、ニホンザリガニの遺伝子には歴史的価値があるためニホンザリガニの放流は大問題ですが、ドジョウの遺伝子にはニホンザリガニほどの価値はないため個人的にはドジョウの放流なんて別にどうでもいいと思っています。

といいますかほとんどの淡水魚って既に放流されまくってて遺伝子カクテル状態で水系ごと遺伝子のまとまりなどもうほとんどないなどとも言われたりしてますよね。特にドジョウに関しては逃げ出すことが前提の養殖事業が地方のいたるところで行われています。

10/10追記:勘違いする方がいそうなので補足しておきますがどうでもいいからといって放流が許容されるわけではありません。むしろ生態系保全という観点からは放流は100%悪です。絶対放流するなという方向で周知徹底していかなければまずいでしょう。例外なんてありませんよ?

外来種関連の意識高い系ツィートでファボ数を稼いでる

しかし、今回ドジョウの放流をしたのは日頃から外来種関連の意識高い系ツィートや放流をやめろとかいうツィートをしてファボ数を稼いでいるオイカワマルさんです。

つい先日もこんな発言をしてました↓

休耕田でメダカやホテイアオイを放流することはダメだと農家の人達を晒しあげてみんなでフルボッコで叩いていた張本人なのに

同じ休耕田にドジョウを放流しておいて美談気取りはおかしいでしょ?

(オイカワマル)ドジョウは放流しても問題ない

あとはこれを言っちゃ外来種駆除活動家としてお仕舞い(オワコン)だと思うんですが、オイカワマルさんいわく、

ドジョウは放流してもたいして問題ないという言い分のようです↓

しかし、それを言ったらホテイアオイは日本の屋外ではほぼ越冬不可能なので放流してもたいして問題ないでしょうし、めだかだって既に放流されまくってますので水系ごと遺伝的差異はないでしょうからどじょうと同様に放流してもたいして問題ないから別に放流してもよいことになってしまいます。

でもそれじゃだめなんですよ。ということでこういったツィートを行いました↓

日本魚類学会「放流ガイドライン」

それに対するオイカワマルさんの反論が次のとおりです↓

これも↓

前述のとおり同一水系の魚であっても交雑種や放流により持ち込まれた国内外来種である可能性があります。

つまり地点を越えて放流したらDNA鑑定でもしない限り遺伝子汚染等の可能性は否定しきれないですし生態系インパクトも測りしれないです。また歴史の不可逆性の混乱も起こしかねないです。

それにも関わらず日本魚類学会が発表してる「生物多様性の保全をめざした魚類の放流ガイドライン」に準拠した形で放流を行っているからリスクはゼロだから問題ないとするオイカワマルさんの主張はかなりおかしいです。

なお、その後リスクゼロではない(つまり遺伝子汚染や外来種の拡散リスク等いろんなリスクがあることは分かった上で放流した)と訂正されましたが、こちらが追及したから事後的に訂正ってかなり酷いですよね。追求しなかったら間違いなくそのままリスクゼロだということで逃げ切るつもりですよね。

放流ガイドラインとはなんなのか?

なおここでオイカワマルさんの心のよりどころ生物多様性の保全をめざした魚類の放流ガイドライン」略して「放流ガイドライン」について少し解説しますと、実際にこれを読んでいただければ分かると思うんですが「放流ガイドライン」に従って放流をしている限りリスクゼロだなんてことはどこにも書いてありません。(ちなみに放流ガイドラインはここで公開されてます)

むしろ、放流にはリスクがあることから希少種保護という大義名分のためとはいえ、むやみに放流することを制限するために設けられた指針(行動目標)がこのガイドラインです。

詳しくはブログに書きますというその記事がこちら↓

日本魚類学会『放流ガイドライン』に関するQ&A
日本魚類学会が「放流ガイドライン」というものを公表しています。正式名称は「生物多様性の保全をめざした魚類の放流ガイドライン」です。 以下、放流ガイドライン

