オイカワマルさんって虚言癖がありますか?

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。あと「ネットストーカーラマシーザリガニ」さんはいい歳したおじいちゃんなんですからネットストーキングを辞めてください!(参考ページ

オイカワマルさんって虚言癖がありますか?

「今回のドジョウの放流は同一水系のドジョウを選定するなど一定の配慮をしているので生態系被害は最小限になるよう努めてます。」であれば話の筋としては分からなくもないんですよ。

しかし、ガイドラインに即していないのにガイドラインに即してると発言するのは嘘じゃないですか?

既にご自分で今回の放流は放流ガイドラインに即した放流ではないと白状されていますよね↓

それなのになぜこんなに軽々しく「嘘」をつけるのか全く理解できません。

  • 養殖事業のための放流で
  • 逃げ出す可能性がきわめて高い場所で
  • 放流ガイドラインに書いてあるような種の保全のために必要な放流ではありません

このように「ご自分で発言」されているのに↑

こんなに偉そうに返答↑(笑)

Q&A

オイカワマル(オイカワ丸に改名):「放流ガイドラインに則っていない」と判断できる部分があるのか教えて下さい。

ザリラムズ:「厳密には放流ガイドラインに書いてあるような種の保全のために必要な放流ではありません」とオイカワマルさん自身から回答を受けていますが??

今回だけでオイカワマルさんのいろんな嘘が発覚

今回だけてもオイカワマルさんのいろんな嘘が発覚しました。

  • 保全のための放流であると最初に言ったけど実は養殖事業だった
  • ガイドラインに即してないのにガイドラインに即してると発言(しかも2回)
  • ガイドラインに即して行う放流は問題ない放流だとかいう嘘

これもう絶対オイカワマルさんって虚言癖があるとしか思えないんですよね。

虚言癖がある人は嘘つくことに罪悪感がない

昔、虚言癖がある知人がいたことがあるのでその彼との付き合いでいろいろ学んだんですが、虚言癖がある人は嘘をつくことに対する罪悪感がないんです。

したがって簡単に嘘をつきます。しかも嘘に嘘を重ねてさらに嘘をつきます。虚言癖があるってそういうことだと思います。

彼らは本当にナチュラルに嘘つきますからね。ナチュラル、とても「自然」にです。

そういえばオイカワマルさん絡みでちょっと前にも捏造騒動がありましたよね。

外来種の侵入によりたった1年間で在来の水草が食べ尽された!!!らしい
みなさんこのツィートを見てどう思いますか? 左;キクモ、ミズオオバコ、コナギ、イボクサ、イトトリゲモなどの水草

オイカワマルさんのツィートとか興味もなかったので自然の生態系とかにはかなり興味があったものの現在ツイッター初めて2年くらいだと思いますがずっとミュートしてて一切見てませんでしたがとあるキッカケで覗いてみたらなんじゃこりゃってなったのが8/16の↑の記事なんですがそれから数ヶ月でまた今回の騒動です。

事後的に訂正を行えば済む問題ではない

論文であれば嘘ついても事後的に訂正すればそれで済む問題なのかもしれません。

嘘ついててもSTAP細胞のように社会問題化した場合にはニュースにとりあげられるケースはありましたが、そもそも学術界隈では別の研究者による反証とかは普通に行われるものなので逆に「反証されるまでは堂々と嘘がまかり通ってしまう」おかしなところがありますよね。

したがって保方晴子のSTAP細胞のように学術界隈では言ったもの勝ち、発表したもの勝ちなところがあります。

オイカワマルさんてこういう体質が染みついててナチュラルに嘘ついてしまう癖がついてしまってるんじゃないでしょうか?それとも研究者の方ってみんなこんな感じなんですかね?ちなみにザリガニに関する論文やら定説にはかなり間違いが多いです。

自分の目で確信できるまで、自分の頭で考えて納得いくまでやる
京都大特別教授の本庶佑氏がノーベル賞を受賞されました!おめでとうございます!同じ日本人としてとても誇らしいですね。

本日ノーベル賞が発表されましてまた日本人受賞者が出ましたが前回のノーベル賞受賞者の京都大特別教授の本庶佑氏が「論文に書いてあることはほとんどデマだから自分の目で見た真実だけを信じるべき」だと受賞後のインタビューで答えてます。これは本当だったんだなぁと今回改めて気づきました。

人間はそもそも洗脳されやすい生き物

人間の脳みそは無意識状態だと一番最初に植え付けられたイメージで90%くらいものごとを判断してしまうようにできてると感じます。

鳥のヒナは産まれて最初に見た相手を親鳥だと錯覚するようですが、集団行動して社会生活することに究極に特化した人間も同様に最初に植え付けられたイメージでものごとを判断してしまうようにできている気がします。そのほうがいろいろと波風たたないので都合がいいんですよ。

