ヤフオク出品されてるクリアザリガニのルーツ

この記事は2018年3月に公開したものですがいろんなゴタゴタはもう過去のことなので不要部分を削除して再公開しました。

ヤフオク出品されてるクリアザリガニのルーツ

ヤフオクで流通しているクリアザリガニの血統について興味がある方は多いと思いますのでまとめておきます。もし間違っている部分等ございましたらご指摘ください。

まず、もともとクリアザリガニの流通は高知の方TWIN DRIVEさん)と岡山の方(ヤフオクID:futagoza_asuka0503さん)がヤフオク出品したのがスタートだそうです。TWIN DRIVEさんはブログを見ていただくと分かるとおりかなりのマニアの方です。岡山の方はザリガニ関連の書籍(例えばこちら)に繁殖個体が使われているかなりのベテランさんです。

それぞれの方が2010年かそれより前からヤフオクでクリアザリガニを出品されているそうです。ただし数年前からこのお二人はクリアを出品されていません。高知の方TWIN DRIVEさん)については理由はよく分かりません。ブログの更新も停止してしまっているようです。岡山の方についてはご本人から直接お話しをお伺いしたところ「長く飼育していて血が濃くなりすぎてしまって抱卵数が少なくなったため」だそうです。それでアウトブリーディングのため当方から2016年12月にクリアザリガニを落札いただきました。

4/5追記:最初にヤフオク出品したのは上記高知の方TWIN DRIVEさん)のようですがそもそもその高知の方TWIN DRIVEさん)もショップで売られていたクリアザリガニを購入して繁殖させたものをヤフオク出品しただけのようですので流通のスタートとするのはやや語弊があるのかもしれませんね。ヤフオク上での流通のスタートというのがより正確かもしれません。また、上記お二人以外にもう二人くらいクリアを出品していた方がいたようです。

流通しているクリアの血統はみな同じ

ヤフオクで数年前からクリアザリガニをメインで出品されている方がいましてたぶんご存じの方は多いはずで福岡の方(ヤフオクID:gpbrr094さん)です。その福岡の方の個体は上記の岡山の方(ヤフオクID:futagoza_asuka0503さん)から購入しており当方はその福岡の方から購入してます。そして当方の個体の一部が岡山の方のアウトブリーディングとして導入されてます。図解にすると次のとおりです。要するに血統は全部同じです。

岡山の方福岡の方当方(→岡山の方

他にもヤフオクでクリアを出品されてる方はたくさんいますがほとんどの方が福岡の方当方から購入した個体を種親に用いているのではと思います。つまり他の方もおそらく同じ血統のはずです。

福岡の方の累代の特徴(純粋血統維持)

その福岡の方は上記のとおり最古参の岡山の方から購入した血統を累代されており、商品説明を読みますとオスメスともにクリアのみを使って購入時から累代しているようです。2018年3月時点の累代数はF2かF3のようですがもともと岡山の方が累代されていた個体を元親にしているため実際の累代数はもっと多いはずです。良い点としては両親ともにクリアであること。悪い点は近親交配の影響は少なからず受けているはずであること。さらに両親クリアと片親クリアで表現に違いがないと思われるため純粋クリアにこだわる必要性が低い点。これは次回の記事で書きます。

当方の累代の特徴(アウトブリーディングにより血統改善)

それに対して当方は近交劣勢を是正して血統を改善する目的から最初からアウトブリーディングを行っています。よく使用しているのは岡山県産WF1で↓の写真のように子供が巨爪になる血統です。

実際、当方がブリードしたクリアはメスでも↓のように爪がかなり大きく成長してますしボディもかなり大きいです。抱卵数も毎回多く繁殖失敗などは今のところほぼないです。したがって当方のアウトブリーディングして血統を改善するという試みは成功していると言ってよいのではないかと思います。

福岡の方のクリア、当方のクリアに優劣はない

福岡の方はもともとの血統を守って血統を維持されています。半面当方アウトブリーディングにより血統を改善し近交劣勢の是正に努めながら累代しています。どちらも一長一短ありますし個人の好みもありますし良い悪いはないです。

純粋血統だけで長期累代は不可能

ただし、もしかしたら福岡の方は純粋血統のクリアにこだわりがあるようですので当方のように積極的にアウトブリーディングするやり方をを邪道と考えているのかもしれません。しかし当方から言わせていただきますと最古参の岡山の方が累代に失敗して近親交配で血が濃くなりすぎてしまったので当方から血統を導入してアウトブリーディングされているように福岡の方も一切アウトブリーディングしないで純粋血統を維持することは不可能なのでいずれアウトブリーディングすることになるはずです。

複数ラインを作成してF1から新規に累代をスタート

当方は福岡の方から2016年9月か10月くらいにクリアザリガニを1ペア購入しましたがまず最初にアウトブリーディングを行って血統を改善し、新規にF1から累代をスタートさせてます。当時ザリガニ飼育歴だいたい3、4ヶ月でしたがすでにそこまで考えてザリガニのブリーディングを行っていました。

累代表記

ちなみにどうでもいいことですが福岡の方はご自身で繁殖させたクリアの子供第一世代をF1として累代表記をスタートさせているはずですがこれは厳密には間違いです。F1とは血統の第一世代を表すためです。正確には岡山の方の累代数を引き継いで累代数を表記するのが正しいです。詳細は下記の引用をご覧ください。