※魚類学会のとても偉い方(オイカワマルさんより100倍くらいすごい先生)に直接確認を行った内容です。

さらにここからいろんな話が進展してきます。ぜひすべてお読みください↓

国内外来種(国内外来魚)を軽視する風潮
Twitter限定で、だと思いますが「国内外来種」を軽視する風潮がありますよね。なぜなんでしょうね。外来種は「国内外来種」も「国外外来種」もどちらも含む概念であ
保全のために放流が行われるのは魚類関係のみ
「保全のために行う放流は問題のない放流である。」 このような発言をする方がいますね。 生物多様性を保全する放流と、生物多様性を破壊する放流が、あるん
オイカワマルさんって虚言癖がありますか?
オイカワマルさんって虚言癖がありますか? オイカワマルさんって虚言癖ありますか?今回のドジョウの放流は放流ガイドラインに則った放流ではないですよね。その一
問題のない放流って何なんだろう
オイカワマルさんは今回のドジョウの放流に関して次のような主張をしています。 ガイドラインに則って放流しているため問題ない 同一水系のドジョウを放
日本魚類学会『放流ガイドライン』に関するQ&A
日本魚類学会が「放流ガイドライン」というものを公表しています。正式名称は「生物多様性の保全をめざした魚類の放流ガイドライン」です。 以下、放流ガイドライン
スポンサーリンク

『外来種を放流するなと啓蒙活動してるオイカワマルさんがドジョウを放流』へのコメント

  1. 名前:つくし 投稿日:2019/10/07(月) 12:44:23 ID:6778738d9 返信

    はじめまして。突然すみません。
    強い言い方で申し訳ないですが、この記事を読むとブログ主様の主張は揚げ足取りではと感じてしまいました。。。
    相手の人は一度も今回の放流にリスクがないとは言っていないのに、そう言ったかのように誘導されていると感じました。
    「問題がある放流と、あまり問題がない放流がある」→「他地域から持ち込むという点でリスクはゼロではありません」発言内容に変化はなく、今回の放流について、リスクはゼロではないが指針や生態などを背景に考えて、リスクは少ないと言える遺伝子汚染等には配慮した対応だったのではないでしょうか?
    持ち主がドジョウを放す意思がある以上、買ってきた100パーセント外来種のものよりも近くの同系統のものを放す方がリスクは少ないのは明らかですし
    最初の投稿では、Twitterですし諸々説明が足りないだろうとは思いますが、、、。

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2019/10/07(月) 19:05:21 ID:290345dfb 返信

      この記事を書いたのは2日くらい前です。昨夜事後的にオイカワマルさんがリスクゼロではないと訂正をされましたのでその訂正をされたという部分を記事に追加して公開しました。したがって全体の構成上そのように感じるのであれば申し訳ございません。オイカワマルさんが悪いです。当方はリスクがゼロであるかどうかを質問しています。

      あとこれは問題提起です。信者の方には揚げ足を取ってるように感じるのかもしれませんが普段あんなに偉そうなことを言ってるんですから自分が放流しちゃだめでしょ

      持ち主がドジョウを放す意思がある以上、買ってきた100パーセント外来種のものよりも近くの同系統のものを放す方がリスクは少ないのは明らかですし

      完全な憶測ですが状況的にはたぶんそうでしょう。おっしゃるとおりだと思います。外来種のものを放流されるくらいなら多少リスクはあっても、、、と考えたのかもしれません。合理的な判断だと思います。

      しかしそういうことであれば最初からそのように説明するべきだったと思いますよ。他にも説明のしようはあったはずです。

      しかしそういった保全目的以外で行う放流は放流ガイドラインでは認めていません。放流ガイドラインをぜひご一読ください。

      ということはつまり、放流ガイドラインに従って放流してるからこれは問題のない放流であるというオイカワマルさんの対応は間違ってますよね。嘘ついてることになりますよね。

