コバルトクラーキー×クリアザリガニのF2

現在エビガニに対して名誉棄損法的措置を検討しています。もしどなたかエビガニの住所氏名等をご存じの方は当方までご連絡ください。エビガニらによる誹謗中傷発言等を見かけた方もスクリーンショットを撮影してDM等にてご連絡ください。相応の御礼をさせていただきます。
無知なザリガニ飼育者エビガニ(イモガニ)がワラダンを密輸(植物防疫法違反)
植物防疫所に確認しないで未判定種を輸入したらそれはすべて密輸
自分が管理するちっちゃな水槽内の出来事が全てだと勘違いしちゃう痛い人

 

コバルトクラーキー×クリアザリガニのF2がアダルトサイズに育ちました。そして驚くことに真っ青に育つ個体がチラホラいます。

例えばこの個体↓

脱皮直後のため色が薄いですが見た感じブラックキング(黒ザリ)の青い個体のようですね。

青くならなかったものも一緒に撮影するとこんな感じ↓

青くならなかったものはF1に近いです。F1がだいたいこんな感じでした。おそらくヘテロ状態なんだと思われます。

しかしこの青個体ですが↓

コバルト要素が全くないのが謎ですしブラックキングの青個体に酷似してるのが気になります。

人工フルブラックザリガニ

ブラックザリガニはjinxさんが発見したWILDブルーの元親を交配したことで誕生した子孫にシザーと名付けられ、さらにブラックキングとして登場したものですが、つまりjinxさんがWILDブルーの元親を発見できていなければ、シザーもブラックキングもそれらの派生ザリガニも一切登場していなかったわけですが、今回の交配結果を見る限りもしかしたらコバルト×クリアの交配で累代することで人工的にフルブラックザリガニが作れたのかもしれませんね。

今回産まれた青個体同志を交配してF3で黒が産まれるならそうなりますね。

コバルトクラーキーの遺伝子異常

以前の記事でも書きましたが

コバルトクラーキーの色彩表現の仕組みを大公開
コバルトクラーキーについて記事を書いてほしいとの要望をいただきましたのでコバルトクラーキーのあの濃い青の発色の仕組みについて簡単にまとめてみます。 コ

コバルトクラーキーはクラスタシアニン(青)が過剰に生成される遺伝子異常であると思われますが、そのコバルトクラーキーにクリアザリガニを交配することで原理は不明ですがアスタキサンチン蛋白(青灰色)が過剰に生成される遺伝子異常が発生すると考えるとまぁあり得ない話ではないのかなと思います。

もし仮にそうであるとすれば、ブラックキング(黒ザリ)はアスタキサンチン蛋白の過剰生成ということになりますね。いろいろと辻褄が合うのでF3の交配結果がどうなるかかなり楽しみになってきました。

スポンサーリンク