ナイトメアではないものをナイトメアと偽って販売しているとデマを流されて非常に迷惑

※当ブログに書かれている情報は自由にご利用いただけます(商用利用を除く)。ただし「ザリガニパンチ」さんは当ブログの情報の無断盗用厳禁です。大変迷惑しております。あと「ネットストーカーラマシーザリガニ」さんはいい歳したおじいちゃんなんですからネットストーキングを辞めてください!(参考ページ

以前記事で書いたショップで購入したナイトメアというザリガニから産まれた稚ザリがだいぶ成長してきたため昨日ヤフオクに再出品いたしました。前回の記事のコメントで再出品したら教えてほしいと依頼がございましたので一応ご報告となります。

ナイトメアという濃いブルーのザリガニの稚ザリを@1000でヤフオク出品
1年くらい前にショップで購入した「ナイトメア」というザリガニの子供が取れましたのでヤフオク出品します。

前回出品時

前回出品時の母子の様子はこんな感じでした。

これを見て「コバルトクラーキーかな?」と感じた方がいるかもしれませんがこれはコバルトではないです。ある程度ザリガニについて詳しい方ならわかるはずです。

仲間内のデマを真に受けてるのかな?

しかし、勘違いするだけならまだしも、とある方にコバルトクラーキーだと勝手に決めつけられ親の画像を見せろだとかいろいろツィッター上で変な言いがかりをつけられて非常に迷惑しました。

ツィッターやってるザリガニを飼育してる若年層はおかしな方が多すぎませんか?

今回はこの方↓

せっかくなので比較してみますが、これが大昔に撮影した本当のコバルトキラーキーの稚ザリでして(このようにコバルトの稚ザリはこのサイズですと「茶系」なんですよ)↓

それに対して今回出品のショップでナイトメアという名前で売られてたものの子供↓

色が全く違いますよね。いったいこれのどこがコバルトなんでしょうかね??

このように、今回出品の稚ザリは色的にはコバルト要素は全くないと当方は感じていまして前回の記事でもちらっと書いてますがむしろ定番ブルーザリガニに近いと個人的には思ってます。

たいした根拠もないのに、仲間内の根拠のないデマや噂の類を真実だと思い込み、まるで鬼の首とったかのようにツィッターで騒いでデマ拡散するの、すごい迷惑だからやめてくれませんか?

しかも都合が悪くなったらツイ消しして知らんぷり。

コバルトキラーキーは以前の記事でも書きましたが「クラスタシアニン過剰生成」ですのでワイルドカラーの真っ赤なまっかちん赤発色するところが青発色するのがコバルトなんですよ。

コバルトクラーキーの色彩表現の仕組みを大公開
コバルトクラーキーについて記事を書いてほしいとの要望をいただきましたのでコバルトクラーキーのあの濃い青の発色の仕組み

こういうことを何年もかけてひとつひとつ地道に検証していろんな発見をして記事にまとめている当方に、仲間内で適当にワイワイやってるだけのキッズ軍団が敵うわけないじゃないですか。

こうちゃん

ちなみにこのこうちゃんって方、

イベントでザリガニ行商してる方のお手伝いみたいなことをしてる子分なんですが、お客さんにザリガニのプロ扱いされてるのかどうだか知らないですけどその程度のことで自分のことをザリガニのプロだとでも勘違いしちゃってるんじゃないでしょうかね?

プロぶりたいなら当方くらガチでやってはいかがでしょう?

今回出品

そして今回出品の写真がこちらです。

飼育環境等により色は変わるためなんとも言えないですが繰り返しになりますがコバルト要素はそんなに高くないと思ってます。

ちなみに他の写真はヤフオクで公開してますのでそちらでご覧ください。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k435633451

今回でなんかのコンボになるかも

おそらくショップで売られていたナイトメアはなんかの掛け合わせなんだと思いますがもしそうである場合、今回の稚ザリは累代数F2以降であるはずですので稚ザリの中から複数の表現がホモ接合したコンボ表現になる個体がでてくるかもしれません。

ヤフオク商材ナイトメアとは違う

今回出品する稚ザリですが、前回のヤフオク出品時でも前回書いた記事でもこれがヤフオク商材のナイトメアだとはひとことも書いてません。むしろ違いますよと書いてます。

それなのに、「ナイトメアではないものをナイトメアと偽って販売している」、「コバルトクラーキーをナイトメアだと偽って販売している」等の捏造に近い誹謗中傷をSNS上で行っているグループがいます。無知で野蛮な連中だと思いますが非常に迷惑です。

意見があるなら記事に直接コメントしてください。

今回、改めて注意書きを行いますがヤフオクのナイトメアという商材はワラダン密輸マンことCrayfish Breeder Jeoさんが作成・命名したものです。

黒ザリのゴースト表現は簡単に作成可能
最近、ナイトメアだかなんだかよく分からない名前の自称新品種が乱立してますね。今回はそれについての記事です。

したがって今回の出品とは無関係です。