戻し交配によりほんのり赤みがある白ザリの固定化に挑戦中

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

戻し交配によりほんのり赤みのある白ザリの作成に挑戦中です。

このほんのり赤みのあるオスをF0の元親として↓

やや赤みがあるのが分かっていただけますでしょうか?↓

2019年春にF1の子供をとりまして、そのF1のメスをF0の元親と「戻し交配」しました。

それにより産まれた赤ちゃんとF1メスがこちらです↓

むちゃくちゃかわいいですね。色なんかどうでもよくなっちゃいます笑

まだ産まれたばかりなので分かりませんが色合い的にはF1の母ザリよりもF0の祖父ザリ寄りになるのではないかと想像してます。上手くいけばですが。

なおこの稚ザリは本日ヤフオク出品しました。

ザリガニの色合いには個体差がある

戻し交配を行ったり長い間累代したりといった固定化作業を行わない限りザリガニの色合いには必ず個体差がでます。例えばオレンジザリガニとはいってもそもそも与える餌により赤が強く発色したり発色が悪かったりしますがそれは置いといて

個体差、血統の違いにより色の濃さにはバリエーションがあります。

ピンクザリガニが真っ赤になってしまった
当方がブリードして以前ヤフオク出品してたピンクザリガニですが手元に残してた全ての個体が普通のオレンジザリガニのように真っ赤になってしまいました。 いろ

白ザリも同様で白ザリとはいえ長年近親交配でインラインブリードされてる血統以外は白ザリ同志の交配でも色合いに若干バリエーションがでます。そうやって産まれたのが冒頭のやや赤みのあるオスでして、その表現を固定化しようというのが今回の試みです。

サザエさんファミリーで戻し交配を解説

戻し交配につきましてはこちらの記事で詳しく解説しましたが↓

戻し交配の要点を簡潔にまとめてみました
質問を受けましたので簡単に解説してみます。ちなみに当方は特に遺伝について専門知識があるわけではありませんので間違ってる点などございましたらご指摘いただけますと幸

せっかくなので磯野家家系図を使ってより具体的に解説してみます。

一言で言うと戻し交配とは、

波平さんの髪の毛1本遺伝子をより強固なものにするため、ワカメちゃんに波平さんを種付けして赤ちゃんを産ませるというものです。

ちょっと例えは悪いですが・・・

ワカメちゃんは波平さんの遺伝子を50%しか有していませんが、戻し交配により産まれてくる波平さんとワカメちゃんの子供は波平さんの遺伝子を75%有しています。さらに戻し交配を繰り返すことで(連続戻し交配)波平さん遺伝子をより強固なものにすることができます。

(ちなみにこれはあくまで理論上の話です)

ザリガニの表現も固定化が可能

ザリガニの表現もこのように戻し交配することでだいたい固定化が可能です。まだまだこのあたりまでザリガニでやってる方は少ないですがメダカだと松井ヒレ長楊貴妃などさかんに行われていて表現としてどんどん洗練されていってますね。

逆に言うとこのような固定化作業を行なわず、ワイルドザリガニを2回交配したくらいでは表現を固定化することは不可能です。しかし、もう2年経つんですね。F2で表現が青と黒に100%固定できたと大本営発表されていた某黒いザリガニがいますよね。実際あれは嘘だと後ほど判明しましたが。

黒化ザリガニについての黒い噂
前回の記事でザリガニの色についてまとめました。要点としてはザリガニの色は遺伝だけではなく他の外的要因によっても左右されるということを書きたかったわけですが、詳細

ちなみに当時当方はザリガニ飼育歴半年のど素人でしたが「絶対におかしい」と感じて書いたのが↑です。

スポンサーリンク

『戻し交配によりほんのり赤みがある白ザリの固定化に挑戦中』へのコメント

  1. 名前:垣屋源八朗 投稿日:2019/11/29(金) 20:01:00 ID:85d20307f 返信

    おい・ザリラムどんっ・・・!なんなんじゃよその戻し交配の鬼畜な例えはっ!(笑)

    おかげで最近ザリラムどんが時折出品しているゴキ、コンバンワクチベンキが気になって仕方ないじゃないか!

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2019/11/29(金) 23:21:59 ID:e2846c423 返信

      鬼畜過ぎましたね笑
      では邪魔になるくらいクチベンキを送りつけて嫌がらせしましょうか?笑

  2. 名前:垣屋源八朗 投稿日:2019/11/29(金) 23:36:33 ID:85d20307f 返信

    鬼畜交配ならワシも金魚やグッピーディスカスでもよくやりましたな、輸入した
    ドイツイエロータキシードやワットレイターコイズがすかたんすぎて(それは日本で殖えるのを遅らすためにわざとだけど)ワカメどころかサザエまで動員しフネとカツオやタラちゃんまで動員する鬼畜ぶりでしたわい、ただインブリードは種によるでしょうが3回以内に抑えるのが無難なのが多いですな、それ以上はダメだ、

    実は最近ゴキに興味が出始めてるんですね、家の周りにたまに出てくる大ゴキブリでも悪くはないんですが、そうなると使った事がないですがフィルムヒーターとかいるよなぁ・・・もう昔みたいに部屋全体温める経済力はない、灯油もかなり値上がりしちゃったし、フィルムヒーターで保温実験してうまく行ったら入札しよう、

    そうそうひとつ聞きたかったんですがザリは交尾して受精したらその精子って一回こっ切りですかね?ニホンイシガメみたいに雌の体内で保管とかできたかなぁって、

  3. 名前:ザリラムズ 投稿日:2019/11/30(土) 00:22:12 ID:4c5b5ca0f 返信

    一般的にはシュリンプと同様にザリガニも脱皮ごとに受精がリセットされると言われています。ただ疑問に感じるのは、受精後のメスの脱皮殻をじっくり観察したことがあるんですが精包らしきものは脱皮殻に確認できませんでした。したがって脱皮ごとリセット方式ではない可能性ももしかしたらあるのかなと少し考えてます。

    あと排卵孔が2個あり、ザリガニは精包を収納できる場所が2箇所あると言われています。つまり脱皮時にリセットせず別の場所に精包を収納して上書き的なことができる可能性もあったりするのかなとも考えたりしてます。

    そういえば脱皮後交配していないはずなのに抱卵するケースが現在進行形で発生してまして、卵が無事孵化するようですと脱皮ごとにリセットされるわけではないことの証明になるのかもしれません。

  4. 名前:ザリラムズ 投稿日:2019/11/30(土) 00:26:48 ID:4c5b5ca0f 返信

    オオゴキブリいいですね。一時期すごく欲しくて高尾山まで探しに行ったことがあります。結局見つかりませんでしたが。

    マダゴキをただのペットとして飼育するのであればパネルヒーターで一番寒い時でも10度ちょっとを下回らない程度に加温すれば問題なく維持できます。自分は屋内無加温でずっと飼ってます。

    ある程度殖やすことを考えるなら衣装ケース1個につき30wくらいのカバー付きのヒヨコ電球みたいなもので加温しないと冬場は殖えないです。

    実験用にハロウィンヒッシングローチお送りしましょうか?