例えば主従関係は「この人が主だ」という刷り込みにより成立します。ブラック企業も最近急に登場したのではなく昔からああいうのはあったんです。でも日本人は勤勉ですし「お国のために、お上のために、会社のために」という刷り込みによりそれが当たり前だとみんな洗脳されてて今まで表面化しなかっただけなんです。

でもネットが普及して情報が自由に行き交いする時代になりああいうのに疑問に感じる労働者が増えて現在のように社会問題として顕在化したに過ぎません。

過激だけど熱意の低い信者の存在

あと今回分かったんですがオイカワマル信者の中には過激に反論してくる方がいるんですが、かなり過激な方もいましたが、魚類学会に直接問い合わせてその回答を当方に突き付けてくるくらいの「熱意のある方」は皆無でした。

これ非常に寂しくないですか?オイカワマルさんと信者とは一方的な上下流関係しかないと感じます。

SNSの利点ってネットワーク状に広がった「集合知」だと思ってるのですが

引用元:ECZINE

オイカワマルさんとその信者との間には一方的に上から下に情報が流れてるだけの関係だということです。滝みたいな感じ。そしてオイカワマルさんに意見する人って皆無ですよね。「あんな偉い人に意見してはいけない」というようなおかしな風潮すらありませんか?

だから信者のみなさん揃いも揃って「オイカワマルさんが〇〇だと言ってる」とか「オイカワマルさんはそんなことするはずない」とかそのレベルの反論しかできない点で共通してるんでしょう。

アメリカザリガニは農家の養殖事業を理由として拡散

オイカワマルさん含めその下流の信者の方も誰も「気にかけたことすらない」と思いますが、アメリカザリガニって農家の養殖事業により日本全国に拡散されたんですよ。

アメリカザリガニは儲かる副業として農家により日本全国各地に拡散した
アメリカザリガニが全国に拡散した経緯についてまとめてみます。結論から書きますとアメリカザリガニは儲かる副業として農家

それなのに、こういう歴史的経緯を何も知らずに農家からドジョウの養殖を始めたいからと相談を受けたからといって田んぼから「ドジョウが逃げ出すこと前提の放流計画」に安易に賛同って

「生物多様性」の見地からかなりおかしいと言わざるを得ません。

外来種を放流するなと啓蒙活動してるオイカワマルさんがドジョウを放流
11/23追記:事後的に魚類学会に放流ガイドラインについて問い合わせを行いました。その結果、今回の騒動オイカワマルさ

生物多様性や自然の生態系の保護

もし本当にオイカワマルさんが生物多様性や自然の生態系の保護を第一に考えているならば、「アメリカザリガニの拡散の経緯」「外来種(国内外来種を含む)による深刻な生態系被害」を農家に伝えて安易な養殖事業をやめるよう農家を説得するべきだったと当方は考えています。

建設的な議論がしたいとオイカワマルさんはおっしゃってましたがこれがオイカワマルさんからの質問に対する当方の意見です。ぜひ返答ください。

建設的な議論は歓迎されてるんでしたよね?

駆除するには駆除対象を研究する必要がある

あとはそもそもアメリカザリガニ問題について首突っ込みたいならアメリカザリガニの生態についてきちんと勉強するべきです。普段あれだけアメリカザリガニを敵視しておいてアメリカザリガニの拡散経緯も知らずに農家のドジョウ養殖に協力とか爆笑なんですよ。

アメリカザリガニについて何も知らないのにどっかで見聞きした情報を鵜呑みにしてそれを根拠に「ザリ色の水」とか大々的に全世界に発表してましたがそれも本当に大爆笑です。

日本全国のザリガニ飼育者が聞いたら全員笑いますよ。なんで笑われるのかオイカワマルさんには分からないのかもしれませんが。

保全のための放流に限定されている

オイカワマルさんによる捏造発言やら洗脳された信者の虚偽情報などが飛び交ってるので今回の件、論点がズレにズレまくりでいろいろと意味分からないことになってるんですが、

そもそも養殖事業のために行うドジョウの放流は放流ガイドラインの「適用対象外」です。放流ガイドラインにはこのように書いてあります↓

本ガイドラインの対象は,希少種を中心とする魚類の放流であり,その目的は地域集団(個体群)や生物多様性の保全である

放流ガイドラインでは選定を要件としている

また、田んぼに放流ありきでは放流ガイドラインが定める「選定」という要件を満たしません。放流ガイドラインにはのように書いてあります↓

放流場所については,その種の生息の有無や生息環境としての適・不適に関する調査,放流による他種への影響の予測などを行った上で選定するべきである.