      一つ嘘をつくと雪だるま方式に話が大きくなって大問題になるということわざみたいな話がありますが今回の件はまさにそれです。自分の保身のために嘘ついて魚類学会を巻き込んだのはかなりの悪手だったと思います。何人か魚類学会に問い合わせする人物が出てくるんじゃないでしょうかね

  2. 名前:つくし 投稿日:2019/10/07(月) 21:08:13 ID:b8fb465dd 返信

    返信ありがとうございます!
    突然すみませんでした。
    まず、お相手は信者のような人がいる方なんですね、、科学的な分野でそれは怖い笑

    揚げ足取りについては、Twitterでのお二人のコメントを見て思った印象です。相手の人も研究者にとって当然だったとしても早く明言されるべきではありましたね。私みたいな素人には考えが及ばないので。

    ▶︎「しかしそういった保全目的以外で行う放流は放流ガイドラインでは認めていません。放流ガイドラインをぜひご一読ください。
    ということはつまり、放流ガイドラインに従って放流してるからこれは問題のない放流であるというオイカワマルさんの対応は間違ってますよね。嘘ついてることになりますよね。」
    恐縮ながらガイドラインは読ませていただいた上です。
    ガイドラインでは、【なお,本ガイドラインは,主として野生集団の保全を目的とする放流のためのものである.それ以外の目的を含む水産業やレジャー,ペット投棄などに伴う放流行為を対象としない.しかし,これらの放流も,生物多様性の保全に反して実施されることは望ましくないため,共通する検討事項は多いはずである】と書かれてました。
    相手の人は「〜ガイドラインに、生物多様性保全に反しない放流の基本的な考えかたが整理されています」「基本的に〜ガイドラインに則って行います」と言ってました。

    生物多様性保全目的であるかは、推測するしかないですが、そうでなくともガイドラインに則って行うのであれば、リスクは少ない(リスクゼロ、全く問題ないとは言われてないので)という主張に間違いないように思うのですが…。嘘…ですか?

    今回はじめの相手のコメントでわかりにくいなと思ったのは、ガイドラインでいう【放流場所】と【放流個体】の選定経緯かなと思ってました。
    ただ、読み進めてると
    【場所】については、その田に現在ドジョウ(近縁種含め)はいない。
    【個体選定】については、【放流先と同じ水系の地理的近傍に生息し,かつ遺伝的・生態的に近い集団からのものとするべき】とされているガイドラインの通りの方法。
    だと思います…。

    素人考えで申し訳ないです。ドジョウに詳しいわけでもないですが、上のように考えています。

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2019/10/07(月) 23:34:30 ID:290345dfb 返信

      結局オイカワマルさんの言い訳は全て嘘だったようでつくしさんの想像どおり養殖事業のための放流だったようです。つまりガイドラインに準拠した放流ではないです。ガイドラインに準拠しているからこの放流は問題のない放流だと言うオイカワマルさんの発言は完全なるデマです。

      その後いろいろ話が進展してますがそれは置いといて。

      こういった環境系のテーマに関しては何十年後、何百年後の結果を見てみないことには何が正解だったかは何とも言えないです。したがってこうするべき、ああするべきとオイカワマルさんのように無責任に発言するのは簡単ですが正解は誰にも分からないので無責任な発言は控えるべきです

      当方は現在はドジョウを放流したオイカワマルさんの支離滅裂な行動を問題提起していますが記事でも書いているとおり個人的にはドジョウの放流なんてたいして問題ではないと思ってます。

      また遺伝子汚染はTwitter上ではかなりのパワーワードですごく深刻であるかのように扱われていますが生物は突然変異により当たり前にDNAに変異を生じるものですしそもそも有性生殖を前提にすると遺伝子にはバリエーションが生じるのが当たり前ですので遺伝子汚染というワードはちょっと理解に苦しむところではあります

      だからといって放流してもよい訳がなく、建前的には外来種であろうが在来種であろうが絶対放流するながどう考えても正しいので問題のない放流だとかいうよく分からないデマを堂々と流布したオイカワマルさんの罪はかなり重いと思ってます

      放流場所の選定に関しては今回は田んぼに放流ありきですので全くガイドラインに準拠していませんね。
      放流個体の選定に関しても今回は養殖事業のための放流ですので適切な選定が行われているわけがないのはいうまでもないです。

  3. 名前:田中太郎 投稿日:2019/10/07(月) 23:00:10 ID:2e2a70d2e 返信

    外来種を愛でることと 国内の生き物を守る事は別ですよね。

    オイカワマルさんと議論されるつもりで問題提起をされているのですか?
    まず貴方は外来種を放流する事に賛成派なのですか?

