ザリガニの繁殖行動~オスがメスを守ろうとする~

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

繁殖時、ザリガニのオスはメスを守ろうとする行動をとるようです。

もしかしたら既にこの事実に気づいている方もいるかもしれません。

詳細はツィートしてますのでまずはツィートをご覧ください↓

状況としては次のとおりです。

  1. ペアリング時にオスとメスを同じ水槽に投入
  2. 交接が確認できなかったのでそのままずっとペア飼育していた
  3. そのうち「ある事実」に気づいた
    1. メスが常時シェルターに入っている
    2. オスが水槽の全面に常時いる
  4. これはと思いメスを確認してみたところ抱卵していた
  5. この時点でオスを水槽から出しても良かったがそのまま継続
  6. その後卵が孵化して稚ザリが産まれた

自然環境下ではオスとメスはペア生活している?

興味深いレスをいただきました↓

さらにこんなことも↓

当方がザリガニ捕りをしたことがあるのは小学生の時で特に何も考えていなかったので全く気付きませんでしたが、ザリガニは自然環境でペアで生活してるものなんでしょうか?

おそらくケースバイケースではあると思いますが、確かにそのほうが種の保存という観点から合理的ですよね。他の多くの生物でもこういった行動は見られます。

アレニー多頭飼育水槽ではオスが警戒役をしていた

そういえば1年前にやってたアレニー多頭飼育水槽では60センチ水槽でアレニーオス2メス4くらいと和金5匹で多頭飼育していましたが、その水槽では一番大きなオスが常時流木の上に登って周囲を警戒していました。

ザリガニウム水槽から分かったこと。ザリガニよりフナや鯉のほうが生態系を破壊している | 自然保護とザリガニのブログ
ザリガニと金魚の多頭飼育水槽をリセットしましたのでそれに関する記事を書いてみます。 ザリガニ水槽の筈だったんですが今や完全に金魚水槽 pic.twitter.com/bDqV2yf09M — ザリラムズ (@bredinjptyo) 2019年2月27日 ちなみにもともとはザリガニ水槽です。そこに金魚(子赤)を投入した

以前の記事でも書いてます。残念ながら写真は削除してしまっていたのでお見せできないのが残念です。

生き物の家族愛

生き物の家族愛はとても強いです。特に哺乳類にその傾向が強い気がします。↓はアマゾンプライム会員だと無料で見られる動画です。よろしかったらどうぞ。

スポンサーリンク

『ザリガニの繁殖行動~オスがメスを守ろうとする~』へのコメント

  1. 名前:acro 投稿日:2020/04/17(金) 23:24:13 ID:5217bbc28 返信

    うちのスーパーレッドも交接が確認できなかったので そのまま一緒にしていますが、一緒にした初期から(当然抱卵していませんが)オスがメスを守る行動が見られます。
    オスは元々臆病で あまりシェルターから出て来ないような個体だったのですが、一緒にしてからはメスが入ったシェルターの前に居るときも多くなり、人が近付くと威嚇してくるようになりました。

    このスーパーレッドは昨年11月にザリラムズさんから購入させていただいた個体で、小さなころは2ひき一緒に飼っていましたが、2ひきが出会うと小さい方(オス)が逃げていたので途中から同じ水槽をセパレーターで分けて飼育していたのですが 成熟すると行動が変わって面白いですね。
    2ひきで同じシェルターに入っていたり、オスメスともに相手に踏まれても全く怒らなかたりでザリガニが見ていてこんなに微笑ましい生き物だったとは思いませんでした。

  2. 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/04/18(土) 10:01:30 ID:a2870fab1 返信

    おお!文章読んでるだけでもとても微笑ましいですね。

    ザリガニは生態に関する研究がほとんど進んでおらず皆さんかなり誤解してる方が多いと思いますが愛情深い生き物ですよね。

    昨晩ツィートしたんですが、子育て中のメスはあまり餌を食べなくなりますがペア飼育してると連動してオスもあまり餌を食べなくなるようです。警戒心が強くなるんでしょうかね。非常に面白いです。

  3. 名前:acro 投稿日:2020/04/19(日) 00:27:20 ID:c5ab624f1 返信

    ツイート拝見しました。
    そこでお聞きしたいのですが、うちの個体はオスもメスも1月頃からほとんど餌を食べなくなり、脱皮もしていないのですが これは子育て以前でもペア飼育を(実際はセパレーターで仕切られていましたが)していると子育てモードの様な状態になってエサを食べなくなったと考えられるのでしょか?