ちなみに「選定」とは複数の候補地の中から最適な場所を選ぶことです。

「放流場所=田んぼ」と最初から所与のものとして与えられてる今回のドジョウの放流はガイドラインに規定する選定の要件を満たしません。

放流を行った記録に残し公開する必要がある

ここまで言ってもまだ放流ガイドラインに準拠してると言い張りたいのであれば、オイカワマルさん今回の放流に関する記録を全て公開してください。放流ガイドラインにもこのように書かれています↓

放流を行った記録を公式に残し,保全目的に反しない限り,公開すべきである.

公開の必要があると考えるため公開を「要望」します。

次の記事に続きます↓

問題のない放流って何なんだろう
オイカワマルさんは今回のドジョウの放流に関して次のような主張をしています。 ガイドラインに則って放流してい

10/11追記

今回の記事の内容に対してオイカワマルさんから当ブログに書かれてることは全てデマだというような回答がありました↓

ここは正しい、ここは間違ってるではなく当ブログで書かれてることは全部デマ、間違ってるということらしいです。これって明らかに当ブログの名誉を棄損してますよね。ジャーナリズムの否定でしょうか?それはまぁ置いといて

もともと今回の記事はオイカワマルさんから「ガイドラインに則っていないと判断できる部分があるならを教えてほしい」と質問を受けたので書かせていただいたものです。

「放流ガイドラインに則っていない」と判断できる部分があるのか教えて下さい。

言葉のキャッチボール的には当ブログで書かせていただいた内容に関してもし仮に間違った箇所があるならば具体的にその箇所を指摘をしていただくのが筋ではないでしょうか?訂正だって行いますよ。しかしなぜそれをしないでこんなツィートをしてるんでしょうか?

最終的に反論できなくなったから「悪意」だといって切り捨ててるわけですよね。

Twitterは文字制限があり言葉足らずになるので真意が伝わりづらいという欠点がありますが、それであればTwitterによる情報発信は控えてブログやYoutubeなどによる情報発信に切り替えてはいかがでしょう?

今回の件を抜きにすればオイカワマルさんの発言内容は概ね理解できますし一意見としては概ねアリだと思いますがが常に一方的すぎます。背景や個別事情を無視しすぎです。無責任に外野から自分の意見を主張するのは簡単なんですよ。

もしかして自分自身を全知全能の神か何かと勘違いされてるのでしょうか?

今後は各事例ごとに個別事情、背景などもしっかり読み込んだ上での情報発信を心掛けていただきたいものです。

Twitterは文字制限もありなかなか真意が伝わりづらいものだと思いますのでTwitterによる誤解を招きかねない安易な意識高い系ツィートは今後は控えることをおすすめします。

『オイカワマルさんって虚言癖がありますか?』へのコメント

  1. 名前: 投稿日:2019/10/10(木) 02:53:34 ID:f4b6fc5f5 返信

    ザリラムズさん、こんばんは。

    何点か教えてください!
    お二方のやりとりとすごく考えさせられる記事を読ませていただいた上で、ガイドライン等を調べてみたんですが、読み慣れておらず確信が持てませんでした。
    放流ガイドラインには、生物多様性の保全が目的ではない放流、今回の養殖目的の放流は対象ではないので、オイカワマル氏の言うガイドラインに則るということは不可能でリスクが少ないという発言も嘘っぱちであると認識で正しいですか?

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2019/10/10(木) 10:15:11 ID:3b3fc3a78 返信

      養殖事業のための放流はガイドラインの「対象外」ですのでここでガイドラインの話が出てくること自体がおかしいです。

      環境に配慮してます等であれば話の流れとしては分からなくはないですがしかしアメリカザリガニ拡散の経緯を考えると保全活動みたいなことをしてる人が農家の安易な養殖事業に協力することは根本的にズレてると感じます。

  2. 名前: 投稿日:2019/10/10(木) 12:11:18 ID:29a582ace 返信

    なるほど、ありがとうございます
    対象外というのは
    `ガイドラインは,主として野生集団の保全を目的とする放流のためのものである.それ以外の目的を含む水産業やレジャー,ペット投棄などに伴う放流行為を対象としない’
    という記載があるからというですね!

    確かにそもそも放流はすべきでないと説くべきだったんですね!
    読み進めているうちにわかったことですが、遺伝子検査前に放流されてなくてよかったです!