    『意識高い系』が『偉そうに』してるのが気にくわない。リスクゼロではないと最初に言わなかった『嘘つき』だからヤジを入れてる様に見えてしまいます。
    因みに私は『信者』ではございませんm(_ _)m

    問題提起というよりも、公開悪口 晒しあげに見えるので ブログの内容を見直すべきではないでしょうか?

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2019/10/08(火) 00:02:29 ID:a5d2893d7 返信

      外来種(国内外来種を含む)を放流することは大反対です。記事でも書いているとおり在来種外来種関係なく被害があるならば駆除は必要だと思ってます。また、在来種を保全したいとか逆に外来種を駆除するのは反対だとかいうような個人の主観は一切ないです。極めてイーブンなポジションです。またザリガニが好きだという訳ではなく生態や遺伝に興味があるから飼育しているだけであって(常々書いてます)全ての生き物や自然を愛してます。

      これに対するオイカワマルさんは在来種の保全のために外来種を過剰に敵視してなんとしてでも駆除しなければいけないと考えているかなり偏ったパヨクみたいな思想をお持ちの方ですよね。異論がありますか?

  4. 名前:どじょうに問題があるかどうかは本質ではない 投稿日:2019/10/07(月) 23:35:03 ID:a19928a3f 返信

    どじょう云々やガイドラインがどうのとかいう以前に、あそこまで外来種の放流
    がどうの言っているオイカワマルさんが、頼まれたからとはいえ放流というリスク
    のある行い自体をザリラムズさんは批判されていると思うのですが如何ですか?

    外来種といわれる生き物が日本に生息している限り、それ自体が自由に移動する
    のを人為的に食い止めるのは不可能です。それに伴い在来種の生活圏が脅かされ、
    問題も出てくるでしょう。
    生き物自体が自ら移動することは仕方ないにしても、人為的に移動させることは
    抑制出来るよね?というのがそもそもの外来種問題の基本なのに、リスクが払拭
    しきれない放流という人為的移動行為を、先頭に立って外来種問題に取り組んで
    いるのであろうオイカワマルさんがやってどうするねん!ということですよね。

    オイカワマルさんのような活動をされている方は、外来種・在来種問わず放流と
    いう行為を行うこと自体が矛盾を生みだすと個人的には思っています。

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2019/10/08(火) 00:11:12 ID:a5d2893d7 返信

      勘違いされてるようですが記事にも書いているとおり個人的にはドジョウの放流など別にどうでもよいと思ってます。また、おっしゃるとおり人類の活動に伴って生き物の生息域が広がるのは必然ですので外来種を過剰に敵視する風潮はそもそもおかしいです。

      また国外外来種、国内外来種問わず本来の生息域ではない別の生息域に人為的に移入された場合の生態系インパクトははかりしれないです。なにも国外外来種に限定した話ではありませんん。

      また今回問題としてるのはメダカやホテイアオイの放流を晒しあげて信者とグルになって叩いていたオイカワマルさん自身がドジョウの放流(国内外来種)をしちゃまずいでしょってことです。まずいと思わないんですか?