    それとも水温は17℃~21℃くらいだったのですが冬眠状態なのでしょうか?

    メスは夜間に動き回り上に登ろうとすることが多く、オスの方に行きたがっている様にも見えました。
    最近 メスにセメ腺が出ているのに気が付いたので一緒にしたところなのですが、前回のコメントのとおり初めから仲良くしているのです。

  4. 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/04/19(日) 00:50:16 ID:f4ae6092b 返信

    ザリガニは最終脱皮(当方がそう呼んでるだけ)をすると理由がない限り次の脱皮はしません。

    夜間にメスが上に登ろうとするのはオスを探しているものと思われます。未交配の成熟したメスはオスを探して移動しようとします。全く同じ現象を数えきれないくらい確認してまして当方の飼育環境下で一番多い脱走理由がそれです。ザリガニの脱走理由という記事でも一応取り上げています。

    なるほど、そこから同居飼育されてるんですね^^

    既に交接済のはずですのでそのうちタイミングが来たら抱卵して水質に問題がなければあとは全く問題なく孵化するはずです。落ち葉を入れておくとなお良いです。

    季節的にこれからは水温20度くらいになると思いますので水温の面でも全く問題ないです。

  5. 名前:acro 投稿日:2020/04/19(日) 23:46:07 ID:c5ab624f1 返信

    ご回答ありがとうございます。
    やはりメスの方がオスを探そうとするのですね。

    では、エサを食べない理由は未交配の時から子育て状態のつもりなのでしょうか?
    水温が低かったからなのでしょうか?

    環境に変化があったら食べるようになるかも?との思いもあり、同居させてみたのですが 変わらないですね。
    1月からほとんど食べていないので このまま子育てに入って体力が持つのか心配です。
    アナカリスやクヌギの落ち葉はアッと言う間に食べ尽くしていたのに 今ではアナカリスが生長しています・・・。

  6. 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/04/20(月) 11:04:20 ID:fcf7404f8 返信

    数か月餌を食べてなくても体力は問題なく持ちます。必要であれば抱卵後、餌を食べてエネルギーを補給します。

    抱卵中は餌を全く食べないとかそういうことはありませんので。

    しかし数か月間ほとんど餌を食べなくても問題ないというのは我々の感覚からするとすごいですね。ザリガニは消費エネルギーがかなり低いんでしょうかね。

  7. 名前:acro 投稿日:2020/04/21(火) 01:10:04 ID:ce6a0e032 返信

    色々と教えていただき ありがとうございます。

    数か月間もエサを食べなくて問題ないとは! 安心しました。

    友人が秋に都内の路上で保護したワイルドのザリガニも 始めはエサを食べていたものの、しばらくして全く食べなくなってしまったらしく、心配していましたので教えてあげようと思います。

    今後ともよろしくお願い致します。

    • 名前:ザリラムズ 投稿日:2020/04/25(土) 23:03:26 ID:8d5d68c61 返信

      秋に捕獲したということでしたら多分温度じゃないでしょうかね。

      それかもしかしたらアダルトのワイルドということですので環境の変化によるストレスもあるかもしれません。もしくは捕獲したのがメスでしたら抱卵前という可能性も。

      結構いろんな可能性が考えられるので面白いですね。有名なザリ釣りスポットに夜間行ったことがあるんですが池の周辺を普通にザリガニが歩いててびっくりしたことがありますが路上を歩いているというのはびっくりですね笑

      また何かございましたらコメントください~V.X.V