    ただもし地権者がどうしても強行したい時などにどうしたらいいか悩みます。
    ザリラムズさん曰く、今回のドジョウの放流は同一水系のドジョウを選定するなど一定の配慮をしているので生態系被害は最小限になるよう努めてます。と言う説明ならわからなくもないと言うことは、オイカワマル氏の対応自体は参考として良いのでしょうか?
    ゼロにはならないまでもリスクを軽減する意味では最大限に近い対応だったとお考えですか?

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2019/10/10(木) 13:02:50 ID:3b3fc3a78 返信

      自然保護人間の経済活動は本来相反するものです。

      自然保護の観点からは放流は絶対行うべきではないです。これは絶対的な真理です。仮に今回の放流が本当に種の保全目的であってガイドラインにのっとった放流であったたとしても「自然保護の観点からは放流するな」これが当方の意見です。

      逆に人間の経済活動の観点からは農家の方が家族を養うために行うドジョウの放流事業が自然環境を破壊するものだとしても止める手段はないですし外野が意見することすら間違ってると思ってます。オイカワマルさんがいなかったら外来ドジョウを放流していたとしてもしょうがないんじゃないですか?既に日本全国各地でそうやってドジョウは養殖されてますよ。

      問題だと思っているのは普段こういったケースで個別事情や背景を無視して外野から一方的に自然保護の立場から意識高い系発言してるだけの人自分が絡んだ放流についてだけ人間の経済活動に伴う合理性を持ちだしたら支離滅裂だということです。

      諫早湾干拓事業だって必要性があってやってるんですよ。好き好んで環境破壊してるわけじゃないです。

  3. 名前: 投稿日:2019/10/10(木) 14:41:45 ID:29a582ace 返信

    確かに、生物多様性の保護だけを目的にすれば放流には問題が多いですね。その上で、経済活動などとの折衷案を見つけていく必要がありますね。

    外野が意見することの是非はなやまかですが、
    とにかく個人的に今回の件は、地権者の方がオイカワマル氏に相談していただいてよかったなと思います。
    Twitter上での意見などはさておき、全く関係ない場所の100%周囲のドジョウと遺伝子の異なるドジョウが放流されるよりも、逸出した際などの当該地周辺(当該地にはそもそもいないようですし)のドジョウへの遺伝子汚染のリスクはかなり減らされたと思いますし、個人レベルで遺伝子の検査までしませんしね。

    今回のコメントもそうですが、Twitterやweb記事では、背景までよくわからないですもんね。そこについて、ザリラムズさんやオイカワマル氏のように疑問を呈していただけるのは、勉強になるのでありがたいです。みんなが批判的にならずに建設的な議論を行いより良い将来に繋がるといいですね。
    その時々の最善を目指して最大限努力していきたいですね。

    ガイドラインの意図や基準を参考にしたリスクの少ない放流方法(まだ放流されてないようですが)だったのではと思うので、とんでもない嘘とはなかなか強いおっしゃりようだとは思いましたが笑
    オイカワマル氏は、リスクの少ない。や、あまり問題のない。という表現をずっとされているので、問題ない。リスクゼロとは言われてないかなと

  4. 名前:ザリラムズ 投稿日:2019/10/11(金) 16:56:19 ID:2feee3275 返信

    いえ、ガイドラインにも書いてあるとおり水産業はガイドラインの対象外です。そしてドジョウの養殖は水産業です。保全ではありません。

    水産業やレジャー,ペット投棄などに伴う放流行為を対象としない

    ドジョウの養殖種親を田んぼに放流をする際には専門家に相談したほうがよいなどということになってしまうと鮎の放流に際しても専門家に相談しないといけないことになってしまいます。

    そのほうがよりベターではあるんでしょうがそういうことになったら水産業の足を引っ張るだけです。九州のほうでは県をあげてドジョウの養殖事業を進めてるんですが地方の経済成長に影響がでてしまいます。

    またこれをかなりの方が勘違いしてると思いますが専門家に相談したからといってそれによりリスクが回避される訳では全くありません。むしろ専門家に相談してるから多少逃げても大丈夫などと考えられるほうが危険です。逃げたらぜんぶ外来種です。絶対逃げないようにやってくださいが自然保護活動家としては正しいでしょう。

  5. 名前:りんりん 投稿日:2019/10/22(火) 02:31:13 ID:e2fa06fe4 返信

    オイカワマル君すんなり論破されてて草

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2019/10/22(火) 11:47:53 ID:246be2cda 返信

      ホントそれです。

      完全に論理が破たんして完全に論破されてるのに、しかもそれを一般の人が見てるのに知らんぷりできる神経の太さに関心してます。