  5. 名前:つくし 投稿日:2019/10/08(火) 00:01:38 ID:e521c1fba 返信

    え?いや、生物多様性保全目的でなくても、ガイドラインに準拠しているかは否かは重要で、保全目的でないからといってガイドラインには沿うべきだと思います。
    なので、その点についてはデマではないと思いますよ?
    それは流石に私でもわかります。
    最初のコメントから、地権者の放流したいという意向は書かれてましたし。

    大丈夫ですか?
    なんか支離滅裂になられてますよ
    「建前的には外来種であろうが在来種であろうが絶対放流するのが正しいので問題のない放流」なんて、どう読んでも言われてなかったですよ?

    田んぼへの放流ありきだったのは、地権者でオイカワマルさんは、相談を受けた有識者ですよね?養殖事業をしたい人ではなく。

    その上で、助言をする立場としてできる最大限のこととして、ガイドラインに準拠した放流個体の選定をして放流したと感じられましたよ?
    繰り返しになりますが、最初のコメントでは説明が足りないとは思いますが。

    あと、ドジョウには詳しくありませんが、そもそも淡水魚は遺伝子のカクテル?状態であるとか、遺伝子汚染を軽視しすぎだと思います。リスク管理は必要です。その上で、結果的にガイドラインに則っていたが明らかですし、オイカワマルさんの話にデタラメは感じられませんでした。

    「外来種問題の有識者が自己中心的に外来種放流した事実を見つけた」という結論ありきになられてませんか?

    言葉が荒れてしまいました。
    すみません。

  6. 名前:田中太郎 投稿日:2019/10/08(火) 01:48:27 ID:be8032342 返信

    異論あります。オイカワマルさんの固定ツイートを見てください。偏った思想で外来種を駆除してる方ではないと思います。

    メダカやホテイアオイの放流が問題であれば、それを本人に直接質問すれば良いのでは?

    解決したい、納得したい というよりも気にくわない、言い負かしたい気持ちの方が強いのかなと感じてはいましたが…
    『偏ったパヨク思想に見えるのが気に入らない』のが理由ならば納得です。

    高圧的・攻撃的にならずに、貴方の疑問が解決することを願います。

  7. 名前:ザリラムズ 投稿日:2019/10/08(火) 10:16:08 ID:a5d2893d7 返信

    つくしさん

    いろいろとちょっと意味が分かりません。ガイドラインに関して私はこう思うああ思うで議論しても意味がないので魚類学会に直接問い合わせて回答を得てください。

    保全目的以外でもガイドラインに従うのは自由でしょうがそもそも今回のオイカワマルさんの放流は前回のコメでも書いたとおり選定などの要件を満たしていないのでガイドラインには準拠していません。則っていません

    結論ありきではないです。最初はオイカワマルさんに直接質問しています。その結果、ガイドラインに準拠しているから問題ないと回答がありました。しかしそれはおかしいと思い(実際おかしかった)魚類学会に問い合わせを行ったりとリサーチして記事をまとめています。

  8. 名前:ザリラムズ 投稿日:2019/10/08(火) 10:18:01 ID:a5d2893d7 返信

    田中太郎さん

    偏ってます。「生物多様性」という言葉の本来の意味は在来種であるか外来種であるかの区別なく生物を対象としてます。ここには外来種も含まれます。

    しかしオイカワマルさんにとっての「生物多様性」は在来種限定です。この時点で大きく偏ってます。

  9. 名前:田中太郎 投稿日:2019/10/08(火) 10:58:58 ID:be8032342 返信

    オイカワマルさんにとっての「生物多様性」は在来種に限定しています。この時点で大きく偏ってる

    ↑在来種に限定して研究されてるのではないのですか?研究とはそういうものでは…
    それの何がいけないのですか?貴方が仰る過剰に敵視だとかパヨク思想には当てはまらないと思います