①FとはFilial generation(子世代)の略であり、同血統ライン交配(インラインブリード)の累代数を表現したもの
②インラインブリードを繰り返して、初めてF値は進行する。
③インラインブリードのFx表記は親の累代数の多い方を優先する。
④別血統ライン交配(アウトラインブリード)第一世代は、親の世代に関係なくF1と表記する。

続きます。

最近「WILDクリア」というワードをたまに目にしますが情報発信者が正確な情報を発信せず勝手にブランド化しているためいろいろと誤解してる方が多いと思います。この記事は2018年3月に書いたものですが結構いいことを書いてます。「WILDクリア」の件とは違う趣旨の記事ですが特に修正せずそのまま再公開します。 個人的に純血クリ...
スポンサーリンク

『ヤフオク出品されてるクリアザリガニのルーツ』へのコメント

  1. 名前:trex 投稿日:2018/03/11(日) 18:02:29 ID:847622b4b 返信

    クリアザリガニのルーツはほとんど知らない人が多いですね。
    古いブリーダーさんは、ほとんど知ってると思いますが…新しいザリガニ飼育者さんには難しいと…

    ・元はすべて フェイド
    ・クリアザリガニは、その中の表現である。
    ・愛知県産ワイルドが基準の体色。
    ・フェイドも各地特有の体色がある。

    特にワイルド個体で、いろいろなタイプのフェイドがいますので
    土地特有の水質・環境が影響されていると思います。

    ゴースト飼育の場合と同じで…

    ちなみに愛知県のポイントは、安山岩が多い地域です。
    ラマシーザリガニ水槽も安山岩をたくさん入れています。

    • 名前:bredinjptyo 投稿日:2018/03/11(日) 22:34:32 ID:d9ea0624e 返信

      trexさん

      クリアに関してはやはりそんな感じなんですね。ありがとうございます!

      安山岩ですか。色揚げ効果も期待できそうでかなり良さそうです。ザリガニ飼育で底砂選びは結構重要ですよね。スピクリの繁殖に成功したのは砂選びに成功していたためだと思ってます。

      麦飯石なども良いみたいですね。ただコスト的に・・・なのでうちは大磯メインです

  2. 名前:パープルマスク 投稿日:2018/03/11(日) 21:45:02 ID:506a86211 返信

    アウトブリーディングに用いた個体はオスのWDですね。
    オスを用いたのであればF1個体はどのくらいの割合でクリア個体が出てきたのか気になるところですね。

    WD個体を用いたということは何世代でだいたい固定できたのでしょうか?非常に興味深いです。

    ゴルキンなどはシザーから出てきたと言われていますが、F3ぐらいから固定できているのか???

    なんせ、アメリカザリガニの固定はどれくらいなのか。。。。疑問です。

    • 名前:bredinjptyo 投稿日:2018/03/11(日) 22:40:59 ID:d9ea0624e 返信

      パープルマスクさん

      クリア×ゴーストのF1はほぼ100%クリアになります。次回の記事に書く予定でしたが。

      当方が使用したWF1もゴースト(フェイド)なので同じ結果です。何世代目で固定もなにも1世代目から表現としてはクリアのみです。固定という言葉を使うのは適切ではないと

      • 名前:パープルマスク 投稿日:2018/03/12(月) 19:36:08 ID:be075054d 返信

        ということはクリア優勢、ゴースト劣性という解釈で良いのでしょうか?

        確かにそういう意味ではクリア×ゴーストに固定という言葉は不適切ですね。そういう意味でしょうか?

        アメリカザリガニの固定というのは極めて難しいというかそのようなことは無理ということですかね。

        ん~、難しい!

        • 名前:bredinjptyo 投稿日:2018/03/12(月) 19:54:30 ID:3cb978061 返信

          パープルマスクさん

          クリアはゴーストに対して優勢なんだと思います。品種を作成しているわけではなくアウトブリーディングしながら累代してるだけなので固定率を持ち出すのははちょっと違うという意味です

          累代と品種の固定は別個に考えたほうが良いと思います。アメリカザリガニの品種の固定が難しいのではなく、おそらくシザーのことを言ってると思いますが常識的に考えてどんな血が入ってるか分からないWILDを交配してF2で表現が黒か青に固定できるわけがないというだけです

          • 名前:パープルマスク 投稿日:2018/03/12(月) 21:06:00 ID:be075054d

            クリアの件はなるほどですね。

            アウトブリーディングの際には掛け合わせるものによっては望まない色などが出てくる可能性があるのでアウトブリーディングで元に戻すのが難しそうだなという意味です。

            シザーに関しては黒と青というか青~黒の間の個体が産まれる青でも濃い青、薄い青など色々混じっているという考え方なのかと思っていました。。。

  3. 名前:bredinjptyo 投稿日:2018/03/12(月) 21:56:23 ID:3cb978061 返信

    パープルマスクさん

    シザーの色の固定に関しては様々な捉え方ができるので表現として難しいですよね。薄い青や濃い青、黒っぽい個体が産まれるという意味での固定と最初から説明しておけば十分あり得る話でメイキングさんの件などの混乱もおきなかったはずです。

    しかし、シザー陣営がメイキングさんが出品していた薄い青の個体をヘテロやニセモノだと発言したことで矛盾が生じてます。

    ちなみにclawさん自身は黒と濃い青しか産まれない、F2でほぼ100%固定できていると発言されてます。嘘に嘘を塗り重ねてどんどん変な方向に進んでいってしまったんでしょうが大嘘ですね