    人間の考え方の多様性を理解するべきです。

    私から見れば、貴方がオイカワマルさんを『過剰に敵視して駆除しようとしてる』様に見えますよ。

    貴方の外来種に対する不満は、オイカワマルさんに求めずに自分自身で追及し納得して下さい。
    外来種飼育者のイメージが下がらないか、心配です。

    今が引き際ではないでしょうか。考え方は違えど 同じ自然や生き物を愛してる者同士 どうか 適度な距離感でやってください。

  10. 名前:つくし 投稿日:2019/10/08(火) 12:24:00 ID:508085955 返信

    そうですか…わかりづらく申し訳ありません。

    でしたら、お手数ですがザリラムズ様の魚類学会さんへの質問とその回答を教えてくださいませんか?
    自分が問い合わせても知識不足で同じレベルでの問い合わせできないと思うの
    記事にはあるのは、ザリラムズ様の理解のみで、魚類学会さんがどこをおかしいと回答したのかが書かれてないようなので、ぜひよろしくお願いします。

  11. 名前:ザリラムズ 投稿日:2019/10/08(火) 12:39:19 ID:a5d2893d7 返信

    田中太郎さん

    全く回答になっていません。多様性を理解するべきなのはオイカワマルさんです。生物多様性の本来の意味ではそこには外来種が含まれるんです。外来種を排除することが生物多様性ではないんです。

    それが彼にとっての心がときめく楽園だったとしてもです。

    ただし外来種により被害が発生しているのであれば駆除は必要でしょう。それとこれとは別の話。

    また自分達とは異なる意見を必死に封じ込めようとしている田中太郎さんに人間の多様性を理解しろなどと言われましても説得力が皆無です。

  12. 名前:ザリラムズ 投稿日:2019/10/08(火) 12:43:20 ID:a5d2893d7 返信

    つくしさん

    何をおっしゃってるのか意味が分かりません。自身の疑問点は自身で解決するしかないのでは?

  13. 名前:greenling 投稿日:2019/10/08(火) 12:47:08 ID:50e7a4303 返信

    オイカワマル氏は信者みたいな人が多いのと、その信者向けに発言する余り言ってることが二転三転している感がありますね。

    貴方は敵意剥き出しで少々突っかかり過ぎだと思いますが、オイカワマル氏の発言に違和感を覚えるのも仕方ないと思います。

    個人的にはオイカワマル氏が今回行った事自体はそこまで問題ないとは思いますがね。

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2019/10/08(火) 13:06:24 ID:a5d2893d7 返信

      オイカワマルさんの化けの皮を剥ぐためにいくつか質問して言質をとりつつここぞというタイミングで意識的に攻勢にでました。その結果嘘を自白したという結論になってます。

      なお、完全に弱ってる相手をさらに責める行為については世間の理解は得られないでしょうね。そこは反省してます。弱ったマツコデラックスをN国立花さんが責めることに批判があったのと近い構図になってますね。

  14. 名前:つくし 投稿日:2019/10/08(火) 13:15:39 ID:508085955 返信

    そうですか。
    今回の事例はやなりガイドラインに則ったリスクの少ない放流であった思います。
    取れていない揚げ足取りばかりで、ザリラムズさんが具体的に何を問題視しているかがわからなくなってしまったのは残念です。

    化けの皮を剥ぐというスタンスそのものが間違っていると思います。
    議論ができない方なのだとわかりましたので、これ以上は大丈夫です。
    お手数をおかけしてすみませんでした。ありがとうございます。

  15. 名前:ザリラムズ 投稿日:2019/10/08(火) 14:47:59 ID:a5d2893d7 返信

    つくしさん

    「ガイドラインに従ってるから問題のない放流である」というデマを未だに真実だと思い込んでるようですがそれはオイカワマルさんがついた嘘です。嘘じゃないと思うなら魚類学会に直接問い合わせて確認してみてはいかがでしょうか?

    また今回の放流はガイドラインとは無関係であることはオイカワマルさん自身も認めたことです。なんとかして当方の揚げ足を取りたいようですが同じことをいろんな人に何回も解説しなければならずとても疲れました。みなさんレベルが低すぎます。人の発言を鵜呑みにしてるだけで自分で調べたりしないからでしょうね。

    オイカワマルさんを信じるのはご自由ですが書籍を読んだりネットを見たりと自分で調べない限り成長しませんよ。永久に化石です。